レア系?イタリア車スペシャルショップ訪問!

S&Jr.ZAGATOさんの秘密基地と お宝ビアンキを拝見させてもらった後は
降りしきる雨の中 主治医のお店へと 連れて行っていただきました。
d0141173_8212099.jpg

コチラのお店は・・




色々な欧州ヒストリックカー 中でもイタリア車にめっぽう強い
マニアックでレアな車のオーナーには とっても心強い 頼りにされてるお店です。

常連のお客さんらに迷惑が掛かるといけませんので お店の名前は伏せておきますが
分かる人には分かると思います(笑)

d0141173_8213489.jpg

そのお店には S&Jr.ZAGATOさんが2年前手に入れられたという
アバルト・ビアルベーロが 預けられていたのでした!(ピンボケですいません)

この車を手に入れられたキッカケと言うのが また傑作というか私にも縁があったのです。
2年前に 氏が山陰を訪ねられた際 我々山陰イタリア車オーナー皆と飲んでいた時
ふとした話から いつか手に入れたい理想の車は? という話で盛り上がりました。

S&Jr.ZAGATOさんが アバルトのビアルベーロかな それもダックテールの跳ねたリア限定で!
と与太話で 皆が大いにそれぞれの夢物語で盛り上がったのでした。
そこへ持ってきて それなら丁度売り物があるよ!と白猫#35さんが悪魔の囁き。。。
それから トントン拍子で手に入れられた とのこと。
あの夜が無ければ。。。 と笑っておられました。

ヨーロッパで実際にガンガンに歴戦アタックが繰り返されたであろう この個体。
リアセクションを直そうとしたのが運のツキなのか 赤色ボディの下から元色イエローが顔を出し・・
色替えもするべきか 悩みがまたひとつ増えてしまったそうです(笑)

d0141173_821439.jpg

フロントフェイスも 数あるアバルトの中でも プレクシグラスのこのフェイスがお気に入りとか。
少ないアバルトの中で さらに前も後ろもベストな好みで巡り会えることは 本当に稀だそうで
あの悪魔の囁きが無ければ 一生巡り会うことも無かったかも?と思うと
背中を押してくれてありがとう!と まんざらでもないそうです。

しかし この流線型600kg前半のボディに アバルトチューンのエンジンとくれば
楽しさは言うまでもなく 折り紙つき!
眺めて良し 乗って良し であろうアバルト・ビアルベーロは
S&Jr.ZAGATOさんの 一生モノとなることは間違いないでしょう。
スペチアーレの中でも 飛び切りのスペチアーレを好みのスタイルで所有とは 羨ましい限りです。

d0141173_8215237.jpg

他にも おやじさんのマセラッティの3500GTI ツインプラグエンジンがOH中だったり
あっちでは ミウラのエンジンがOH中だったり 田舎者の私には 刺激が凄すぎます!
それだけ ここには情報と技術が揃っている証でもあるわけで イイモノ見させて頂きました。

そして お店の方々には 仕事中の貴重な時間を割いていただき
色々な 通常では聞けないようなお話を 面白可笑しく聞かせて頂きました。

中でも70~80年代の車は 未だヒストリックとしての価値が確立されておらず
部品供給も怪しくなってるとのこと。
トレヴィも ここ数年の部品が揃ううちに 各機関に手を入れておいた方が良さそうです。
ガスケットとかブッシュ、ベアリングといった小物で 共通部品でなく車種限定ものが
特に危なくなってるとか。

d0141173_822249.jpg

また 80年代前後のスーパーカー系15インチ幅広タイヤも 無くなりつつあるとのこと。
ミシュランに比して ピレリは メーカー規模が1桁小さいそうなので
クラシックミシュランは 数年単位でロットで再生産品が出てくるが
その点 ピレリは 壊滅的だそうです。金型を取っておく余裕も無いのが実状のようで。。。
13インチまでは まだまだ安心して良いそうです。

そんな話の弾みから トレヴィの部品があるよ!と
アバルト037ラリーの部品が数多くストックされてる中から
これだよ!と トレヴィにも使えるオイルフィルターを差し出されました。

純正品であるテクノカー製のフィルターは 今や大変貴重なものだそうで
アフターマーケットで出ている同等品を 探していただけることとなりました。
私も トレヴィを手に入れた1年半前以来 フィルターが見つからず交換してないので 助かります。
サンク・ターボやY10ターボとも共通なようなので そっちで探してみるのも手ですね。

1~2時間でしたが とっても濃密な時間を過ごさせていただき お店を後にしました。
こういったスペシャルショップがあって 歴史的名車達が イベントや日常で活躍できるのですね。
これからもご活躍を 遠く山陰の地から応援しております。
また トレヴィの部品の件でもお世話になろうとかと思いますので よろしくお願いいたします。
貴重な時間をとらせてしまい また興味深いお話の数々 本当にありがとうございました。  

by lancista | 2009-05-04 08:22 | Car life & event  

<< ランチア ムーザ!(助手席イン... アウトビアンキA112アバルト! >>