建築家永田昌民設計の家見学会レポート(リビング編)

前回 外観~玄関~ダイニングまでをお伝えしましたが
今回は ダイニングから少し離れて続く リビング編です!
d0141173_22402890.jpg

母屋との正対を避け あえて45度斜めに振られた窓や壁に沿って進むと・・





その先の丁度溜まりとなった部分に リビングが在ります。
d0141173_22403629.jpg

前回の 木曽三岳研究所で揃えたダイニング家具にも負けじと
壁を背に イタリアのアルフレックス社製のソファが鎮座し とっても落ち着ける雰囲気です!

ソファの横のドアは 母屋との橋渡しをするドアで 往来の繋がりも もともと家族のためですので
この位置がベストだったのだと思われます。

d0141173_22404884.jpg

そして ソファの対面には テレビボードを造り付けで設えてありました。
これで 雰囲気を壊さず 色々なものが収まることでしょう。
ちなみに テレビボードの裏は キッチンの裏の巨大な収納スペースとなっておりました。

d0141173_22405764.jpg

そして コチラがリビング側から見た ダイニングへと繋がる斜め45度の壁の見返しショット!
リビングとダイニングの 付かず離れずの程よい距離感が絶妙ですね。

我が家ヒダマリハウスの巨大なワンルーム形式も ありはありなのですが
このように 機能を分離し 場の意味を明確にしながらも 微妙に繋がってるのも魅力的ですね。
いやはや 建築は奥が深いです。

では 次回 二つの和室編へと続きます・・

by lancista | 2009-02-22 23:07 | Architect  

<< 建築家永田昌民設計の家見学会レ... 建築家永田昌民設計の家見学会レ... >>