10年振り!?

先週の日曜日 山口のお友達Oさんが わざわざ大山まで滑りに来られるとのことで
今回は 子供を置いて 自分だけ滑りに行って参りました!

朝8時に家を出て 大山へ向かう道路にて。
太陽の左側にうっすら山が見えるのが大山です。
d0141173_018845.jpg

道路の除雪も完璧で 家から30分で到着!

一番近い露天駐車場は 1000円と安いのですが 既に満車のため
隣の立体駐車場1500円に停めるも 日曜日だと言うのに 入り口近辺に駐車できました。
やっぱスキー&スノボ人口は減ってることを実感!
昔は どの駐車場もいっぱいで 2km下の槙原臨時駐車場に停めて
シャトルバスでピストン輸送だったというのに 隔世の感でした。ありがたいですけどね・・

d0141173_0182072.jpg
d0141173_0182865.jpg

で 向かう途中に見つけた 映画TAXI3ばりの 雪道用改造車たち!
駐車場近辺で珍しくて撮りましたが ゲレンデ周辺にはゴロゴロ居ました。
昔はそんなに無かったような・・

d0141173_0185556.jpg

で 山口から遠征の皆さんと落ち合って まずは中の原ゲレンデのてっぺんへ・・
スキーしてた14~15年前は 良く上がってましたが
ボードに転向してからは 大山スキー場は永らくボード禁止だったので 15年振りの景色です!
懐かし~い!

d0141173_019347.jpg

で いきなり足慣らしが 中の原のてっぺんから始まったと思ったら 即 国際スキー場です(汗)
ここは 一部中腹だけがボード解禁になった頃 スイスへのボードツアーの練習で来てました。

スイスはツェルマットの尾根裏 イタリアのチェルビニアの世界選手権滑降コース
滑走距離14km標高差2kmを ノンストップで降りるため
当時スポーツジムへ通い エアロバイク2時間ノンストップで漕げる太ももを作って挑んだ
のも懐かしい思い出です。

あれ以来 仕事も忙しく 結婚もあり 普通のゲレンデ滑るのもどーでも良くなったのも重なり
本格的に滑ってませんでしたが
今回 スキーでは腕が未熟で滑れず ボードでは滑走禁止で滑れなかった
大山スキー場の最高峰 チャンピオンコースへと 今回向かうことになりました。

で その前に記念撮影!

わざわざ山口から 2泊3日で遠征で
お越し下さった皆さんです。
ようこそ おいで下さいました。
d0141173_0192655.jpg
Oさんとは職場繋がりですが
プライベートで遊ぶのは
初めてじゃないかな。

趣味やスポーツといった遊びは
人の結びつきを強くしてくれますので
欠かせない部分ですね。

しかし ゲレンデの人の少ないこと!
広島とかのスキー場だと 混み混みだそうです。

d0141173_0204456.jpg

で 国際の途中からの画像ですが コブだらけのリーゼンコースに入ってしまい
ボードはコブが苦手なうえに 私の10年振りの本格滑りの足腰は悲鳴寸前で
やられっぱなしでした(笑)。
それでも 午前中で国際のチャンピオンコースを3本くらい滑ったでしょうか。
この日は気温も高く 雪が緩んで重たかったのもあり ちょっと疲れましたね。

しかし 皆Oさんに鍛えられているのか どんどん行きます。
私は久々だったので 追いかけるのが精一杯でした。

d0141173_057144.jpg

で 数年前にリニューアルしたロッジ大山で 昼食タイム。
店長おすすめの 「てりやきチキン丼」を食べましたが
カレーや牛丼にラーメンくらいしか無かった昔と違って お洒落なメニューが増えてました。

d0141173_0214482.jpg

店内も 昔のオンボロな山小屋風から 今風のガラス張りで明るい建物へ大変身。
隔世の感がありました。

ゆっくり休憩を取って 午後からの滑りに向かおうとしたところ
折からの強風で 国際と上の原ゲレンデのリフトが休止!
仕方なく 皆 中の原ゲレンデに向かいます。
身体が限界に近かった私は 半分ホッとしたのは内緒です(汗)

なので 当然混み混みとなり 往年のスキーブーム時代の混雑具合を彷彿とさせる混みよう!
軽めに3~4本滑って 午後3時となり 私はひと足先にゲレンデを後にしました。

山口チームは たぶんリフトが止まるまで滑ってたんだと思います。
最終日も リフト終了まで滑って 車で6時間かけ戻られるとか・・
もう到着されたんでしょうか。ホント その情熱には頭が下がりますね。

地元なので ありがたみが薄いのですが 私は4時には家に到着し風呂浴びてました(笑)
これからは 謙虚な気持ちで ありがたく滑ろうと心に誓うのでした。

でも 10年振りに本格的な滑りをする機会を与えてくれた Oさんはじめ山口の皆さん
ありがとうございました。
また 来られた際は 出来るだけ付き合いますので また誘って下さいませ。

身体は付いて行くのがやっとでしたが 久々に忘れてた爽快感を味わいました。
車よりバイク バイクより自転車 自転車よりボード といった様に 絶対スピードでなく
生の身体に近い方が より原点に近く 本能が呼び覚まされる気がします。
まぁ 車やバイクでは そこまで踏み込んでレースとかやってないせいもあるでしょうが・・

いつかまた 雪質の良いパウダースノーで 北海道とか海外で滑ってみたいですね。
そんな忘れかけてた部分を 思い起こさせてくれた週末でした。

by lancista | 2009-01-20 01:23 | Snow Board  

<< とんかつ茶漬け?!新宿「すずや」再訪 クルマナオキ設計凸凹ハウス見学... >>