Lancia Lunch 2008(ランチア テーマ 8.32編)

ランチア デドラに続くは 80年代ランチアのフラッグシップ ランチア テーマです。

中でも ミッドシップ・フェラーリの華308のエンジンを FFでフロントに搭載した 8.32
私の中でも憧れの存在であり続け トレヴィを手に入れた今も その思いは色あせません!

その証拠に プリズマを手に入れてすぐにしたことは 8.32純正そっくりのホイールである
現代版クロモドラの14インチ4穴星型を 95年に神戸のFⅡで手に入れ ずっと履いてました。
当時 阪神大震災の被害にあったFⅡのおっちゃん曰く マグネシウムのホイールが燃え溶けて
もう少ししか残っとらんわ。確か あと1セットはあったと思う とのことで最後の1セットでした。

d0141173_13521041.jpg

ランチでは エンジンルームを写しそびれてしまったので
手持ちの 当時のオートザムカタログから拝借しましたが 黒い結晶塗装のエンジンに
真っ赤に浮かび上がる LANCIA by Ferrari の文字! 痺れます。

このV8 32バルブ(なので8.32というネーミング!) DOHC 2926ccの排気量から
フェラーリ308GTBは  240ps/7000rpm 26.5kg-m/5000rpm を搾り出すのに
あえて テーマ8.32は 200ps/6750rpm 26.8kg-m/5000rpm へとディチューンし、
180度クランクから よりトルクや扱いやすさを重視した90度クランクへ変更され
「フェラーリをディチューンする贅沢」というCMキャッチコピーまであったほど・・
フェイズ1の初期型は より強力な215馬力で さらに過激で音も良いとの噂である。
  
ランチアランチ会場には 3台のフェイズ2(後期型)8.32が並んでおりました。
とくと その勇姿をご覧下さい。
d0141173_13502371.jpg

ガレージ伊太利屋モノは ガラスが透明かブロンズだそうで
d0141173_13503584.jpg

オートザムモノは ガラスがブルーだそうです。勉強になりました。

グリジオ・クォーツ・メタルのこの個体は あとで試乗させていただきました。
その模様は 年内にはお伝えしたいと思います(汗)

d0141173_13513219.jpg

ブルー・ブリザード・メタルは 私が最も好きな色ですね。
これで 初期型フェイズ1なら ビンゴ!なのですが 珍しくヤフオクで先日見かけました!
http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w31131977
誰か 引き継いでいただいて 5年後位に半値でお譲りいただけたら嬉しいです(笑)。

d0141173_13514427.jpg

内装の ポルトローナ・フラウ社製の 柔らかすぎず張りすぎずの絶妙な風合いのレザーで
包まれたレザーシートやステアリングにダッシュボードまで 総革張りなうえ
絶妙の抑えが効いた 美しくも嫌味でないウォールナット木目とのコンビネーション!

ランチアの マセラッティでもなく ベンツやBMWでもなく ジャガーやベントレーでもない
最上級の素材ながら そこはかとなく品が良い 孤高のポジショニングが 最も現れた内装に
自分が相応しいのか? と自問自答することしばし。。。 まだまだ至らぬようです。。。

d0141173_13522229.jpg

引き続き 当時のオートザムのカタログより 「2分であなたは幸せになれる。」のコピー!

シートに身を滑らせ、イグニッションキーを捻る。
オートエアコンのスイッチをON。静かにハミングするV8のアイドリング。
たったそれだけのいつもの儀式。しかし私の心は、深く満たされてくる。

この言葉に どれだけ身を焦がせ いつかオーナーになりエンジンキーを捻る日を夢見てたか!
15年前くらい せめて色だけでもと思い アウトビアンキY10の同じ色である
ロッソ・ウィナー・メタルの新車を 50万円引きでいいよ! と言われグラっと来たことが
懐かしく思い出されます。 この色も 大好きでした。

昨年2月に アルファ164Q4に乗ってから 色々な視野を持って車選びをしようと思い
8.32も ガレージは整ったので いつか叶えたいと思いつつも やはり踏み込めず
出会いもあり トレヴィVXとのほろ苦い蜜月を過ごしていますが 一度は所有してみたいものです。

d0141173_13525126.jpg

先ほども触れましたが ポルトローナ・フラウの革張りシート!のカタログ写真です。
深くて大きいヒダが 高級感を増幅させますね。

ついでに 8.32のカタログや雑誌の記事ネタでは 抜きん出ているブログ発見!
Lancia by Ferrari  ここで今回 だいぶ復習させてもらいました。感謝です。

d0141173_1353334.jpg

そして 忘れてはならない トランクからせり上がるリアウイング!

後ろから迫り来る品の無い輩に絡まれたら コレをポップアップして
フェラーリサウンドとともに 視界の彼方へ追いやる!
いつか してみたい! と思いながら 80年代末期のバブル前夜ならともかく
21世紀の今では 200PSのFFは それほどのスペックでは無くなりました。
現代なら 返り討ちに会うかもしれませんが 私は こういう遊び心大好きですね!

ランチアランチでは そういう積年の思いを 懐かしく思い出させてくれました。
試乗もさせていただいたので その話もまたそのうち・・

by lancista | 2008-11-29 19:48 | Car life & event  

<< 冬支度 Lancia Lunch 20... >>