Raduno Lancia 西日本(ストラトス 助手席インプレッション編)

う~ん。やっぱり かなり浮世ばなれしたストラトスの佇まい。
そこへ持ってきて 70年代WRCを席巻したアリタリアカラーを身にまとった姿は
マルティニ・カラーの037>S4>デルタ と続く80年代ワークスカラーと双璧をなす!

オーナーさん曰く 手に入れた10年前からアリタリアカラーだったらしいのだが
色々とやり直した部分もあり 年々完成度は高まっている! とのこと。
d0141173_2252377.jpg


それでは いよいよお待ちかね! のストラトス助手席体験と参りましょう。
以前書いたように 助手席はかなり窮屈!
分厚いドアを開けて 高めのサイドシルをまたぎ 頭を打たないよう屈み込んで
助手席へと滑り込んだ。ドアを閉めるとバチャンという いかにも軽そうな音を立てて閉まった。
やはり 何もかもが只者でない感じがヒシヒシとして伝わってくる。
d0141173_2253183.jpg


で 出発しようとオーナーがクラッチをつなぐと いかにも軽そうな足取りでヒョイと出てしまう。
900kg台と 一昔前の1.3Lか1.6Lクラスのすご~く車体の軽いとこへ持ってきて
ディーノ譲りの2.4Lエンジンは 高回転型とは言っても そこそこのトルクを発揮するから
本当に エンジンが勝ってる感じというか アクセルワークで向きを変えれるかも と思わせる。

さらに 昼食時にオーナーが喋っていた 手に入れた頃はセッティングが出てなくて
交差点で何回かスピンしましたよ! という会話が頭をよぎる。
それは 向きを変えるために 時速10kmほどでヘアピンを曲がったときに 何かを感じた。

さらに 公園内を加速!それぞれ4~5000回転位でシフトアップされたのだが
そこまでの加速も強烈!!加給機付きでないNAの そう素のスーパーセブンの加速に近い。
セブンが600kg前後に120~130馬力。ストラトスが900kg台に200馬力と
どちらもパワー・ウェイト・レシオが 4~5といったところ。
こう言っては何だが 2.4Lという排気量から想像してた車格ではなく
車輌重量から言って初期のユーノスとかに 1.5倍位のエンジンを載せた感じだろうか!

d0141173_22534518.jpg

ピロアッパーのサーキット仕様の足回りは 路面の凹凸を全て拾い 激しく車体を上下させる。
その際に どうしてもキックバックが激しいのか ハンドルを持つ手も動いてしまうのだが
指1~2本 こぶし1/3とかで タイヤ数本分 車は横っ飛びするのだ!
なんというクイックさよ!
これでも10年間セッティングを繰り返して だいぶ挙動をマイルドにしたと言ってたが・・
またしても オーナーさんが言ってた 「FRなら構えてなくてもカウンター間に合いますけど
コイツは構えてないと 滑り出したらカウンター当てる間もなくスピンモードですよ。ハハハ・・」
というのが まんざらリップサービスでもなく 本当のことだったのだと実感!

オーナーさんは あえて曲がりくねったクラブハウスまでの道を目指すが
ゆっくりでいいですよと心の中で願う。いや クチに出してお願いしたかも・・
本当に ケツを中心に廻ってるのが助手席でも伝わって来る。
ハンドル握ったら さぞ楽しく 世界が自分を中心に廻ってると感じるかも。
d0141173_22544100.jpg

またしても 開けた道で全開!
速度の上がり方は 加給機の恩恵がない分 シートバックに押し付けられるたぐいとは違うが
その代わりリニアに どこからでもグングン伸びる。
いい意味で裏切られた ここまでライトウェイトスポーツカーだったとは!!

d0141173_22543534.jpg

という訳で ストラトスは ポジションや乗り心地といい 本当にスパルタンの一言に尽きる!
イタリア車というより ロータスやジネッタといったイギリス系割り切りスポーツカー類の仲間
だと強く感じた。セブンしか乗ったことないけど・・
それとも 2Lのアバルト・スペチアーレ系とかが こんな感じなのかな。

何にせよ 私の車道楽人生でもかなりの衝撃体験でした。
次回は デルタS4の助手席インプレッションへと続きます。こうご期待・・

by lancista | 2008-05-27 23:54 | Car life & event  

<< Raduno Lancia 西... Raduno Lancia 西... >>