Raduno Lancia 西日本(ランチア デルタS4 エクステリア編)

ストラトスに続くは こちらも80年代WRC制覇を睨んで製作された限定車 デルタS4!

先のストラトスは グループ4で公認を得た74年・75年・76年と 3シーズンWRC制覇!
77年もその快進撃は止まらないかに思えたが 政治的判断で親会社のフィアットが押す
フィアット131アバルトへと 取って変わられ77年・78年は131アバルトが制覇する。
ストラトスは実力はあったのに 販売台数に貢献出来ないとされ 終止符を打たされたのだ。

そのフィアット131アバルトも FRでの後輪2輪駆動では 勝てない時代が来ていた。
80年からWRCで解禁された4輪駆動を武器に アウディがライバルとして立ちはだかる。

そこで82年から始まった グループB(たった200台の市販生産台数で良い)に照準を合わせ
ランチア&アバルトは ストラトスを正常進化させたコンベンショナルな2輪駆動
037ラリーを送り出す!
モンテカルロのコックピットに 前後鋼管スペースフレームを接続し
より完成度を増したミッドシップレイアウトと
取り付け位置の変更も可能な 自由度のある4輪Wウィッシュボーンサスペンションと
扱いやすさを兼ね備えたスーパーチャージャー付きコンパクト直4エンジンで
何とか83年のタイトルは奪うことが出来たが ライバルの4駆勢の台頭著しく
84年は アウディ・スポーツ・クワトロが 85年はプジョー205T16に奪い返される!

そのような中 ランチア&アバルトは ミッドシップ4輪駆動で 037譲りのサスペンションに
さらにエンジンをスーパーチャージャーとターボのW加給で どこからでも加速出来
かなりのパワーアップ(最終型は500ps?で サーキットならF1並とも)した
最終兵器 ランチア・デルタ・S4 を送り出すのであった!
d0141173_2212179.jpg

で今回のこの車は そのホロモゲーション(公認)の200台生産を果たすための市販モデル!
さらには 世界でも唯一という パールホワイトの外装色をまとった 大変貴重な1台である。

d0141173_22122515.jpg

ストラトスや037ラリー(ベータ・モンテカルロ)が市販者販売台数に貢献しなかった反省から
車名も 風貌も 79年にデビューしたデルタに似せてあるが 中身は全くの別物である。

d0141173_22125322.jpg

外観だけも 当時のノーマルデルタより 明らかに低く幅広であるが
中身は鋼管スペースフレームが張り巡らされ まさにダートのフォーミュラといった感じ。

その余りに行き過ぎた性能故に グループBモンスターマシンは 多くのクラッシュが続出!
最後は 86年に起きた ランチアの天才エースドライバー ヘンリ・トイボネンの死によって
翌87年からは 市販台数5000台以上と尖がった部分を押さえたグループAへとなり
デルタHF4WDから続く WRC6連覇へと続いていく。

d0141173_2213424.jpg

後姿は デルタと同じにしてあるテールランプだが それ以外でも只者でない感がありあり!
次回は そのあたりを探っていくこととしよう・・

by lancista | 2008-05-24 23:11 | Car life & event  

<< Raduno Lancia 西... Raduno Lancia 西... >>