ポンテペルレ2008 追っかけツーリング(大山蒜山編)

新庄村で ポンテペルレ ご一行様を ゆっくり堪能したあとは
折り返し地点の 我々のホームグラウンドである 大山鏡ヶ成まで先に行き
そこで 待つことにしよう! とのことで
また 農免道路をつなぎ にわかSSの始まり。

トレヴィは 2速のタイトヘアピンでない限り ワインディングでもなかなか走る!
下りは1200kgの車重と 80年代の甘いブレーキで おっかないが
登りになれば スーパーチャージャーであるボルメックスが唸りを上げ
外見とは裏腹に グングンと登って行く!

そうこうして着いた 大山 鏡ヶ成は 路肩は雪景色&霧がかかっていた!
d0141173_22261099.jpg

寒い中 待つこと20~30分くらいだったろうか?
どうしよう? と思案する中 オフィシャルカーのBMWが廻って来た。
余りの濃霧なので スカイライン途中で折り返させました とのこと。
さすが セレブなイベントである。オウンリスクの我々とは大違いだ・・ 
d0141173_2226307.jpg

急いで 蒜山高原センターまで戻るも
後半グループのトヨタ2000GTが出発するところだった。
残念ながら 8割がた出発した後だったみたい・・

そのように残念がる我々の傍に 昔懐かしい車が1台やって来た!
d0141173_222706.jpg

TOYOTA CELICA 1600GT
d0141173_22271895.jpg

しかも ターコイズブルーメタに GTストライプも健在である!
オーナーに話を聞くと 部分補修はあるが オリジナルペイントらしい。
d0141173_22274212.jpg

これだよ!この赤一色のワンテール!
近所のお兄ちゃんが乗ってた刷り込みもあるし
初期型フェチの私には これが堪らないのです(笑)。

スペシャルな車ばかり1日見てた私たちには 原点のようなこういった車が
とっても懐かしく 子供の頃を思い出させてくれ ホッとしたのでした・・

このあと 皆とSS第二ステージを攻めて 私だけ向かった先は 隣町の
いつもお世話になっている WさんことプロモデラーStudio Rossoさんの工房!
なぜなら其処には 正月から製作されてた LANCIA DELTA EVOⅠの
1992年モンテカルロラリーのモデルが完成をみたので 見学させてくれるのです!
では 詳細は次回・・

by lancista | 2008-04-27 22:52 | Car life & event  

<< プロモデラー Studio R... ポンテペルレ2008 追っかけ... >>