雛飾りと収納の工夫

妻が子供時代に買ってもらった雛飾りを この家では飾りたいと当初より計画していた。
結婚してからのコーポ住まいの7年間は 飾れなかったので その思いもあるだろう。
幸いにも女の子が生まれたので ピアノと雛飾りは 妻の実家から持ってくるのが
必須項目となったのだ。
毎年3月3日に間に合うよう飾り始め 旧暦である4月上旬にしまう習慣だ。
d0141173_11352791.jpg

冬の間は 暖房面積を減らすため あまり使われていないリビング続きの和室へお目見え!
d0141173_11355345.jpg

昔のものは 本当に丁寧で良く出来ている。職人さんの魂を感じると言ったら言い過ぎか・・
妻は 人形の顔の表情が優しくて この人形作家のものが気に入っているらしい。

私の実の母の母である おばあちゃん家には さらに精巧で気合の入った
大正時代の 人形の大きさ小さいがとても精巧な12段くらいの雛飾りがあり
小学校低学年までは 牛車の車輪が廻ったり 引き出しや扉を開けては遊んでたっけ・・

しかし 小学校高学年の頃には 地元「山陰放送」が取材に来られ夕方の二ユースで流れ
その大正時代の雛飾りが たいへん貴重で由緒あるものだと知り
小さな部品がもげたりしても 怒られるのが嫌で 内緒でボンドで留めてたりしたことを反省・・
d0141173_11361330.jpg

そのような大切なものであっても 押入れの奥や納戸から出すのは大変面倒である。
しかも 保存環境が良くなければ 虫に食われたりカビが生えたりするので 結構やっかい・・
d0141173_11363486.jpg

そこで 我が家では デッドスペースとなる階段下を全て収納スペースとしてもらった!
半間の奥行きとなる90cmは 深すぎて使いにくいのだが 駒を付けて丸ごと引き出して活用!
めったに出番の無い クリスマスや雛飾り五月人形の季節ものや ミシン類はここに収納。
OMソーラーの暖房範囲内なので 年中適温(15~30℃)だし 年中少し乾燥気味(笑)で
湿気の心配がないので カビとかの心配も皆無なのも嬉しいオマケ!

私としては ガレージ屋根にもOMソーラーを搭載して 愛車もそのような環境に置きたい位!
という訳で 収納にクチウルサク言った妻も満足な 建築家のアイデアに感謝です。

by lancista | 2008-03-16 12:05 | Everyday Life  

<< 初スライドショー作成 小春日和はOMソーラー日和 >>