長男スノボデビュー!

d0141173_16253836.jpg
もともと 私のブログ内の
「Snow Board」 というカテゴリーは
私が 10年位前にハマってた
スノーボードでの
過去の栄光?というか
昔の自慢話を載せるつもりだった。

というか 今でもそのつもりだが・・

30歳の手習いで スキーからボードに鞍替えし
ボードは スキーと違って
足がキレイに揃わないとか
ストックとか手の動きまで
最初の頃は考えないで良いので
単純に 滑る楽しみを感じ(思い起こ)させてくれる
スポーツとして 一気にのめり込んだ!
d0141173_16255682.jpg
ジモティの強みを生かして
近場のスキー場へと
1シーズン30回! とかを3年続けて
3年目には北海道の函館七飯スキー場に行った。

その時の師匠O氏は 車でも大先輩だが
スキーのインストラクターも長年やってた方だ。
その人の持論はこうだ!
せっかくここまで来たのに
滑る途中で休憩を入れたら 大山と変わらん。
「ゲレンデの上から下までノンストップで滑らんと
そのゲレンデを滑ったことにはならん!!」 と・・

北海道のゲレンデ標高差800m 最長距離4kmというスケールの大きさに
中国山地の標高差300m 滑走距離1km程度の 大山周辺で慣らした足は持たず
細かいターンを入れすぎる滑りも ゆ~るい大きなカービングへと 変更を余儀なくされ
未知の 涙がチョチョ切れるハイスピード領域へと突っ込んで行った!
その北海道で 1日20本(滑走距離80km)!という
合宿並みの滑りを 3日続けたのを見込んで 我々の師匠O氏は 「来年は海外な!」 と
次の目標を設定するのであった。

翌年の4年目は スイスはマッターホルンを望む ツェルマットまで乗り込み
富士山より高い 標高3800mのイタリア国境の尾根までロープウェーで上がり
標高1800mのチェルビニアの村まで降りる イタリア国際選手権滑降コースである
標高差2km 最長滑走距離14kmというのを滑るのだ!

ここをノンストップで30分掛けて駆け降りたとき 私のスノーボード暦は達成感で満たされた・・
帰りの飛行機が落ちても 我が人生に悔いなし! と本当に思えるくらいだった(笑)のである。

なんたって 山陰の方なら想像がつくと思うが
大山山頂から寿城まで降りる!位の感じである。
スポーツジムで 自転車2時間とかノンストップで漕げる足を作って やっとであった・・
そのせいで その後 自転車にものめり込むのだが・・
d0141173_16262566.jpg
その冬が終わった春 職場が異動したこともあり
冬はとても忙しく スノボどころじゃ無かった。

スピードやスリルへの欲求は
デルタHF4WDで飛ばすことで 何とかなった。
そういえば スノボにハマってた頃は
プリズマだけだったから
何か足りなかったんだと思う。
余分なお金が出て行かなかったのも大きい(笑)。
どっかで 突き抜けたことが無いと
やってられない体質かも・・

また 結婚して子供も出来て
ますます行けなくなった。

それでも 当時4歳の長男とは 一昨年は
2~3回はソリを楽しんだ。
ゲレンデの端の方で 滑走距離300mとかのソリも面白かった。

昨年は家が新築となり 週末はお客さんラッシュで 冬山に行くのも忘れていた(汗)。

しかし 今年は違う!
友人の子供らと 先々週の3連休の最終日に 大山桝水原へ連れてった。
そこで長男は スノボデビュー!
子供はバランス感覚に優れているのか なんとなく滑れてる。
6歳目前だから 足腰もしっかりしてきてるのかも知れない。

というわけで 先週の日曜日も 1・2枚目の画像のような大雪の中 家族全員で奥大山へ・・
d0141173_16264521.jpg

いちおう 基本姿勢で固めておいて 下向きで発射!
過去の経験では 斜滑降から教えると変な癖が付くので これで良いのだ!
d0141173_1627190.jpg
d0141173_1627178.jpg
この2回目の奥大山は 吹雪だったが
帰りたいとかも言わず 何とかメゲズに
頑張った!
少し後傾気味だが バランスも取れている。

4歳の妹も ソリで乗り乗り!
長男と違って 今年が雪山初シーズンなので
楽しくて仕方ないみたいだ。

今週末は 明日が仕事なのと
長男が風邪気味で中止なのが残念だ。

今シーズン もう1~2回は行きたいな・・

実は この奥大山の帰り 朝から夕方の間に30cmも雪が積もり
駐車場でプリウスがスタックして スキー場関係者に助けてもらったのは 内緒である・・

by lancista | 2008-02-23 17:43 | Snow Board  

<< ランチアデルタHF4WD再生計... 東京出張の折には とんかつ茶づ... >>