東日本大地震で私達ができること

このたびの東日本大震災で 被災された皆様には お見舞いとお悔やみを申し上げます。
しかし 映画で見る衝撃以上の出来事が TV画面を通して伝えられるたびに
何と言って良いのやら 言葉が見つからないのが 正直なところです。

私たちの住んでいる米子でも 2000年に鳥取県西部地震がありましたが
その時は 田舎の過疎地域ゆえか 奇跡的に 一人の犠牲者も出さず済みました。
しかし その際受けた衝撃と恐怖は 私たちの記憶の深いところに刻み込まれています。

そのような土地柄だからか 生活支援物資をボランティアで集めて送ろう!
とのことで 我が家でも 使っていない毛布等を集め 持って行って来ました。
d0141173_14434052.jpg

ただ あまりの集まりの凄さに 本日は12時で打ち切り!とのこと。
明日以降も行われるかは 未定となりました。
追記 : 14日(月)&15日(火)は中止となりました。
一応 以下に 詳細を記しておきます。

《 救援物資集積所 》
米子市漁協倉庫
(米子市灘町1丁目)

《 救援物資例 》
●パン、缶詰めなど長持ちするものや味噌汁、カップラーメンなどお湯で食べられるもの
●紙コップ、箸、やかん、鍋、カセットコンロ、カセットボンベなど炊き出しで使える物
●毛布、上着、カイロ、マスク、大人用、子供用オムツなど
●懐中電灯、電池、ブルーシートなど
●その他必要だなと思うもの
※毛布や上着、やかんや鍋等は中古品で大丈夫です

《 日時 》
13日〜15日 毎日10時〜15時

《 質問等 》
連絡先:09011883298 米子市民救援隊 田守さん



d0141173_1444216.jpg

使っていない毛布やら フリースやら を積み込み

d0141173_14441158.jpg

会場に着くと 私も含め
車が停めれないため 近くの米子港駐車場から歩いて来る人たち・・

d0141173_14441815.jpg

漁市場が 皆さんの善意で いっぱいです。

d0141173_14442549.jpg

別アングルより・・

実際に この救援物資が どれほど役に立つのか
そんなことよりは 募金だ!との思いも 正直あります。

今回 全く被害が無かった山陰地方ですが
いたたまれない気持ちを持ってた我々も これで少しは 気持ちが軽くなることでしょう。

引き続き 何か役立てることが無いか 考えて行きたいと思います。
とりあえず ガイナックス主催のヤシマ作戦には 協力していきます!

by lancista | 2011-03-13 15:32 | Everyday Life  

<< ユーロカーミート・イベントパン... 応援 Cent'ann... >>