DORRYS 革工房!

先日の日記でお伝えした SIGMA DP1 Leather Case を作成して下さった
DORRYSレザー工房 (じげ風呂では「DORRYS革工房日記」)での作成過程について
レポートしておきます。
d0141173_23434610.jpg

工房を 昨年夏に米子市内へと移され
私が幹事役を勤めている ユーロ・クラシックカー・ミーティング in 米子の舞台
米子自動車学校近くのラーメン日の丸の通りの とんかつの店さんの並び
と言えば 分かる人は分かるでしょうか(汗)

中へ入ると・・



d0141173_23441748.jpg

作品の品々が並べられたカウンターがあり その先で作業する人こそ

d0141173_23442267.jpg

革を愛する職人 DORRY(ドリー)さん!

d0141173_23443480.jpg

こちらの陳列棚には ベルトや財布といった定番ものの商品が並べられ
その奥には 革を縫うミシンやら数々の道具がひしめく 別の作業台が。

d0141173_23451665.jpg
d0141173_23452255.jpg

夏の終わりに依頼して 1ヶ月ほど経った秋のはじめ デザイン案が出来上がったからと
お邪魔した際の デザインスケッチとカメラ本体との比較!

こちらの嗜好や要望を 的確に捉え デザインに反映させるそのセンスは
バッグやベルトでも然りで ワンオフ物なら 型紙も捨ててしまうという清さ!

何でも 型紙を残しておくと 既成概念や前の作品に囚われてしまうそうで
頭を白紙にするため そこは男らしく キッパリと捨て去るのだそうです。漢ですな。

私は いつか手に入れるはずの DP2のために型紙は残しておいてもらいました(笑)

d0141173_2346261.jpg
d0141173_23461170.jpg

最近入荷したばかり という大きな一枚革の数々を見せていただきましたが 思った色は無く

d0141173_23462562.jpg

厚めのしっかりした丈夫な革でオイルは少なめの
イタリア産ブッテーロの革見本の数々と比較!

d0141173_23463099.jpg

それより薄くオイルたっぷりでしなやかな革 イタリア産ミネルバボックスの革見本の数々!

最終的には このミネルバのボーネ(ナチュラル)の革を使用することに決定!
ボーネには イタリア語で美しいといった意味もあるそうです。

イタリア産タンニンなめし革にも 数多くの種類がありますが
ミネルバボックスは オイルが多く含まれているので 小さな傷ならこすれば消えるのも
ありがたい特性です。

d0141173_23463710.jpg

これまでに作った財布とかを比較に出してもらい 経年変化の色具合の説明を受け
DP1の黒との相性をチェックします。

d0141173_23464354.jpg

ミネルバのボーネ(ナチュラル)の色見本が無いので ブッテーロのイエローをこすって
色の経年変化を デモしてもらいました(汗)。

薄い色なので 割とすぐに変化するようです。それも楽しみですね。

d0141173_23465926.jpg

その数週間後に寄った際には 原寸大の型紙が出来ており それと記念撮影!

d0141173_2347564.jpg

このように 数ヶ月にわたる?製作過程も 存分に楽しみながら
カメラのレザーケース完成となったのでした!

ケースだけなら1万円半ばで済んだのですが ストラップに凝ったこともあり
最終的には 2万円半ばの金額となりましたが 出来栄えには大変満足しております。

既製品でなく 自分だけのお気に入りを作ってもらうのも たまには良い贅沢だと思いますよ。

DORRYSレザー工房
住所 : 鳥取県米子市旗ヶ崎2-10-21
TEL : 090-7895-5888
営業時間 : 11:00~19:00
定休日 : 毎週木曜日

by lancista | 2011-02-05 11:58 | CraftsMan-Ship  

<< 娘もスノーボード・デビュー! 休日はわさボーノ!とソーシャル... >>