米子市公会堂 最近の動向と公会堂写真展!

ここ最近の 『米子市公会堂』 事情をまとめてみました!

まずは 平成22年10月22日付の日本海新聞!
d0141173_1925457.jpg

存続の行方 揺れる米子市公会堂(上) 編!

「文化財だけではなく、文化の側面からも見詰め直そう。」
「文化が衰退しないか、分析しなければならない。」
やっとこさ そういった機運が高まって来ました。

そして・・



引き続き 平成22年10月23日付の日本海新聞!
d0141173_1534236.jpg

存続の行方 揺れる米子市公会堂(下)編!

「高校生の笑い声が聞こえなくなった。」
「子供たちが一生懸命になれる場所を失ってはならない。」

やはり 将来を担う若い世代が 文化を育む上で大切な場所である
米子市公会堂を失っては 将来に渡ってシコリを残すと思います。

大中小4つものホールが必要なのか?との議論はありますが
演劇や音楽の専用ホールであるという音響の良さや
中規模ホールならではの 使い易さもあると思います。

市民会議ブログでも 「米子市公会堂の利用率」としてまとめられましたので
ご確認下さい。市長が言う利用率39%は間違いで、61.2%が本来の数字です。
これまでも 土日はほぼ満杯だったのに 公会堂の使用中止で
文化ホールも満杯で 中止に追い込まれるイベントも後を絶たないようです。

ビッグシップが 移動席であるがために 生音が椅子の下の空間に抜けてしまうため
吹奏楽や演劇といった生音では 事実上 米子市最大の音楽ホールである
米子市公会堂が 使う側としても聴く側としても 最善なのです。
時代に合う要素も取り入れながら改修して 生き永らえるのが 最もコスト安だと思います。

d0141173_19255852.jpg

d0141173_1541955.jpg

やっとのことで 市民の声を聞こうじゃないか との結論に至ったようで
市民3,000人を抽出して 市民アンケートが実施されるようです。
既に 27日には発送され 来月5日必着で 集計されるようです。

アンケートの内容を しっかりと見た訳ではありませんが
公平・中立に立った アンケート内容であることを願うばかりです。

しかし 11月5日必着で回答とは 11月7日に開催される
米子市公会堂の存続と早期改修を求める市民会議 による
大好き 公会堂・アピール集会!での盛り上がりを警戒したのでしょうか?
ちょっと勘繰りたくなりますね。
私は ランチアランチ遠征で不在ですが 盛会をお祈りしております。

d0141173_154210.jpg

そのような中 先週末の23日(土)と24日(日)に 米子市文化ホールで
とりアートフェスティバルが開催され 米子市公会堂写真展も開催されてました。

d0141173_038125.jpg
d0141173_03896.jpg
d0141173_0381711.jpg

2階の奥の部屋という 不利な場所ながら 来場者もちらほらと・・

d0141173_0382432.jpg

当時の落成式では 米子市の経済や文化の中心人物が 誇らしげに写ってます。
工事も どことなく誇らしげで活気に満ちてるように思えるのは 気のせいでしょうか。。。

d0141173_03831100.jpg

航空写真では 1958年の完成当時の様子がハッキリと 写ってました。
最近では閉ざされていた 3階の屋外テラスに人影があったり
国道9号線も まだ砂利道で 交差点も信号機などは無く ゆったりとした雰囲気です。

この写真展に来ていた ご老人の話だと 横に長い箱型の会議室や事務室は
もともと 3階建てで計画されてたそうです。予算が無く そこまでは無理だったそう。

3階に美術館を増築できるように 基礎は3階に耐えうるだけの丈夫なものにしてあったと
当時の工事を請け負った 鴻池組の方が仰ってたそうです。

初めて知りましたが 色々と拡張性を秘めた 建物だったようです。
さすが 村野藤吾さんですね。

d0141173_0383912.jpg

1980年に改装する前の まだプレーンな内装だった時代のショット!
縦に長いのが 米子市公会堂の特徴でもあります。

d0141173_0384621.jpg

誇らしげな35mm映写機の設備!

d0141173_0385430.jpg

米子高専の藤木先生が描かれたイラストを題材に 塗り絵コーナーも設けてあり
一緒に行った娘は 好きな色で ぬりえを楽しんでました。

この子らが 大きくなった時に 米子市公会堂が残ってることを祈るばかりです。

by lancista | 2010-10-29 01:04 | YONAGO Public Hall  

<< 製本ワークショップ「和を綴じる... Ciao Italia 201... >>