クルマナオキ設計ナカニワニワハウス見学会(前ニワ編)

3連休の中日 同級生建築家クルマナオキ君最新作!
ナカニワニワハウスのオープンハウス(見学会)へと 行って参りました!!

その詳細をお伝えする前に マイブログで クルマナオキ君の今までの作品を
より見やすく&探しやすくするために Kuruma-Architect というカテゴリーを
独立させましたので 興味を持たれた方は ぜひ覗いて見て下さい。
d0141173_022728.jpg

北欧風の白のイメージが強い クルマナオキ君の作品にしては珍しく
今回は黒を基調としており 植栽も見事なアプローチを抜けると・・



d0141173_025427.jpg

そこには 芝生の前ニワ(庭)が広がっておりました!

玄関に施した 黒く塗らずに 木目の板張りとした外壁は
芝生とも黒い外壁とも コントラストが美しく ここが玄関ですよ!と無言で教えてくれます。

d0141173_033126.jpg

d0141173_041312.jpg

d0141173_044293.jpg
d0141173_04505.jpg

値段にビックリしたと言う(笑) 株立ちの立ち姿も美しいモミジが
アプローチからの目隠しという機能と 屋内からの視線を一手に引き受ける
アイキャッチとして 絶妙の位置で植わっていたのが印象的でした!

コンクリートを踏み石に見立て 間に大き目の砂利を敷き詰めたアプローチも
今までのクルマナオキ作品では無い 珍しい手法ですが 美しいですね。
 
d0141173_051713.jpg

我が家ヒダマリハウスと同じく? いやコチラが基本設計は先だったので 先輩ですが
ガレージが目隠しをし 母屋との間に空間を設ける手法は 道路からセットバックすることで
母屋のボリュームを道路側へ与えず 通行人や車へ圧迫感の少ない 良い形だと思います。

しかしながら 道路から丸見えとなる恐れもある訳で
我が家ヒダマリハウスでは 電動シャッターを 通常は閉じてますが
ここナカニワニワハウスでは 前面がオープンなガレージのため
ガレージ後ろ側(母屋に面した前庭側)に 開口部全面に棚を設け 視線を遮っています。

d0141173_053326.jpg
d0141173_053920.jpg

半透明の幕のような 透けるようで透けない 気配は感じるけれども 良く見ないと分からない
絶妙のスクリーンとして この棚が活躍するのでしょう。

我が家ヒダマリハウスは 前面道路が交通量が多いので 完全に閉じましたが
住宅地のここでは この地域の住人しか通らないので 透け具合が絶妙で
知人の散歩してる人が ちょっと寄ってみようか!という気にもなる 素敵な距離感でした。 

d0141173_06161.jpg

セランガンバツの木目も美しい 外壁の玄関周り!

d0141173_062263.jpg

その突き当たりの壁は 外壁と同じく黒く塗られ またその壁内部には 外納戸がビルトイン!

ここには ガーデニングの道具や肥料や消毒の類など
家の中に持ち込みたくない 色々なモノを仕舞っておけますね。
また 作業する上で 歩いてスグの絶妙の場所にあるのもポイント高いです。

d0141173_064129.jpg

玄関上部は クルマ君お得意の 壁の一部をガラスにした収まり!

家の中の気配を外に伝え また逆の効果もあり 外と中を緩やかに繋ぐ仕掛けです。 

d0141173_074149.jpg

また 大工さんが苦労したと言う 現しとした天井や垂木も 手仕事の美しさと
平板な壁や収納と コントラストを成し 玄関や土間を上質な空間へと昇華させています。
上手に隠された照明も そのことを引き立てていますね。

d0141173_075449.jpg
d0141173_081440.jpg

そして およそ12畳!と 大きく取った玄関土間の大谷石を敷き詰めた部分に
(窓を閉めると9畳位?) 鎮座するのは
海外暮らしの長かった施主家族の要望で据え付けた 薪ストーブ!

赴任先の北米では 冬の寒さが厳しく ストーブや暖炉なしの生活は考えられないとかで
その揺れる炎を見つめる生活が 日本に帰ってからもしたい!と導入されました。

大理石を敷き詰め 芝生の前ニワ(庭)との段差も 極力少なくし 一体感を持たせた
外のような 中のような 半屋外空間!

外と中の境界を曖昧にすることで 家の中に居ながらアウトドア!
反対に 芝生の庭で遊んでいても 家の中に居るような包まれ感&安心感です。

それを温熱環境からもサポートしてくれる 大きな開口部を補って余りある
そのストーブの熱量は この家での暮らしを よりいっそう豊かにしてくれることでしょう!

我が家ヒダマリハウスでは OMソーラーを導入したのと 子供が小さかったので
諦めたストーブですが やはり魅力的ですね。いつか 欲しいものです(笑)

d0141173_08203.jpg

この大きな玄関土間から眺める リビングダイニングキッチンも
向こうに見える奥ニワ(庭)が 陽射しを取り込み また視線を広げてくれ
素敵な空間を成していました。 

d0141173_084698.jpg

そのリビングダイニングから眺めた 玄関土間と前ニワ(庭)の芝生が
とっても居心地が良さそうです。ベンチに座った施主夫婦も 満足そうでした。

我が家ヒダマリハウスでは ウッドデッキをメインにしましたが
芝生をメインとするのも 目に緑が映えて素敵ですね。

では次回 家の中心となる リビング・ダイニング・キッチン編をお送りします。つづく・・

p.s オープンハウス(見学会)は 10月11日(祝)もやってますので ぜひお越し下さい。

by lancista | 2010-10-11 01:41 | Kuruma-Architect  

<< とっとりバーガーフェスタVol... ロシア練習帆船「ナデジュダ号」... >>