トレヴィ整備(ヘッドライト・レストア)

前回 排気系やら水周り系の 初期化というか信頼性向上のアップデートを報告しましたが
今回は ひょんなことから行うこととなった ヘッドライト・レストア編です! 
d0141173_22272374.jpg

と言うのも ランチア・ランチ遠征やら 夜間の高速道路を延々走る!
といったシチュエーションで 旧車が古いなぁ とネガに感じる部分が ヘッドライトの暗さ。。。

そういった部分を コツコツとアップデートして
現代車に劣らぬように 乗り換えても違和感が少ないように としていくのも
(足車としてはなおさら)旧車と長く付き合う上では 大切なこと だったりするのです。

そこで・・



d0141173_2232019.jpg

幸いにも 中古で手に入ったトレヴィのヘッドライトを レストアしてもらいました!

上の車に取り付けてあるのが 今回レストア済みとなった綺麗なもの。
下の取り外してあるのが 今まで付いていたものです。

d0141173_223322.jpg

このペアが 今まで付いていたヘッドライト。

d0141173_22331014.jpg

d0141173_2234183.jpg

車体右側(画面では左)に付いていたのが レンズカットの細かい前期型!
メーカーは キャレロ製。他のメーカー製があったのかは不明です。

80~82年までのトレヴィ前期型は トランクリッド上にステンレスモールがあり
Cピラーの空気抜きスリットが横桟で 少しクラシック風なのです。
レンズカットも それに似合ったクラシカル・テイスト!

d0141173_2233168.jpg

d0141173_22343774.jpg

車体左側(画面では右)に付いていたのが レンズカットが現代風に大雑把な後期型!
メーカーは シエム製。同じく 他のメーカー製があったのかは不明です。

以下 整備工場イモッツェさんが 作業経過を撮ってくれてましたので お伝えします。
d0141173_22345499.jpg

d0141173_2235091.jpg

まず ガラスレンズと反射板ユニットのコーキングを外して バラシます。

d0141173_2235660.jpg
d0141173_22351245.jpg

そして 外したガラスレンズを洗浄&磨き ライトの反射板のメッキを傷つけないよう磨き
ライト枠の錆取り&塗装 プラスチックユニットの内側塗装 再コーキングで完了!

文字にすると簡単ですが やってみると大変そうですね。
私も デルタでは数回しましたが 今回はやってもらいました(汗)

でも この時代までのガラスレンズや金属反射板だと レストアで綺麗になるようです。
現代の プラスチック製レンズや反射板だと 研磨してコーティングしても
ここまでは綺麗にならないのでは?消耗品扱いのパーツばかりなのも 考え物ですね。

d0141173_22353527.jpg
d0141173_22354054.jpg

これで 左右とも綺麗になり さらに左右とも時代考証に合った後期型SIEMで統一!

d0141173_22355765.jpg
d0141173_2236359.jpg

余談ですが トレヴィはフル乗車&フル積載で後方が沈んだ時のために
ヘッドライトのレベライザーを備えており Fサスペンション・アームから リンクが伸びて
ヘッドライト外側(下向き)のレンズユニットが リンクで押されて向きを変えるようになってます。

フランス車には 大衆車でも付いてる車を知ってますが イタリア車では 初めて知りました。
しかしながら 今回 その機構は取り外しました。というより 中古ユニットに無かったようです。

d0141173_22363791.jpg

てなわけで お目目パッチリへ変身して トレヴィは さらに男前になったのでした!
めでたし めでたし!!

by lancista | 2010-09-24 23:55 | LANCIA TREVI VOLUMEX  

<< 最近の米子市公会堂事情。。。 トレヴィ整備(ラジエターホース... >>