トレヴィ整備(ラジエターホース交換&排気系ほか)

先日の蒜山ユーロカーミーティング(HEM)への参加が 翌日と迫った先週末土曜日
無理を言って 7月末から整備に預けていたトレヴィを引き取って来ました!

今年の猛暑は 幸いエアコンの効く代車 アルファ145で過ごしたので
それほど苦労せずに済みましたが この猛暑の中 トレヴィだったらと思うと ゾッとします(笑)

エアコン周りへの本格的な手入れは 車自体の走ることの整備に追われ
ままならずなので 来年夏へ向けて また冬にでも行えれば良い方でしょう。
d0141173_0583118.jpg

たどり着いた 整備工場イモッツェは・・



d0141173_0584918.jpg

工場脇に 自分で組まれたという キットガレージが完成しており
 
d0141173_0585510.jpg

お茶したり 整備のプランを打ち合わせするにも とっても良い感じでした。
エアコンも完備され これから断熱材も施工されるようなので さらに快適となることでしょう。

肝心の整備はと言うと
d0141173_101086.jpg

昨年夏 ラジエターホースが破裂した際 イギリスでベータボーイズなるサイトに巡り合い
シリコン製ラジエターホースが ラインナップされているのを発見するも
なかなか個人では踏み出せず 輸入代行アンコール米子に頼んで
先日 やっとこさ 色々な部品を手に入れた次第。。。

d0141173_10158.jpg

その中でも ラジエターホースを 耐熱性に優れるシリコンホースへと アップデートし
信頼性向上に大きく寄与するとともに 遠征や日常も安心感アップで 精神的にもGOOD! 

この際 サーモスタットも替えておけばとは思ったものの 後の祭り・・
一応 ヒーターは効くし 水温も街中80~90℃高速で70℃と安定してるので 良しとしましょう。

d0141173_103267.jpg

次なる目玉は エキパイのダウンパイプの蛇腹部分から 排気漏れを起こしており
鉄製の純正相当品を探すも アフター品は蛇腹が省略されており どうしたものか?
と思案してたら ベータボーイズに ステンレス製の純正形状がランナップされてるのを発見!

ステンレス製ダウンパイプを ホース類と一緒に取り寄せ
後方排気のベータ系は 排気系の真上に
あろうことかヒューズボックスがあるため ダウンパイプ前半部分は 遮熱バンテージを巻き
その上から ヒートシールドの遮熱塗料も塗って 万全の備え!

d0141173_103762.jpg

当時 日本国内で取り付けたであろう 今となっては役目を果たしているのか不明(汗)な
軽自動車並みに細い触媒も 移設して溶接を行ってもらい 遮熱塗料でお色直し!

d0141173_104220.jpg

何とか ステンレスのギラギラは塗料で隠せましたが 問題は音!
鉄の締まった低音が ステンレスは煩い中高温になるよ と釘を刺されつつも
こればっかりは 仕方の無い部分なので ダウンパイプの一部ゆえ 割り切りました。 

d0141173_105845.jpg
d0141173_11394.jpg

純正形状ゆえ 収まりも違和感無く 一安心! 

d0141173_11940.jpg

欲を言えば センター部分とリアエンド部分も 錆による腐蝕が進んでおり
こちらも 現在 鉄製で純正形状のものを物色中!

しかしながら イタリア国内以外は発送しませんとか なかなかハードルが高いので
最後は イタリアに詳しい輸入代行業者に 頼むことになるやも?

d0141173_112535.jpg

排気漏れが直ったところで キャブセッティングも見直してもらったところ
今までが濃すぎて カブリ気味だったそうで 少し薄めに振ったら
上も気持ち良く回るようになったそうで これまた期待大!

d0141173_113178.jpg

それに合わせて 電子進角式デスビ 123ignitionも 
以前は
純正が アイドル10° 3100回転で25°に バキューム進角15° を加えたmax40°なので
進角マップ4の 4500回転で30°に バキューム進角10° を加えたmax40°へと変更!
で 抑え目にしてたのを

今回 進角マップ8の 4500回転で33°に バキューム進角12° を加えたmax45°
まで変更!

さらに気持ち良く 上が回るようになりましたとさ。

ここまでは 整備された際の感触を 聞いたもの。

実際に乗ってみると 排気音は 少し高音が混じるものの 排気漏れを起こしてた以前とは
比べ物にならないほど 締まった音質となり ツインカムの排気音が戻って来ました!

ステンレスの音だなぁ と思うのは 加速した際に ロロロォォと喉が鳴るような音の部分が
ルルルゥゥと 少し高めの音が混じることでしょうか。でもまぁ 十分に許容範囲です。

そして 帰りの高速で試した感じでは (排気漏れが解消したので当然)トルクも太くなっており
アクセルも今までより踏み込まなくとも 車速が乗っていきます!

また 上まで回した際にも 詰まりや引っ掛かりがなく 澱みなく回って行こうとします。
レッド6000回転と ツインカムとしては低めのトレヴィVXですが
この日は 3速5500回転まで引っ張りましたが 気持ち良く スムースに回って行きました!

では次回 ある意味一番嬉しかった 今回の入庫での改良をお伝えします。つづく・・

by lancista | 2010-09-24 07:30 | LANCIA TREVI VOLUMEX  

<< トレヴィ整備(ヘッドライト・レ... サンマを食う会2010 (於:... >>