米子市公会堂耐震調査費計上せず!?

今朝の新聞各紙を見て 我が目を疑いました!

米子市公会堂の存続と早期改修を求める市民会議HPでは
昨晩から 以下のようにアップされてましたが

2010年9月8日の米子市議会全議員会議で、9月議会の議案が提案されましたが、
9月補正予算には耐震調査の追加調査は計上されませんでした。
これは、7月議会で明らかにされた市の方針と異なります。

とのことです。
あれだけ 15万人都市である米子市にあり 4万4千人分と約3割もの署名を集めてもなお
このような 無視を決めたかのような態度には 怒りを通り越して呆れるほかありません!
そのことは 新聞各紙でも取り上げられ 市長の逃げの姿勢を問いただすものが多いです。


まずは 9月9日付けの日本海新聞!
d0141173_189546.jpg

7月議会を終えて 1ヶ月余りしかなく 耐震診断の再調査の方法を含め
予算計上するまで詰め切れなかった とのこと。

しかしながら 判断のタイムリミットくらいは定めるべき との記者の意見も添えられています。
みんなが冷めるのを待っているのでしょうか?

考えようによっては 再審査ではなく 3次元立体解析で精査する診断費を積算中?
とも 一瞬思いましたが そこまで前向きなら 当然記者発表があるでしょうから 期待薄。。。

同じく・・



9月9日付けの朝日新聞!
d0141173_1891788.jpg

市民からは「問題の先延ばし」と批判する声が上がっている。とのこと!
当たり前です!!時間が解決する問題ではありません。

9月9日付けの山陰中央新報!
d0141173_1894083.jpg

「精密調査費」について、調査の方法が詰め切れなかった とのこと。
調査の調査をするからですよ!
複数の業者に 3次元立体診断の見積もり出して!と頼めば すぐ積算してくれるでしょう。

9月9日付けの読売新聞!
d0141173_18101714.jpg

「使えない期間が長引き、文化活動が停止する。」との意見 ごもっともです!
既成事実化したいのかも知れませんが かえって逆効果だと思いますよ。

どちらにしても 前向きな積算に時間が掛かっているのなら良いですが
そうでない場合には 時間稼ぎのようにも見えます。

引き続き 事の経過を追求して 本当の意図を掴む必要がありそうですね。

by lancista | 2010-09-09 23:56 | YONAGO Public Hall  

<< サイクルカーニバル in YO... イデオートサービス訪問(レア車編)! >>