健康中敷工房 ディスパロ 訪問!

ここ数年 お盆休み恒例となった大山(だいせん)登山ですが
靴を替えた2年前には 街歩き運動靴から登山靴への進化に感激し
やはり 登山専用の靴のありがたみを知った年でした!

しかし その登山靴にも慣れた 昨年の大山登山の際には
下山の終盤で 軽いつま先の痛みがあり
今年の大山登山の際には そのようなことの無いよう 改良を加えれないか?
との思いから お盆前のがいな祭りの最中 とあるお店を訪ねました!
d0141173_8411781.jpg

そのお店とは 健康中敷工房 ディスパロ
山陰では珍しい オーダーメイド・インソールのお店です。

ここは・・



d0141173_8412815.jpg

地域特化型SNS 地域密着型ブログ「じげ風呂」での ネットでのお付き合いが先にあり
先日 ふらりと寄った際にリアルでお会いし 今度相談に来ます!
とのことで 登山靴を持って この日 再び訪れたのでした。

挨拶もそこそこに さっそく私の足の診断が始まりました!

d0141173_8413588.jpg

精密な足の長さの測定に始まり 足の幅の測定 甲の高さの測定へと進みます。

d0141173_8414087.jpg

足の一番幅のある部分の 周囲長を測定し

d0141173_8414633.jpg

最後は インクを染み込ませた特殊な装置で 足型を取って頂きました!
もちろん インクが足に付いたり などという心配は無用です。

測定の結果 私の足データは
左足26.0cm 右足25.5cm 幅は2Eとのこと!
左右で0.5cm差は みなさんそんなもので 気にする必要は無いそうで ホッと一安心。

日本人が 甲高&幅広と言われてるのは間違いで 最近の日本人は幅が狭くなりつつあるそう。
なので 3Eや4Eの靴をやみくもに楽だからと言って買うのは 危険がいっぱい!だそうです。

長さや幅が合ってない靴は 足を平らにしてしまい 土踏まずのアーチも低くなり
動物としての足の機能を どんどん退化させる恐れがあるそうです。
私は 昔から少しキツメが好きなので その部分では助かりました。

あと 足裏診断からするに 重心が踵に寄っており 運動不足ですね!との指摘。
本来なら もう少し足指付け根側が 黒く写るのが理想だそうです。

それ以外では 2Eサイズなので ヨーロッパ系の幅が細めの靴でもオッケーとのことで
輸入ものの靴を多く履く私としては 嬉しい診断でした! 

d0141173_8415440.jpg

で ここまで30分少々と 足の精密診断をしてもらったのに
靴のことを相談すると 26.0cmの足サイズに 持参した靴のインソールは26.8cmしかなく
このままでインソールを作るよりは 靴のサイズを0.5アップして下さい とのこと。

何でも インソールの踵と足の踵をピッタリ付けて
足先からインソールの先端が 1.5cm位が理想なんだとか!
短時間で終わる競技なら 1.0cmでも大丈夫ですが
長時間携わるなら つま先の余裕は多めに とのことでした。

今年の大山登山には 時間が無いので 靴を替えるのはリスクが大きく
今の靴のまま 靴下をあえて薄めに! とのアドバイスを受けて
先日 そのようにして試したところ 昨年よりも快適でした!

結局 精密診断までしていただいて 何も買わずに 無料で 靴選びのノウハウだけ頂いて
お店を後にしました。

しかしながら このような足の悩みを相談できるお店が 近所にある!
ということだけでも 凄いことです。

いずれ 0.5cmアップした 次なる登山靴をGETした暁には
また ぜひとも寄らせてもらいたいと思います。

健康中敷工房 オーダーメイドインソールのお店 ディスパロ
〒683-0812
鳥取県米子市角盤町2-30 (米子髙島屋向い)
TEL/FAX 0859-58-2078
Eメール disparo2000@ybb.ne.jp
営業   10:00~19:00
定休日  火曜日
店長の「じげ風呂」もお勧めですよ ♪

by lancista | 2010-08-30 09:29 | CraftsMan-Ship  

<< 月刊ビルを知ってますか?(村野... 「牛骨ラーメン」の老舗「香味徳... >>