米子市公会堂のその後!

久しく 米子市公会堂ネタから遠ざかってましたが ここ最近の新聞記事より
米子市公会堂の置かれている現状を お伝えしておきます。

まずは 7月24日付けの日本海新聞!
d0141173_18555353.jpg

7月23日の市議会で 市長が質問に答えています。

中心市街地活性化計画の一角を占めることから
「公会堂が長期間に渡って休館や更地の状態が続けば、
 市の都市機能に多少なりとも影響がある。」とのこと。

しっかりと現公会堂を直して使う 発言とも取れますが
何となく 建て替えを前提に発言してるとも 受け取れます。

また 文化財的価値を問われたのに対して
「現段階で国の重要文化財指定を受ける可能性は非常に少ない。」
との発言でした。

こちらは、戦わずして負けてるという感じが否めませんね。

そして 直近の記事では・・



7月31日付けの読売新聞(鳥取版)!
d0141173_2119055.jpg

現状の米子市公会堂については 改修か廃止で
「別のホールを建てる考えはない」と言い切っています。

ただ 「どの程度の費用なら改修するのか」との質問には 答えていません。
ただ 今年度末が判断のタイムリミットのようです。
併せて この問題は継続審議になった模様ですので 引き続き訴えていく必要があります。

7月31日付けの日本海新聞!
d0141173_21191237.jpg

最終的に 4万4202人の署名が集まったことを伝えています!
米子市人口が 150,713人(7月1日現在)ですので 約1/3弱が集まった計算です!

正確な耐震改修費を積算するため 建物の劣化状況を追加調査する方針を明らかに。
とのことですが
以前お伝えしたように 耐震診断を2次元の簡易測定結果はそのままでは
大きな変動は無いと思われます。

7月31日付けの山陰中央新報!
d0141173_21202386.jpg

財政負担や中心市街地の位置づけなど、多角的な側面からの判断が必要と指摘!

ここまでの一連の記事を読むと 継続審議となり 持ち越したように思えますが
同じく 米子市公会堂の存続で活動しておられるコースケさんの記事は もっと深いです。

7月市議会で米子市公会堂に黄信号」 を読まれると
あらかじめ想定されたシナリオに沿って 手続きを踏んでるだけのような気もします。

市民の声は あそこまでの署名を集めても 届かないものなのでしょうか?
財政が厳しいとは言っても 米子市の無駄は 他にも沢山見受けられます。
市民目線での選択と集中を行い どうか今一度 総力戦で望んで欲しいものですね。

by lancista | 2010-08-04 07:20 | YONAGO Public Hall  

<< 大山登山に向けて(安来清水寺編) 2010松江水郷祭 花火大会! >>