米子市公会堂の話題が新聞を賑わしてます!

ちと 米子市公会堂の話題から外れなくなっておりますが ご容赦を・・
その 何かと話題の米子市公会堂ですが ここ最近でも新聞各紙を賑わしております!

まずは 7月17日付けの新日本海新聞!
d0141173_13413525.jpg

7人の議員さんが 米子市公会堂の問題を質問するようです。
通り一遍の議論でなく 踏み込んだ議論を期待しています とのこと。


続いて 7月19日付けの読売新聞!
d0141173_14474648.jpg

4年前の設備の現代化を要望してた 充実を求める会発足時と
耐震強度不足が露呈し 使用中止目前となった現在では 論点が違って来てる!とのこと。
野坂市長の方針表明が 今後の指針となる。と書いています。

かなり以前から この問題は議会でも質問が飛んでいただけに
耐震診断を依頼した時点でも どちらに転んでも 十分に考える時間はあったと思われます。
4万人を超える署名に掛けた皆の思いの結集に配慮し 方針を表明して欲しいものですね!


そして 7月20日付けの日本海新聞!
d0141173_13414214.jpg

昨日行われた 「公会堂をもっと知ろう会」の模様が記事となっています。

建築家村野藤吾の作品の中でも
「村野氏のダイナミズムがはっきり出る一方、細部には村野氏らしい遊びがあり、
 ほかにない味わいを出している」と 講演された石田教授は評価したとの記述。
誠に言い得て妙でした。

さらには 耐震・施設改修費を13億円に上ると概算している市を
「これしかないような言い方はどうか。選択肢を狭くし、導いているように感じる。」
として批判し 疑問を呈しています。

このことは「精度が高い再診断を!」と 地元の建築専門家の間では
かなり以前から 言われてきたことです。
ホールのような モノコックではないにしろ 空間が大きく開いた構造を 3次元解析せず
各階断面でスライスし それを2次元で簡易測定することの曖昧さを指摘していますが
法律で認められた最低の手続きの そのことの どこがいけないんだ!との一点張りです。

正確な診断を行えば 耐震改修費が増減する可能性を秘めているのに
金額の13億円だけが一人歩きをし 市民に お金が掛かるなら無理だよね~。。。
といった空気を漂わせているようにしか見受けられません!

議員さんには このあたり突っ込んだ質問を期待したいですね。
では次回 「公会堂をもっと知ろう会」参加レポートを お届けします。つづく・・

by lancista | 2010-07-20 23:10 | YONAGO Public Hall  

<< 「公会堂をもっと知ろう会」レポ... こどもでも分かる?米子市公会堂! >>