タグ:OM ( 16 ) タグの人気記事

 

OMソーラー・フィルター掃除!

もう先々週末のことになりますが 3連休の2日目に「はまなすサイクリング」を控え
木曜夜からの高熱にウナされながらも 点滴を打ってもらい回復に努めていた
3連休1日目の土曜日のこと。

少し体調も回復してきたので 前々から気になっていた
我が家ヒダマリハウスの要であるOMソーラーの フィルター清掃を行いました。
d0141173_803863.jpg

2階屋根裏にある OM機械室に登り 久々に機械達とご対面!

ここは・・

More

by lancista | 2009-10-20 08:01 | OM solar  

欲しいぞ!採涼換気システムDOMA(どま)くーる!

前回&前々回と OMソーラーの夏のしくみを説明しました。
この2つの機能だけでも 何も無いとこから 冷房したり&お湯を沸かしたり
という普通の状態に比べ かなりエネルギー消費は抑えられ エコや財布に貢献しています!

そこへ持ってきて 昨年 OMソーラー協会から発表された
採涼換気システム 「DOMA(どま)くーる」!
d0141173_7191971.jpg

OMソーラー協会のさらに突っ込んだHP ひまわり会のサイトの説明によると・・

More

by lancista | 2009-06-26 07:19 | OM solar  

省エネに貢献!OMソーラーお湯採り機能!

前回 OMソーラーの夜間冷気取り込み機能を紹介しましたが
もうひとつ 冬をメインとした主要機能である 太陽熱を使った空気循環式床暖房以外に
嬉しい機能があります!
d0141173_737378.jpg

「お湯採り」機能と呼ばれるそれは・・

More

by lancista | 2009-06-25 07:43 | OM solar  

OMソーラーは夏の採涼にも大活躍!

梅雨の合間 湿度も高く寝苦しい夜が続いてることと思いますが
今朝 早くに目が覚めたので 昨晩仕掛けておいた
OMソーラーの夏のしくみのひとつ 「夜間取込」機能を 検証してみました!
d0141173_5481736.jpg

「夜間取込」機能とは・・

More

by lancista | 2009-06-24 06:09 | OM solar  

小春日和を翌朝までキープ!?

今週前半は ここ山陰地方には珍しく 小春日和が続いていました。

三寒四温とは 良く言ったもので 暖かい日と寒い日が繰り返されながら
徐々に春めいて来ることを例えた言葉ですが
今週前半は 日曜日から水曜日の昨日まで 丁度四温の4日間でした!
d0141173_034583.jpg

で 我が家ヒダマリハウスは OMソーラー住宅ですので
昨日の小春日和3日目にあたる火曜日 夜9時頃で室温25℃もありました。
ちなみに 小春日和1日目の日曜日は 夜9時頃で21℃!
小春日和2日目の月曜日は 夜9時頃で23℃!
小春日和4日目の水曜日は 深夜12時頃で25℃をキープ!

毎日 徐々にですが 床下コンクリートに蓄熱されていくのが室温にも現れてますね。

そして・・

More

by lancista | 2009-03-19 01:21 | OM solar  

けっこう積もりました!

今日から3連休だと言うのに 今朝起きたら けっこうな積雪でした!
d0141173_1172858.jpg

ちょっと トレヴィで整備して欲しい案件があったのですが
スタッドレスタイヤを履いてないため 自走は断念。来週以降に持って行くとしましょう。

d0141173_1173553.jpg

裏庭のシャラにも けっこう積もってましたが 落葉樹なので心配なし。

d0141173_117425.jpg

常緑樹のうえ 幹がしっかりしてないシマトネリコは 雪の重みでうなだれてました(汗)

d0141173_117497.jpg

おじいちゃんが 自治会の正月行事「とんどさん」の準備に行くついでに
雪を落としてもらい 復活しました。

d0141173_118974.jpg

今朝7時の外気温度は 約4℃でした。晴れた日の冷え込みと同じ位で それほどでもなく・・

d0141173_1175974.jpg

今朝は あえて補助暖房のタイマーを入れずに 朝の室温を計ってみました。
室温は この冬最低の15℃を記録!
しかし 家中がほぼこの温度ですので たいしたモンです。
昨晩11時に就寝した際が 室温19~20℃だったので 8時間で4~5℃室温低下ですね。
2時間で 室温1℃下がる計算でしょうか。窓だらけ!な割りに結構頑張ってますね(笑)

OMソーラーの補助暖房には タイマーが付いているので
平日は 朝6時に開始しておくと 朝7時前には 室温18~19℃なので快適に活動できます!

普段は 補助暖房が入る直前が 室温16~17℃。
補助暖房は 床下コンクリートに蓄熱しながら室温を上昇させるので
1時間で1~2℃しか上昇しません。
その分 放熱もゆっくりで 家の断熱性能と相まって 室温変化をゆっくりにしています

ちなみに 湿度は 壁内に充填した新聞紙断熱材「セルロースファイバー」による調湿作用
さらには OMソーラーの過乾燥対策として 昨年編み出した大作戦
風呂の蓋を開けっ放しにして 扇風機を回して寝るおかげで 湿度40~50%で安定してます。
まぁ これで雪の寒い中 家の中にカンヅメになっても気持ち良く過ごせるのでした。

この連休は スノーボードに行くには 天候が厳しそうなので 見送りっぽいです。。。
平日降って 週末晴れるパターンが望ましいのですが そう上手くいきませんよねぇ。

by lancista | 2009-01-10 11:28 | Everyday Life  

洞爺湖サミットと夏のOMソーラー

現在行われてる 北海道洞爺湖サミットは 地球温暖化を食い止めるべく
環境問題が争点であるらしい。
そのような中 日本はリーダーシップを発揮しないといけないのに 中途半端なまま。
10年くらい前まで 世界のトップを走ってた 太陽光発電もドイツに抜かれるありさま
政府の覚悟と 世界戦略まで見据えた市場を誘導する仕組みが 全くもって無為無策。

で 太陽光発電などという 大企業が莫大な開発資金と英知をかける分野でなくともよく
太陽電池は製造時に 莫大なエネルギーを必要とし その元を取るには10年とかとも言われ
そういった負荷もなく 環境に優しく さらに太陽熱>熱 として使うため変換ロスが少ないのが
OMソーラーである。
d0141173_639194.jpg

冬の晴れた日は 軒下から取り入れた外気は 0℃近くでも 屋根裏で暖められ
棟のてっぺんでは 50~60℃となるのは 我が家でも実証済み
その暖まった空気を 床下までダクトで導き 床下コンクリートに蓄熱し ゆっくり放熱させる。
この単純な仕組みで 冬の室温は明け方最低でも14~15℃を下回らず いたって快適
日照の少ない山陰でも 室温1桁から暖めるのと あと数度暖めるのでは 暖房費桁違い!
d0141173_6393416.jpg

d0141173_6394688.jpg
しかし OMの効果は それだけではないのだ!

夏は 棟温度60~70℃という 熱い空気を熱交換し
昼間の日照で 給湯温度は 50℃前後まで達する!
その日 日中の太陽熱で暖まったお湯を
その晩に タイムリーに使うことが可能!

エコキュートのように 前の日の深夜電力で暖めておいて
夜に使うので 高めに暖めておかねばならない。
ということもない。

で 昨夜たっぷり一家5人がお風呂に入って
夜中に水が足され 薄まった状態で36℃!
今日も昼間暖められるから 夜には50℃くらいだろう。
d0141173_640288.jpg

しかし OMの夏のメリットは
それだけで終わらない!

夏の夜中に
放射冷却で冷えた
屋根面を使い
昼間のように
軒下から取り込み
その冷えた外気を
床下コンクリートに
蓄冷しながら吹き出すのだ!

d0141173_64252.jpg

事実 今朝は6時で 棟温度が23℃
まで下がっていたので どんどん取り込む!

コンピュータ制御(といってもローテク)
のおかげで 棟温度が
室温+2℃から取り込み開始し
室温+2℃まで上昇すると
自動的に止まってくれる。

d0141173_6424233.jpg
なもんで 今朝は
室温24℃まで下がってた!
昨晩が28℃だったから かなりの冷却効果!

さらには
空気だけが 24℃だと 外気の上昇につれ
引っ張られて 室温も上昇するが
床下コンクリートに蓄冷してるので
その上昇が緩やかなのだ!

今朝は涼しく 外気温も低めなので
さらに良い結果だったが 日々おおむねこんな感じ!
d0141173_6401760.jpg

そのうえ 壁や天井にいっぱい充填した 断熱材のセルロースファイバーが
調湿作用も働かせてくれる
ので 室温24℃だというのに 湿度も70%弱で済んでいる。

というわけで 外気温が高くならないうちに 閉め切って これをキープし
今日は これで過ごしたいと思います(笑)。

こんなイイ技術に 政府は もっとどんどん補助金出してくれないかな?
大企業ばかり向いてないで 地道なイイ技術も広めて 全勢力を傾けないと
CO2削減は 本当に難しいと思いますよ・・

追記 : ゲド戦記の宮崎吾朗さんも OMソーラー愛好者らしいです。
      OMソーラー協会のインタビュー「この人に聞きたい」Vol.4に載ってました。

by lancista | 2008-07-09 07:22 | OM solar  

OMソーラーはお湯取りの季節へ

しばらく 車ネタが続いてる間に 季節は 春の訪れを感じるレベルから
日中晴れた日は 少し外で作業でもすれば 汗ばむほどの陽気になってました。

そんな GW前半の 本日4月29日も とっても良い天気!
久々に 家でじっくりしてたので(理由は後ほど・・) OM制御板を写してみました!
d0141173_2382828.jpg

夕方 17:00頃の状態ですが 外気温度は 25℃と初夏を思わせる陽気でした。

d0141173_2384566.jpg

夕方 17:00頃でも 棟温度38℃もありました! 13時頃は54℃を記録してました。

我が家ヒダマリハウスは 私が寒がりなので 室温24℃を超えると
お湯取りモードに移行するよう 手動で設定済み。
これは 日中24℃だと 夜22~23℃位 翌朝20~21℃位 と多少下がるため。
d0141173_239122.jpg

ですが外気温度に引っ張られたのか  夕方でも26℃もありました。
23時現在で24℃ですから 翌朝は22℃くらいでしょうか。
子供が布団を跳ね上げたり 寝相が悪くても安心です。朝が弱い私も 助かってます。

今日は 10時過ぎには お湯取りモードに変わっていたのですが
お昼過ぎで 300リットルタンクのお湯温度28℃くらい 夕方で42℃だったので
お風呂には ほとんど追い炊き無しで済みそうです。
自然エネルギーによる エコキュートみたいなものですね。
d0141173_2391797.jpg

ちなみに我が家は都市ガスです。
昨年の実績だと ここ山陰でも4~10月は 基本料金+10m3以下だったので
基本料金3,800円+500円~1200円で 毎月4~5千円でしょうか。

基礎コンクリートを暖める床暖房も都市ガスでやってるので 基本料金が約倍ですが
使用料が 1m3当たり約200円が130円とディスカウントされるので しょうがないですね。

とにかく これからの季節は OMソーラーのお湯取り機能が大活躍のシーズンです。

by lancista | 2008-04-29 23:38 | OM solar  

今週はOMソーラー日和

d0141173_21414994.jpg
今週は 日~月曜日を除き 火~日曜日まで
かなり天気が良く 遅ればせながら
山陰地方も 春がやって来た感じである。

となると 我が家の重大なる仕掛けである
OMソーラーも大活躍なわけで
昨日の土曜日は 夜9時過ぎにもかかわらず
室内温度24℃ とかなり快適!
これなら 少々布団を肌蹴て寝ても大丈夫。
d0141173_21421421.jpg
翌朝となった今朝の7時過ぎで
室内温度19℃と もう初夏並みの暖かさ!
今日も天気は快晴の予報なので
朝方は冷え込み 同時刻外気温7℃で
この数値は立派である。

ここ1週間続きの快晴で しっかりと
床下コンクリートに蓄熱された模様。

ある一定温度に室温が達すると
そこからは 室内温度上昇ではなく
お風呂とかの給湯へ 太陽熱を切り替えるのだが
冬設定の室温25℃から室温23℃に切り替え
春の準備をし 本格的な春を実感する
OMソーラーというかパッシブソーラーの住まい手なのでありました。

by lancista | 2008-04-06 21:55 | OM solar  

小春日和はOMソーラー日和

ここ山陰でも 先週土曜日からの晴天続きで 一昨日の金曜日の雨天以外
最高気温は 毎日10℃台前半の12~15℃を記録。
日増しに 春が近づいているのを 皆さんも感じておられることでしょう。
d0141173_933274.jpg

しかし 我が家にはOMソーラーという
太陽熱で空気を暖め 鉄板屋根で集熱し
床下コンクリートに蓄熱するという
ローテクなんだけど 効果の高いシステムが
組み込まれています。

d0141173_9334823.jpg

なので 家の中に居ても
春の恵みを体感できるのです。

昨日も 日中天気は快晴で 棟温度は51℃!
この午後1時前時点で 外気温は15℃でした。

d0141173_934895.jpg
同じ時間帯での室内温度は23℃と
今年に入ってからの最高を記録!

しかし ここからがスゴイのは
蓄熱効果で 夜中~明け方まで
この暖かさがキープ! されること。

この1週間は 補助暖房なしで 夜7~8時頃に帰宅しても室温21℃とかも良く眼にしました。
補助暖房なしで 早朝4時頃の冷え込みが一番寒い頃(外気温3~5℃)でさえ18℃程度。 
本当に 太陽の恵みはスバラシイ!

これで 我が家が冬でも太陽がサンサンと降り注ぐ
瀬戸内気候の山陽側とか 太平洋沿いなら完璧ですね!
そちらの地方にお住まいの方が 本当に羨ましいです。
皆さんが気になるであろう OM家計簿は またそのうちに・・

by lancista | 2008-03-16 09:58 | OM solar