タグ:足車 ( 37 ) タグの人気記事

 

代車インプレッション(アルファロメオ145クアドリフォリオ編)

かれこれ2週間前に トレヴィVXを整備工場 「imozze(イモッツェ)」に修理に出した際に
代車がなければ電車で帰ろう あっても軽の何かかなぁ くらいに思っていたのだが
思いがけなく 最近アルファチャレンジのレースに使ってる アルファ145に乗って帰りなよ!
との嬉しいお言葉。
断るはずも無く 最近(といっても10年一世代前)のアルファはどんなかな? と思いながら
家路についた。
d0141173_751381.jpg
d0141173_752541.jpg

こちら2枚の画像は 帰りの山陰道パーキングでのショット!

レース仕様に改造してあるので 運転席はリクライニングしないバケットシートだし
フロントはビルシュタインだかの車高調整が入っていて バネレートは不明だが
しっかり締め上げてある。

私のデルタも ビルシュタイン車高調整で F:6kg&R:4kgだけど
それよりは乗り心地が良く思えるのは 車が新しい分ボディ剛性が上がっているから?
マイデルタも145も 共にロールゲージは入っていないが 私のはつっかえ棒だらけなのに
やっぱ基本のボディ剛性が違うのと バネも直巻きでなく上広がりのプログレッシブタイプなので
レートも極端なものでなく 4~6kg程度なのではなかろうか と推察する。

ついこの前までの仕様の アイバッハ&コニでは ロールがひどくて替えたらしいから
今の車高調仕様は すっと鼻が入り 高速のインターの定状円のカーブでも
グイグイインに引き込まれるから フロントLSDでも付ければとっても楽しそう!
ノーマルは乗ったことないので知る術もないが
Sさん曰く もっとファミリーユースで乗り心地重視に振ってあるそうだ。

エンジンも後期型のこの個体は 全くのノーマルにも関わらずグングン加速していく!
最高出力(PS/rpm) :155/6400 (EEC)  最大トルク(kgm/rpm) :19.1/3500
後期型のコイツは 前期型に比べ可変吸気システムだかで 5馬力アップを達成!
デルタHF4WDが 加給して165PSだったから 時代は進んでおりますね。
これで 車輌重量が1,240kgらしいので パワー・ウェイト・レシオも丁度8.0あたり。

何と言うか 軽量なボディに活発なエンジンが 衝突安全で重たくなる前の
一時代前のダイレクトさを思い出させてくれて とっても楽しんでいます(まだ借りてるので・・)。

それでいて エアコンも効くしブロアーファンの風量もまずまずだし(音は配慮が足りないが)
低速トルクも十分で 街中では横着して3速1000回転+とかで交差点曲がっても渋滞に合っても
文句も言わずに粘ってそこから加速していきます。流石現代のインジェクションといった感じ!
デルタ8V系の80年代インジェクションでは 制御の目が粗いのかガクガクしてしまいますし
トレヴィVXのスーチャーに頼っての低速トルクや粘りなど 所詮キャブレターだなと思う次第・・

d0141173_753577.jpg

気持ち良さは 35パイに替えられたハンドルや バケットシートでさらに増幅され
7000回転がレッドのタコメーターも 低速の扱い易さに振ったランチアとの違いを感じる部分!
+500~1000回転が 上まで回した時の余裕と伸びやかさに繋がっています。
それでいて 低速も十分フレキシブルなので かなり使いやすいです。

高速100kmが5速で約3100回転と 今時の2000ccの排気量にしては低めのギア比なので
どこからでも自由に 1速落とし足りなければ2速落とせば 気持ち良い加速をして行きます。
高速の料金所過ぎたとこでフル加速した際は 4500回転くらいから弾けるような加速を見せ
お前はターボか?とまでは思わないまでも カムに乗る楽しさを味わせてくれました。

d0141173_754580.jpg

これでいて ベース車輌を買ってきて車検整備を受けても 50万円を切るくらいにまで
価格は落ちてきています。それも程度が悪くて我慢とかでなく普通か程度上の個体が・・

十分 足車としての快適性と信頼性を備え
趣味性でノーマルで足りなければ アフターパーツは安く十分に市場にあります。

ちょっと古いアルファロメオを自分仕様に染め上げて カフェレーサー気取るのも悪くないかも
今度は ノーマルにも乗ってみたいですね・・

by lancista | 2008-09-03 08:01 | Car life & event  

ジーロ・デ・大山は延期(グランデプント試乗編)

1750ベルリーナを堪能してたら クルマナオキ君が
@31さんのグランデプントに 興味があると言い出した。

何でも 奥様が10年間乗り続けた愛車の次期候補を探しているのだとか・・
クルマ君自体旧型フィアット・パンダに乗っており その影響もあるのか 次は外車でも?
という今がチャンスなので 安心感もある現代外車を狙っているそうな。
何でも貨物系実用車が好みだとかで ルノー・カングーとか新型パンダなんか どうかな?と
おぼろげに考えているらしいのだが 何せ田舎では なかなか実車に出くわさない。
d0141173_19432617.jpg

という訳で 目の前には @31さん(正確には奥様)の足車 グランデプントである。
昔のプントと比べると かなり立派な感じ。

d0141173_20432670.jpg

マセラッティと顔つきが似てることから イタリアではかなり人気があるのだとか・・
確かに 車格に似合わず 堂々としており ノーズは伸びやかなデザインです。

d0141173_2043464.jpg

後ろも かなりボリュームがあり 剛性感あふれるCピラーですね。
4枚ドアでも デザインとしてはまとまってます。

d0141173_2044527.jpg

せっかくだから その辺を一回りしましょうか? と@31さんの嬉しい申し出に
断る理由も無く 3人で乗り込みます。
ダッシュも ボディ同色のアクセントが走っており ポップな中にも 質感の高い感じ。
この車は1.4リッターの8バルブSOHCエンジンを搭載するデュアロジック!
77ps/115N・mの動力性能だそうです。

ですが オーナーさん曰く デュアロジックの制御が 今ひとつなんだとか。
運転させてもらって納得でした。
シフトアップが前で ダウンが後ろ というセミATは 加減速のGのかかり方と反対!
ゲームセンターじゃないので 戸惑います。BMWとかも反対に直していますし
新型フィアット500でも アップ後ろ ダウン前に 修正してますから ちょっと違和感。
信号が赤の時に 停まる前のシフトダウンが1速まで落ちてギクシャクするのも不満だそう。

それ以外は ボディ剛性も足裁きも 何の問題もなく デルタなんぞとは比べ物になりません。
やはり 20年間の進化というか進歩は凄いですね。同じ2000ccクラスなら もっとでしょう。
ATのアップ&ダウンの際に一呼吸入れるコツも MTに慣れてる人なら
かえって良いかもしれません。
 
というわけで 私とクルマ君も 現代のイタリア車の底力を感じて 感心して帰って来ました。

d0141173_20442341.jpg

トランクも デルタ並みにというか スペアタイヤが立ってない分 かえって広いくらい。

d0141173_20444277.jpg

後席も狭くないし フロントシートも大きめでたっぷりしており 長距離も大丈夫そう。
さすが ジュージアーロデザインなのでした。実用性ではバッチリですね。
旧型プントからグランデプントになった際に かなりプラットフォームが丈夫になり
車格としては ムーザと一緒ではないか? とのこと。
ヨーロッパの激戦区で ドイツ勢やフランス勢と真っ向勝負するために
かなり 色々な意味で頑張ったんだと思います。

私 個人的には左のMT派なので 並行モノでも狙うかランチアの小型車に行くかですが
奥様と共用とか 都会でATじゃなきゃ というならかなりアリの選択でしょう。
旧車が染み付いた身体には 安楽さと刺激が同居した現代イタリア車は
ある意味 毒だったかも知れません・・

by lancista | 2008-06-11 21:27 | Car life & event  

車買い換えました!

d0141173_17524121.jpg

って 親父が 長年乗っていた軽トラック スバル・サンバーから
この度 スバル・プレオに 乗り換えました!

実は 私の父は 長年大工をやっていて 私が高校生の頃に独立したこともあり
軽トラックがこれで 3台目! スズキ・キャリー>三菱何とか>スバル・サンバー です。

70歳も過ぎて 仕事も引退して 軽トラックとして最後のお勤めの引越しも先日済ませました
平成4年のサンバーを2万km4年オチでH8年に購入し12年間6万km乗ったので交代です。
d0141173_17525853.jpg

乗り換えにあたって 4気筒で作りもしっかりしてて壊れず 車検以外ノーメンテで
12年間大丈夫だった軽トラと同じスバルに 今回もしたい! と父が申すもので
さらに要望は続き
歳とって反応も鈍く 冬が怖いから4駆が良い! もうシフトもシンドイからATで!

といった父の要望に 私が借りることもあるので どうせならスーパーチャージャーで!
という要望を付けて探した(といっても近所のスバルディーラー内で)ところ
走行8900km!! という出物が展示してありました。
d0141173_17534944.jpg

H12年車ですから8年オチですが プレオの最近のはスーパーチャージャーが付いてない!
なら マイナーチェンジ前の マイルドスーパーチャージャー付きのコイツで決まりでしょう。
ということで 人の買い物なので チャッチャッと済ませ 先日納車と相成りました。
d0141173_17533130.jpg

室内も シートの経年変化や痛み汚れもなく いい感じ。
乗ってみた感想は 同じ軽でも他社のよりシッカリした感じでボディ剛性も高そう。
一応 衝突安全対策ボディなのは 後で保険掛けるときに知りました。
さらにABS付きだそうです。私の判断基準にそんなものは無いのですが 父が運転するので・・
といった豪華装備もあり なんせ車重900kgもありますから。4WDとは言え重すぎません?

で その重さとATでのかったるさを懸念して スーパーチャージャー付きにして大正解!
トレヴィじゃないですけど下からモリモリと力が沸いてきて そんなに踏まなくてもスーッと走る。
ATをスポーツモードにすれば キビキビとも走る。足回りも4輪独立懸架でしっかり動く。

どうしてこんなに金を掛けちゃってイイ車造りをするメーカー スバルが軽から撤退するのか?
コスト競争に敗れたと言ってしまえば それまでですが 他社は消費者をバカにしてると思う。
こんな商売下手なスバルに ランチアを重ね合わせてしまう私は 懲りない人種なのかも・・

とりあえず 冬のスノボ出動や 自転車運搬とかにも使える車が1台増えて 万々歳。
さらに これで我が家のラインナップは 全て加給機付きとなりました。
1) 私の ランチア・デルタHF4WD <ターボ>
2) 私の ランチア・トレヴィ・VX   <ボルメックス(スーパーチャージャー)>
3) 妻の トヨタ・プリウス(初期型)  <電動モーター>
4) 父の スバル・プレオ・4WD   <マイルド・スーパーチャージャー>

NA大好きで ターボは邪道だ!と言ってた20歳代の自分が恥ずかしくなりますね。
Double Espresso とか言いながら 足車は安泰じゃん! などという突っ込みはなしで・・

by lancista | 2008-06-03 18:27 | Car life & event  

自転車通勤その後・・

先ほどの 今週はOMソーラー日和 でも触れたのだが
今週は かなり天気が良くて 自転車通勤にも うってつけ日和が続いた!
さすがに 年度末の3月31日は いつ仕事が終わるかも分からず
4月1日は 異動の辞令交付があったので ランチア繋がりで作ったエルメネジルド ゼニア
のスーツを 着て行ったものだから 自転車という訳にもいかず 遠慮したのだが
水曜日~土曜日と 4日連続で自転車通勤している!
d0141173_21592216.jpg

毎日 ネットで天気予報を細かくチェックし 少しでも雨が降りそうなら止めているが
これだけ続くと 多少は慣れてきたのか 少し近すぎるとも感じる始末!
かといって 遠回りする時間も体力も余裕は無いのだが それだけ天気が良く
気持ち良く 自転車に乗れているのだと思う。

カゴをビジネスバッグ仕様に変更したのも 功を奏してか カバンも安定して
気持ちよいペダリングに貢献してる感じ。

あとは 車2台と自転車1台を うまくバランス良く使い分けれるか
という嬉しい悩みぐらいか・・
でも 自転車が気持ち良い時期は 車も気持ちいいんだな これが・・

by lancista | 2008-04-06 22:14 | Bike & Bicycle  

自転車カゴを通勤仕様に!

先々週 自転車通勤はじめました! と書いたが ここ1週間の悪天候と重なって
あの日以外では あと1日乗ったぐらい。久々の爽快感を味わっただけに もう少し晴れて
乗りたい!と思える日が多くなるのを願うばかり・・
d0141173_18584187.jpg

天気以外にも 自転車通勤をスポイルする懸案事項が ひとつあった。
ビジネス用の横長のカバンが 納車時に取り付けてもらった 籐のカゴだと入らない!のだ。
縦に入れるしかない とは最初から分かっていたが
底までも付かずに 横が摺れて止まってる有様では 大切なカバンが入れられない!
d0141173_1859243.jpg

というわけで 購入予約を入れてから シマッタと見つけた 通勤自転車「プレスティーノ」!
このプレスティーノ ウィキペディアを読むと かなり考えて作ってあることが分かります。
あえて フレームを鉄で作って 丈夫さとしなりの衝撃吸収性を選んだとか 前傾の乗車姿勢や
ハブダイナモを採用し 帰宅時のライト点灯を必須と考えて ペダル負荷の低減を図ってるとか
さすが 8km30分を 毎日自転車通勤をしたくなる! を開発コンセプトとしただけはあります。
私は 4km弱15分なので 女性仕様3段変速でも 十分な感じです。
で それに倣って 横長カバンが入る横450mm前後のカゴをネットで検索したら ありました!
d0141173_190681.jpg

パナソニックが出してる パソコンバッグも入る底にクッションも備えた 横長カゴNCB1473S。
ネットで 2,940円也。送料や振込手数料で約4,000円
注文したら 大人気でメーカー在庫も無く 出荷待ちとか。
で 待つこと1週間 3日前の木曜日に届いてました。
d0141173_18594883.jpg

というわけで 本日の日曜日午後 さっそく外して ストリップ状態。
これはこれで クラシカルな雰囲気で ライトもチェレステグリーンみたいで素敵です。
d0141173_190328.jpg

ちょっと BSにパナソニックのカゴということで 取付穴の位置が違ったりしたので
ステーを工夫したりして 1時間弱の格闘の末 装着完了!
d0141173_1904830.jpg

カバンを入れても このとおり キレイに収まりました。
重心が下がったであろう 走行も含めたインプレッションは また後日ということで。
少しは 女性かわいい仕様から 男性が乗っても恥ずかしくない仕様にはシフトしたかな・・

by lancista | 2008-03-30 19:20 | Bike & Bicycle  

自転車通勤始めました!

d0141173_13112043.jpg
昨日は 剪定鋏を購入しただけでも
嬉しい出来事なのだが もうひとつ
嬉しい買い物があった。

実は 今年1月の人間ドッグで
メタボリック気味と診断されてから
密かに計画を練っていた
自転車通勤」である!

その 通勤ギアである自転車が出来上がった旨
連絡があり 夕方 軽トラで引き取って来た!

何事にも形から入る 「バブルへGo!」世代の
我ながら 典型的な買い物である(笑)。

d0141173_1311317.jpg
実は 昨年秋に トレヴィを手に入れた際に
足として 屋根付き原付とかも候補に考え
中古バイク屋さんを見て廻った際に
この自転車である
ブリジストン ベルトロとは出会っていた。
しかし 11月末でもあり
買っても乗るのは春からだろうし
売れたら売れたで 諦めも付くだろう。

と考えていたが この陽気に誘われ
妻からも援助金が出そうなので
その店に行ってみたところ 残ってたのだ!
d0141173_1311498.jpg
d0141173_13115736.jpg

d0141173_1312108.jpg
実は 自転車もスノーボードのオフシーズンの
トレーニング兼趣味として
ビアンキアンカーのMTBは
所有してはいるのだが
ビアンキは まだバラバラのままである。

子供が小さくて サイクリングイベントも
ここ2~3年遠ざかって眠っているMTBたち。

しかし それらを通勤チャリとして使うには
勿体ないし 荷物が積めない。
メッセンジャーバッグだと夏に背中は汗だくになるのも
それらで十分体験済みだった。
d0141173_13122823.jpg
というわけで カゴが付いてもサマになって
スーツの裾を結ばなくても 汚れなくて
なおかつ ママさんチャリに見えなくて
オシャレで (ここ大事)
それでいて
メンテナンスに余り手間がかからない
ということで 国産自転車メーカーになるのだが
オシャレなのは なかなか無いのだ!

この 私が購入したBSのベルトロは
数年前のデッドストックなのだが
ビアンキチェレステグリーンに良く似た
メタリックでない ソリッドの色が何とも良く
それが 購入の決め手になった!
今のモデルには無い色なのである。
d0141173_13124371.jpg
新古車なので 定価約4万円が2.5万円まで
下げてもらえたのも大きい!

デルタのタイミングベルトより太くて丈夫そうな
ベルト駆動だし スーツの裾も汚れなさそう!

停まっててもチェンジ出来る 3段変速
ライトのオン・オフも かがまなくても
グリップで切換が出来る!
さすが 女性専用モデル!
なぬ!女性用なの??

という訳で 今日から自転車通勤しております!
片道 3.5kmの平坦路ですが 半分過ぎから
辛くなったのは内緒です(涙)。
そのうち フトモモが頑張ってた頃を思い出すでしょう・・

ブリジストンのHPを検索してたら 女性用でなく(これ大事)
男性の通勤にピッタリのモデルが 今年の1月から追加されてました。
d0141173_15141755.jpg

その名も「プレスティーノ」 次はこれの8段変速がイイですね・・
とりあえず 籐のカゴが可愛い過ぎたので
横長のビジネスカバンが入るカゴだけでもパクりましょうか・・

by lancista | 2008-03-21 13:49 | Bike & Bicycle  

三瓶山ツーリング6(クラシック レンジローバー試乗記)

色んなアルファロメオに乗せてもらって 満腹になったところで
Oさんが この日乗ってきていた足車 クラシック レンジを運転させてもらう。
d0141173_11312198.jpg

色んな車趣味があるが 旧車やアドレナリン出まくり系の
スポーツカーとかを所有してると どうしても 足車が必要となってくる。
Oさんもその例にもれず 古いポルシェを20年以上所有しておられる。

私も 2台体制を引いていたが 結婚を機に デルタ1台となった。
今は2台だが どちらも趣味車だし いつまでも この生活が続けれるとは限らない。

で そんな中 皆が考える足車の かなり高度な組み合わせに
イギリス貴族御用達のレンジローバーが 候補に上ってくる。
足車というには はなはだ失礼な それだけでも趣味といえる1台である。
いつかは こういう4WDで 家族連れでキャンプや海山へ と考えもするが
ハードルが高いように感じていた。
d0141173_11314329.jpg
でも 目の前にある
クラシックレンジでも初期型である
93年式のこの車は
ネコパブの社長だかが所有していた
素性正しい車だとか・・

乗る前に 友人のIさんが 恥ずかしい車だよ!
と 乗れば分かるから と謎賭け。
乗ってみて実感
着座位置がものすごく高いのに ガラスが低い
普通なら 肩~脇あたりが窓下位置なのに 脇の下握りこぶし1~2個が窓下位置!
背筋もシャンとするのが分かる。
で 走ってみて ドロ~ンと回るローバーV8に オートマと2t弱! の車体が拍車をかける。
のそ~っという表現がピッタリなのだ。
街中の渋滞や 本当の野山なら良いかもしれないが 高速道路とかどうなんだろう?
試しに ワインディングで100km近く出してみるが
ハンドル中立付近があいまいで 不安感がつのる。
ブッシュ類は総とっかえしたらしいので もともと こんなものなんだろう。

私が乗るなら やっぱりワゴンかな~ などと思い始める。
が 過激なスポーツカーを所有し 日程にも余裕をもってドライブ旅行を組め
子供達も 車で寝たりはしゃいだりするには この大空間とダルな感触はアリである。
ワゴンと違って ピカピカでないといけないこともなく 汚れていても味がある車はそうない!
同じ大排気量4駆で ガソリン大食いでCO2撒き散らしていても 頭が悪そうに見えないのは
国産そこのけ系4駆とは 一番の違いである(笑)。

一応 いつか手に入れるかもしれないレンジの車高でも マイガレージに納まるように
オーバーヘッドスライダーのガレージドアの高さも 2100mmにしてある(笑)。
しかし 当分は夢物語で終わるでしょう・・

あと 私のデルタは試乗してもらおうにも まだスタッドレスタイヤだったので
大事をとって 誰にも試乗してもらえず(涙)。
皆 飛ばすからなぁ しょうがないか・・

冬タイヤなのには訳があって あるプロジェクトを暖めていたのであった。
その話は また後ほど・・ 

by lancista | 2008-01-27 12:06 | Car life & event