タグ:アルファ ( 34 ) タグの人気記事

 

代車インプレッション(アルファロメオ145クアドリフォリオ編)

かれこれ2週間前に トレヴィVXを整備工場 「imozze(イモッツェ)」に修理に出した際に
代車がなければ電車で帰ろう あっても軽の何かかなぁ くらいに思っていたのだが
思いがけなく 最近アルファチャレンジのレースに使ってる アルファ145に乗って帰りなよ!
との嬉しいお言葉。
断るはずも無く 最近(といっても10年一世代前)のアルファはどんなかな? と思いながら
家路についた。
d0141173_751381.jpg
d0141173_752541.jpg

こちら2枚の画像は 帰りの山陰道パーキングでのショット!

レース仕様に改造してあるので 運転席はリクライニングしないバケットシートだし
フロントはビルシュタインだかの車高調整が入っていて バネレートは不明だが
しっかり締め上げてある。

私のデルタも ビルシュタイン車高調整で F:6kg&R:4kgだけど
それよりは乗り心地が良く思えるのは 車が新しい分ボディ剛性が上がっているから?
マイデルタも145も 共にロールゲージは入っていないが 私のはつっかえ棒だらけなのに
やっぱ基本のボディ剛性が違うのと バネも直巻きでなく上広がりのプログレッシブタイプなので
レートも極端なものでなく 4~6kg程度なのではなかろうか と推察する。

ついこの前までの仕様の アイバッハ&コニでは ロールがひどくて替えたらしいから
今の車高調仕様は すっと鼻が入り 高速のインターの定状円のカーブでも
グイグイインに引き込まれるから フロントLSDでも付ければとっても楽しそう!
ノーマルは乗ったことないので知る術もないが
Sさん曰く もっとファミリーユースで乗り心地重視に振ってあるそうだ。

エンジンも後期型のこの個体は 全くのノーマルにも関わらずグングン加速していく!
最高出力(PS/rpm) :155/6400 (EEC)  最大トルク(kgm/rpm) :19.1/3500
後期型のコイツは 前期型に比べ可変吸気システムだかで 5馬力アップを達成!
デルタHF4WDが 加給して165PSだったから 時代は進んでおりますね。
これで 車輌重量が1,240kgらしいので パワー・ウェイト・レシオも丁度8.0あたり。

何と言うか 軽量なボディに活発なエンジンが 衝突安全で重たくなる前の
一時代前のダイレクトさを思い出させてくれて とっても楽しんでいます(まだ借りてるので・・)。

それでいて エアコンも効くしブロアーファンの風量もまずまずだし(音は配慮が足りないが)
低速トルクも十分で 街中では横着して3速1000回転+とかで交差点曲がっても渋滞に合っても
文句も言わずに粘ってそこから加速していきます。流石現代のインジェクションといった感じ!
デルタ8V系の80年代インジェクションでは 制御の目が粗いのかガクガクしてしまいますし
トレヴィVXのスーチャーに頼っての低速トルクや粘りなど 所詮キャブレターだなと思う次第・・

d0141173_753577.jpg

気持ち良さは 35パイに替えられたハンドルや バケットシートでさらに増幅され
7000回転がレッドのタコメーターも 低速の扱い易さに振ったランチアとの違いを感じる部分!
+500~1000回転が 上まで回した時の余裕と伸びやかさに繋がっています。
それでいて 低速も十分フレキシブルなので かなり使いやすいです。

高速100kmが5速で約3100回転と 今時の2000ccの排気量にしては低めのギア比なので
どこからでも自由に 1速落とし足りなければ2速落とせば 気持ち良い加速をして行きます。
高速の料金所過ぎたとこでフル加速した際は 4500回転くらいから弾けるような加速を見せ
お前はターボか?とまでは思わないまでも カムに乗る楽しさを味わせてくれました。

d0141173_754580.jpg

これでいて ベース車輌を買ってきて車検整備を受けても 50万円を切るくらいにまで
価格は落ちてきています。それも程度が悪くて我慢とかでなく普通か程度上の個体が・・

十分 足車としての快適性と信頼性を備え
趣味性でノーマルで足りなければ アフターパーツは安く十分に市場にあります。

ちょっと古いアルファロメオを自分仕様に染め上げて カフェレーサー気取るのも悪くないかも
今度は ノーマルにも乗ってみたいですね・・

by lancista | 2008-09-03 08:01 | Car life & event  

2a Giro di Daisen(GTA1300ジュニア36番秘密?編)

前回に続き アルファロメオGTA1300junior 36番ですが
前回の画像で 何か違うなぁ? と思った貴方は かなりのツワモノです(笑)
d0141173_7483783.jpg

d0141173_7484891.jpg

そう 実は フロント下部の膨らみが 微妙にノーマルのそれとは違うのです。
上が36番さんのGTA 下が白猫#35さんの個体ですので 比較して下さい。
ちなみに 画像は今年5月3日の第2戦アルファチャレンジの時のものです。

d0141173_749088.jpg

もともとのGTAがそうなのか 以前のオーナーが
何かのときにイジったのかは 定かではないそうですが 微妙に膨らんでます!
オタフク化までするには ホイールやら色々な苦労と覚悟が必要なので
イメージを少しでも近づけようと思われたのでしょうか?
でも ナロー系のまま マッシブさを盛り込んだ この絶妙さ加減もナカナカのものです!!

d0141173_7491287.jpg

d0141173_7492496.jpg

エンジンも 同じアングルで写すことが出来たので 比較してみて下さい。
上が36番さんのGTA1600ccツインプラグエンジン!
下が白猫#35さんの2000ccのエンジンです。

私には ツインプラグであることしか違いが分かりませんが
同じGTAでも 1300と1600でも リブの位置とか色々と違いがあるそうです

d0141173_7494035.jpg

4>2>1と集合された 白く塗られたエキゾーストマニホールドも 粋ですね!
TZ系をほうふつさせる佇まいです。

k2k-36番さん。21日の第3戦アルファ・チャレンジでの健闘をお祈りしております。

by lancista | 2008-07-18 08:07 | Car life & event  

2a Giro di Daisen(GTA1300ジュニア36番編)

第2回 ジーロ・デ・大山の車輌紹介の途中で 他の話に移ったり
バタバタで忙しくて ブログそのものが更新出来なかったりしておりますが
今回も アルファロメオ・ジュリアクーペの理想形である GTAをお届けします!

前回の関西ボンバロッサGTA3姉妹のうち2台に続くは
広島方面から参加の k2k-36番さんの GTA1300ジュニアです!
d0141173_6524561.jpg
d0141173_6525837.jpg

芸北ツーリングとか BBQといったイベントの 山陰と山陽の橋渡しをしていただいてる
k2k-36番さん。いつもお世話になっております。おかげで交流の輪が拡がりました!

関東のレースにも参戦しておられたらしいのですが
オーナーが数年前こっちに戻られたのを機に 岡山国際とセントラルを主戦場に移されました。
その内部には 数々の関東ノウハウも詰まっているとかいないとか?!

d0141173_6531660.jpg

最近では 内装も純正バケットシートとかも手に入れられ
ロードイベント適正化を図っておられる との噂もありますが どうでしょう?

次回は この個体に施された微妙な違いに クローズアップしていきます。

by lancista | 2008-07-18 07:46 | Car life & event  

2a Giro di Daisen(アルファロメオ・GTA1300ジュニア編)

かな~り しばらくご無沙汰してました 第2回ジーロ・デ・大山ですが
先日の アルファロメオGTA1300ジュニア おたふく号に続き 今回も同じくGTA1300juniorです!
ボンバロッサの名物? GTA3姉妹の 白・赤・オレンジのうちのイタリアンレッドも眩しいこの車。
あいにく 車に関するお話をほとんどしなかったので 詳細は不明ですが
オーナーさんの武勇伝は 面白おかしく聞かせていただきました(笑)
d0141173_10162034.jpg

バンパーレスに牽引フック ボンネットピンにビタローニのメッキミラーが決まってます。

d0141173_10163633.jpg

アップの顔もかわいいですね。
白雪姫号は オタフク化の際にグリル中央の盾も軽量化のため 薄くなってましたが
こちらは オリジナルのままと思われます。

d0141173_10165841.jpg

絶妙に落ちた車高と 少しキャンバーをかいた前輪が凄みを感じさせます。
サイドストライプと クワドリフォリオ(四つ葉)のマークが決まってますね。

d0141173_10171333.jpg

白雪姫号は 内装を写しそびれましたので コチラで想像して下さい。
ウッドのインパネからすると1600でしょうか? アルフィスタでないので間違ってたらスイマセン
追記:こちらも1300らしいです。訂正させていただきます。

ヘレボーレのウッドステアリングが とっても似合ってますね。
私もベレット時代 いつかジュリアクーペを手に入れたなら
このステアリングにしたいと思っていました。かなり貴重な品のはずです。

d0141173_10172857.jpg

タコメーターも時代考証に則りながらも より正確なものへコンバートされてます。
針が駆け上がって 頂点がレッドという メーターレイアウトには痺れますね!

車輌紹介も終盤ですが ぼちぼち続きます・・

by lancista | 2008-07-12 10:35 | Car life & event  

2a Giro di Daisen(アルファロメオ1300GTAjunior Gr.2編)

いやいや 横道にそれたまま2週間近く経ってしまいましたが 忘れていた訳ではありません。
そう 第2回ジーロ・デ・大山の車輌紹介も終盤にさしかかって参りましたが
この日が初お披露目となる(正確には1週間延期が待ち切れずミニオフ会をされてたようです)
アルファロメオ1300GTAjunior Gr.2! 通称おたふくフェンダー!!

オーナーさんは 物心ついた時には 家にフィアット1500があったそうで
生まれながら? のイタリア車通で
その昔は ランチア ベータクーペ1800や デルタHFターボも乗っておられたそうです。
というわけで 私のランチアデルタHF4WDにも 懐かしいなぁと声を掛けていただいたのでした。
d0141173_6545736.jpg

d0141173_65444100.jpg

しかーし この大迫力でありながらも愛嬌のある顔つきは やはり段付き顔ならではですね。
フラットノーズだと 怖いといったイメージになってしまうのかは 
その昔 チャオイタリアでチラッと見たくらいですので 定かではありません。
ボディカラーにも因るのでしょう。この白ボディに黄色の識別カラーは チャーミングです。
d0141173_6551272.jpg

後ろから見たアングルも大迫力ですね。後ろがなだらかに下がっていくラインが強調されます。
リベットの跡も生々しいです。
ここまで本物のGTAを 切り刻んでしまう勇気は なかなか出来るもんじゃないです(笑)。

軽量アルミボディと フェンダーとの接触面の異素材による電食はどうなのか 気になりますが
たぶんFRPフェンダーなので大丈夫でしょう。
窓も 軽量アクリルだか ポリカだか プレクシグラスだかで かなり拘って選定されてたので
十分な検証と配慮が なされているんだと思われます。

13インチのカンパニョーロ・エレクトロン・ホイールも ゴールドに輝き渋く決まってます! 
d0141173_655247.jpg

これは 帰りの駐車場を出る際の1ショットですが ゆっくり走ってても絵になりますね。
来年は是非 ロングコースで一緒に走って 走る姿をじっくり眺めたいものです。
d0141173_6553742.jpg

d0141173_6555217.jpg

エンジンは ツインプラグの緑の純正コードも輝かしく タコ足に巻いたバンテージがヤル気を
象徴しております。
カタログによると 1290ccの排気量から 110PSの馬力と13.3mkgのトルクを搾り出す
かなり高回転型のエンジンです。

1600ccと同じボア78パイでストロークだけ67.5mmへ縮めた 超ショートストローク型で
45度のバルブ挟み角と ペントルーフ型燃焼室 11.0の圧縮比と聞くだけでも
かなり回りたがる面白いエンジン特性であることが伺い知れる。

そのエンジンで 850kgしかないアルミボディを引っ張りあげるのだ!
さらに この個体は もっと凄いことが成されてる雰囲気がプンプンなので
痛快感は さらに倍増されてることでしょう。

来年は ぜひ排気音を聴きながら 真後ろで走ってみたいですね。

Copyright (C) 2008 Double Espresso , All rights reserved.

by lancista | 2008-07-06 07:36 | Car life & event  

2a Giro di Daisen(アルファロメオ1750GTV&2000GTV編)

第2回 「ジーロ・デ・大山」の参加車輌紹介が 途中 途切れてしまい申し訳なかったが
また 再開したいと思う。

で まずは ジュリア系クーペでは 定番中の定番である1750GTヴェローチェ
この個体は マルーン色のボディに
私の好きな カンパ106E?という珍しいホイールを履いた 個体である。
d0141173_21154537.jpg

1963年デビューのジュリア・スプリントGTから始まった ジュリアクーペは
1600(1570cc103PS:SAE)の排気量と 段付きノーズが特徴であった。
途中に 1600GTヴェローチェと名称変更とパワーアップを図ったのち
その特徴的なノーズをフラットに 排気量を1800(1779cc132PS:SAE)に
車名は戦前に活躍した1750GTVに改め デビューしたのが 1967年のことである。

d0141173_2116866.jpg

リアのテールランプまわりは 1600の段付き時代と変更なく小さいまま。

d0141173_21164698.jpg

こちらの個体は ソリッドの微妙な黄土色が特徴の2000GTヴェローチェ

1971年に 排気量を2000(1962cc133PS:DIN)へと拡大
左右ライト間中央に走る1本バーが グリル一体型の8本のメッキ横桟バーに変更
となったのが特徴。

d0141173_2117682.jpg

写しそびれたが 室内も大径2個のスピード&タコメーターの間に警告灯が配されたり
シートやステアリングホイールにも変更が施された。

しかーし 「ボンバロッサ」の方々の車は 流石 運転席はバケットシートがおごられ
ノーマル然とした外観を欺くかのような 排圧の高そうなエンジン音を奏でておりました。
さぞや 中身は凄いことになっているのでしょう(笑)。

d0141173_21251763.jpg

こちらは ヴェロヴェロさんの2000GTVだが 大きく拡大されたテールランプが2000の証。

d0141173_21253061.jpg

Cピラー根元にも 丸いエンブレムが付いたのも2000からだと思う。
ヴェロヴェロ号の蛇マークに入ってた色(青と赤)は もともとでしょうか?

ぼちぼち つづきます・・

by lancista | 2008-06-24 22:19 | Car life & event  

2a Giro di Daisen(アルフェッタGT編)

2000ベルリーナを堪能したあとは 同じく関西の「ボンバロッサ」メンバーの1台である
アルファロメオ・アルフェッタGT を紹介しよう!
d0141173_13162027.jpg

ヒット作 ジュリア・クーペに取って代わる存在として 1974年デビュー!

先にデビューしていた アルフェッタ・セダンと同様のトランスアクスルというFRで通常
エンジン>ミッション>ドライブシャフト>リアデフ となるところを
エンジン>ドライブシャフト>ミッション>リアデフ と重量物であるミッションを後ろに持って行き
前後重量配分を 50:50に近づけた執念の産物!フェッタ以外ではポルシェ924系がある。

さらに キャンバー変化を嫌い固定式リアサスに固執してきたアルファが
ド・ディオン・アクスルにより より積極的なキャンバー変化対策を採ってきたのも特筆事項!

どちらも 戦前のアルファGPマシーン以来の 伝家の宝刀を
量産セダンやGTに使ってきたのだから 恐るべしアルファロメオという会社である。

私は フェッタは運転も助手席も体験したことがないのだが 後継機75ツインスパークの
助手席体験では 笑っちゃうほどにロールするのに粘り強く 乗り心地も最高であった。
ノーマルなのに 鼻先が軽くスーッと入っていく様も 印象的であった。
かなり 実際の重量配分も優れているんだと思う。

d0141173_13171713.jpg

こちらの車は エンブレムとアイアンバンパーから推察するに 初期の1.8だと思われる。
初期型フェチの私には 好ましいスッキリ感。
1.8Lで 122ps 17.0mkgの最高出力とトルクを搾り出し 車輌重量は1,050kg
75ツインスパークなんかより さらに200kgぐらい軽いから さぞや気持ち良いのでしょう。

d0141173_13175644.jpg

ジウジアーロがデザインしたクーペボディは 空力的にも優れているのに
しっかりと後席も座れるGTとしての名に恥じない居住空間を確保している らしい・・

d0141173_13181282.jpg

実車をまじまじと見るまでは 同じジウジアーロ・デザインのいすゞピアッツァに似てるかも?
と思っていたが そこはイタリアン! エッジも効いて迫力も段違い!
ピアッツァは どこか日本的というか中庸というか 丸みを帯びた曲線が多様されていたんだと
作り手の 棲み分けの旨さを感じ入るのでした。
d0141173_13183054.jpg

で タコメータがドライバー正面に配され 他が中央にまとめられているという内装も驚き!
だったのですが ドアの内張りも外され ロールゲージも入り後席もドンガラ。
年季の入ったナルディのステアリングと さらに年季の入ったバケットシートを見るに
クラブ・スフィラータの魂は 今も脈々と生きている!と確信して 嬉しくなったのでした。
つづく・・

by lancista | 2008-06-21 13:59 | Car life & event  

2a Giro di Daisen(アルファロメオ2000ベルリーナ編)

さあ このグリルの車は何でしょう?
d0141173_6385448.jpg


答えは タイトルにも書いてありますが アルファロメオ2000ベルリーナです!
前回お伝えした はるばる関西からお越しいただいた
スクーデリア・ボンバロッサのメンバーの方の車です。
ジーロ・デ・大山が順延になった時 我が家に尋ねてきてくれた白猫#35さんの
1750ベルリーナと よーく比べて見て下さい。
d0141173_6391312.jpg

まず 目玉4灯が小径4つが並んでいるのが2000 クーペよろしく外側が大径なのが1750。
グリルも細い横桟が全面に入っており うち1本メッキが入ってるのが2000
ライトをつなぐ中央にメッキ桟が複数入ってるのが1750 といった風・・言葉では難しいですね。

d0141173_6393378.jpg

ウィンカーの位置や バンパーなどは1750後期と一緒な感じ。
それにしても 微妙なウグイス色というかボディの色が上品ですね。

d0141173_6395511.jpg

リアは テールランプの形状が 1750は横一列に ホワイト>レッド>オレンジと並ぶのに対し
2000は 上にレッド 下にホワイト>オレンジ と二列に並んでいます。
昔の国産車のコロナRT40系にあったような感じですね。
1750の方が 横に長い分 リアが薄く低く感じますが ここらへんは好みでしょう。

d0141173_6401750.jpg

内装も 上品なウッドパネルが全面に張り巡らしてあり
2000の方が面積が多い分ゴージャスな感じ。
内装のシートや内張りの色も 70年代を髣髴とさせるキャメル色で 上品です。

d0141173_6403325.jpg

最後に 1750では2つの大径メーターがダッシュからポコンと飛び出ていましたが
2000では 大き目の四角いメーターナセル内に収められています。
しかしながら ホワイトの文字盤といいレタリングといい かなり凝っててコチラも魅力的!
1750では センターコンソールに2列2個四角く並んでいた補助メーターが
2000では ダッシュセンターに移され 1列に3個並んでいます。こちらもホワイト系。
1個減ったのは 燃料計?がタコメーターの中に組み込まれたからでしょうか?

細かく見てゆくと まだまだ違いはあるのでしょうが 大まかにはこんなとこでしょうか。
やはり 当時のアルファのフラッグシップ! 手抜かりはない豪華さです。
でも これがただ大きくて上品なだけではないとこが 流石アルファロメオ!
白猫#35さんの1750ベルリーナの走りを見て やっぱり走ってナンボと思うのでした。

by lancista | 2008-06-20 07:23 | Car life & event  

2a Giro di Daisen(ツール・ド・大山回想編)

次なる参加車輌の紹介の前に 関西のクラブ「ボンバロッサ」を紹介しとかねばなるまい!
d0141173_2252775.jpg

私もアルファロメオに憧れながら ベレットでお茶を濁して 地元に帰って来た約20年前
神戸のクラブ・スフィラータというクラブが こっちの地元大山まで走りに来ており
ツール・ド・大山」というイベントを大山ロイヤルホテルでやってたのを
2年続けて見に行ったことがある!
第1回のパンフレットに見覚えがある(もしかして持ってる?)ので
正確には「アルファ・フェスタ・イン・大山」なのかも知れないけど・・

クリーム色のベレット1600スポーツ・セダンをシャコタンにして
カンパやクロモを履いて 粋がっていた20歳代前半の頃だから 89年と90年か、91年だ。

大山ロイヤルホテルの駐車場いっぱいに停められたアルファロメオに見入り
ボンネットを開け エンジン掛けてある車の傍に行っては 聞き入っていたっけ!

アルフェッタのドライブシャフトが脱落したのを 皆でその場で直すのをスゲーナーと観てたり
柳原メンテナンスの御大が ジュリエッタ・スパイダーで参加して元気なエンジン音を奏でてたり
F2のおっちゃんまで出展して来てて けっこうなイベントなんだと感心したり
コマ地図ラリーを追いかけて 途中の展望台で観てたら
シムカ・ラリー2のオーナーが 思ったよりオイルを食ってて
トランクに常備してたオイルを分けてあげたり
当時の映像が 次々と蘇る!!

皆の会話を聞いていて 六甲と比べて大山は アスファルトの食いつきがいいよな! とか
ゆっくり走ってる観光のサンデードライバーが少なくて良いとか(人口が少ないだけでは?)
走ることを 本当に楽しんでる様子が伝わって来て 好感を持ったのを覚えている。

その後 大山には来なくなってしまい あれだけのアルファ軍団は 特に関西では
サーキットとかでしか見なくなってたんだけど また主催Sさんのおかげもあって
自然の中を楽しそうに走り回る 車本来の景色が それも地元大山で見れることを嬉しく思う!

その 昔のクラブ・スフィラータのメンバーも居るという スクーデリア・ボンバロッサに
遠からぬ縁を感じ 次回からアルファのつたない知識で紹介していこうと思います。
つづく・・

by lancista | 2008-06-19 23:32 | Car life & event  

2a Giro di Daisen(アルファロメオ2000spider Sr.2編)

それでは 第2回「ジーロ・デ・大山」をスタートする前に 注目車輌を見て行こう!

それと 最初に断っておきますが 私の得意分野は あくまでランチアなので
アルフィスタの皆様や 他のメイクスの方々 間違ってたらゴメンナサイね。

まずは 昨年秋にレストアが上がったばかりという@31さんの愛車
アルファロメオ 2000スパイダー シリーズ2
ボディは 昨年塗りなおしたとかでピカピカの状態。
トランク奥の日焼けしてない元色を探し出すほどの拘りの職人に 塗ってもらったそうだ。
d0141173_22515656.jpg

別にレース専用車輌をお持ちなので あえてノーマル車高のオリジナルで通勤仕様らしい。

d0141173_22522020.jpg

ヘッドライトカバーが装着され いい雰囲気です。

d0141173_22523741.jpg

伸びやかな水平基調のラインが 70年代的と申しましょうか あざといとこがないスッキリ感!
シリーズ2に拘って選ばれたオーナーさんの気持ちがわかる気がします。

d0141173_22525485.jpg

ヴェロヴェロさんの初期型デュエットボディの方がレアなのに 見慣れてるからか
シリーズ2の ストンと切り落としたテールが新鮮で魅力的に写るのは 今回の発見!

d0141173_2253115.jpg

このヘレボーレ?の純正ウッドステアリングに黒内装は 私が20年前にアルファに憧れていた頃
よく内装艶出し材アーマオールの 雑誌宣伝広告で見掛けていたショットに そっくりです。
広告では左ハンドルだったと思いますが @31さんは右ハンドルが好みだそうです。
大径2つのスピードとタコメーターが飛び出した 通称オッパイメーターが素敵!
バイクのメーター配置みたいな直感的レイアウトに
4~5時の位置から駆け上がるメーターの針も粋ですね。

d0141173_22532949.jpg

ドライバーの視線だと こんな感じに写るんでしょうか?
今度来られた時は ぜひ運転させていただきたいものです。

by lancista | 2008-06-17 23:27 | Car life & event