<   2010年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

今年もやります!米子で欧州旧車の置きイベント開催!!

昨年 ひょんなことからイベント幹事役となり 引き受けてしまった大役でしたが
今年も 米子自動車学校様のご厚意により
自動車学校主催の感謝祭の一環として その一角に旧車イベントスペースをお借りし
ユーロ・クラシックカー・ミーティング in 米子2010」を 
開催する運びとなりましたので お知らせします。
d0141173_13184065.jpg
d0141173_1318502.jpg

昨年の 「ユーロ・クラシックカー・ミーティング in 米子2009」でも
山陰という地方のハンディがありながらも 40数台の車が勢揃いしてくれました!
今年も それ以上に集まって 色々な交流の輪が拡がれば良いな と思っております。
詳細は 今年のイベントブログ「ユーロ・クラシックカー・ミーティング in 米子2010」 ↓ を
http://ecmeet2010.exblog.jp/ 参照下さい!

今年も 外周道路(車輌展示)と隣接した芝生スペース(休憩&フリマ可)を
確保しています!

日  時 : 平成22年 4月11日(日)10:00~15:00 (雨天決行)
場  所 : 米子自動車学校
        鳥取県米子市旗ヶ崎2丁目15番1号
        TEL 0859-33-1231
参 加 料 : 無  料
見 学 料 : 無  料

参加資格 : 1990年までに生産された欧州車または同型車(レプリカ等)
         もしくは主催者が認めた車輌
         (詳しくは、イベントブログの参加車輌規程を参照下さい)
         スペースの関係上 先着で締め切らせていただく場合があります。

内  容 : 特にパレードとかも行いませんので、まったりゆっくりお過ごし下さい。
        その日は、同じ自動車学校内で感謝祭が開催中です。
        露天やフリーマーケット、協賛企業の展示、ステージで出し物があります。
        昨年の様子は 昨年のブログに詳しいので ご参照下さい。

イベント自体は雨天決行ですが 貴重な愛車ですので 雨天の場合はキャンセル可です。
d0141173_13144710.jpg

では 山陰の欧州旧車愛好家の皆さん また近県からも イベントへの参加をお待ちしています!
春の訪れを 仲間でお気に入りの車を見てワイワイ騒ぎながら 一緒に共有しましょう!

P.S 今週末の2月28日(日)は、岡山県は「おは御津」へ イベント広報がてら向かう予定です。
    興味のある方は 事前に「おは御津」でお会いしましょう(笑)

by lancista | 2010-02-25 12:50 | Car life & event  

立ち寄り入浴 温泉津温泉!

前回 益田にある素敵な海辺のレストラン「ボンヌママン ノブ」の模様をお伝えしましたが
ランチ14:00までのところを ゆっくりと時間を掛けて食事したため 出発は3時前(笑)
お腹いっぱいなうえ 同乗者は皆爆睡なもんだから(涙)
下道を 少し走ったところで もう眠たくて眠たくて・・

生憎の雨で 道中に 子供が遊べるところも無く 子供に温泉でも入るか!
と 気を紛らすために口走ったのが 始まりと言えば始まり。。。

てなわけで 益田から70kmおよそ1時間半戻ったあたり
我が家のある米子まで あと130kmくらいの地点で 到着した温泉津(ゆのつ)温泉
d0141173_2128164.jpg

ここは・・

More

by lancista | 2010-02-23 19:15 | Travel & Gourmet  

海辺のレストラン 「ボンヌママン ノブ」訪問!

3回に渡って 私の車遍歴~べレット編~へと脱線しましたが
もともとは 益田市にあるグラントワへと 「疾走する-アート-日本車」展を見に行ったのでした。

今回は 家族連れですので 私の趣味に付き合わせた後は 家族サービスです(笑)
d0141173_21583898.jpg

今回目指したのは 少し前に訪れておられた白猫#35さん 推薦のレストラン
海辺に立つ 南欧風の香りたっぷりな 「ボンヌママン ノブ(BONNE-MAMAN NOBU)」!!

ここは・・

More

by lancista | 2010-02-21 12:55 | Travel & Gourmet  

私の車遍歴(3度目の正直?Bellett 1600sports編)

前回 事故で失ったベレG typeR の代わりとして べレット1500DXを手に入れ
反省をしながらも 普通の車には乗りたくない!を貫いていたのであったが
いかんせん 走りの部分では 物足りない日々が続いていた!

そこへ 馴染みの岡山の旧車ショップから 1本の電話!
いつものツーリングの案内かと思ったら 面白そうな私好みの車が入ったそう。
期待に胸膨らませながら 地道を(当時は高速なし)140km走り 着いたそこには
何ともレアな ベレット・ファストバック

こいつのボディは良いんだけど この個体は エンジンがちょっとイマイチなんだ。
何なら そこにある OHVの1600sports(1600スポーツ・セダン)の
エンジンを積み替えたら 丁度良いんじゃない!
あのエンジンは けっこうなショップでOHしてあって かなり気持ち良く吹けるんだ!とのこと・・

エンジンの実力を体験するために 例のGTRで魂を抜かれた(笑)試乗コースで
店長の運転で走らせてもらうと またしてもヤラレタ!それは運転を代わっても同じだった。

運転して分かったのだが GTRが積むDOHCの 後半伸びていく感じは薄い代わりに
OHVは下から軽く吹け上がり さらに単気筒バイクのように 中間のツキが良いのだ!
2500~4000回転なんて 2ストのようにタメがあるDOHCと違い 即グッと車体が前に出る。
車体が 特に鼻先の上側ヘッド部分にカムが無いため 鼻が軽く クイクイと向きを変える!
d0141173_7465663.jpg

なので私には 車体90万円のファストバックにエンジン積み替え30万円で120万円でどう?
との提案より その絶好調エンジン積んだ店頭表示68万円のスポーツの方が気になっていた!
積み替えた後のボディは? と聞くと潰して廃車と言うではないか。
なら エンジン積み替えたと思って30万円で売ってよ!と交渉し 38万円に値切って買った(笑)

お金が無かったのもあるが レア車ゆえ純正を維持する使命を背負わされた
気を使うファストバックより 自由気ままでセオリーの固まってないスポーツ・セダンに
活路を見出したのだ!
何より ベースが安く済むと言う事は チューニングやモディファイにお金が掛けれるのである。
てなわけで 私の所には ファストバックでなく 1968年式スポーツが来ることになった!

色も・・

More

by lancista | 2010-02-18 07:36 | Car life & event  

私の車遍歴(懲りずにべレット?1500DX編)

前回 激動の半年間(笑)で起こった べレットGTRとの出会いと別れをお伝えしたのだが
事故って廃車になっても 顔に大ケガを負っても 何処か諦めきれずに未練がましい自分が居た。

諦めきれずに ダメもとで整備工場へと運んだ事故車から
真っ赤なG161Wのヘッドカバーを 記念に持ち帰ろうとも思ったりしたが
それを飾る自分を想像できず そのままとしたのを覚えている。

当時 若いために高かった 損害保険の車輛保険になど入っているはずもなく
まして旧車の価値も認められる前の時代 全損で残ったのは べレットのローンのみ(涙)
幸いだったのは 実家に戻って来れたので 生活費が余り掛からないということだけ。

少ない費用で 再出発をするべく 各方面を当たっていると 地元でべレット売りたし情報入手!
見に行ってみると それは初めて目にする マルーンと言うよりは日本語が表記がピッタリな
小豆(あずき)色した昭和の香りたっぷりの 1966年式のべレット1500DX! 

スポーティでお洒落でカワイイ感じもあった 真っ赤なべレGと違って 何このオッサン臭いの!
が第一印象ではあったが 逆に 当時の事故を起こした直後の自分には相応しいとも思い
値段も20万円位と安かったので これに乗ることに決めた!
d0141173_82315.jpg

しかし・・

More

by lancista | 2010-02-16 20:20 | Car life & event  

私の車遍歴(いすゞべレットとの出会い!GTR編)

先日行って来た 疾走するアート日本車展 に玉子色のべレットが展示されており
久々に 20歳代に乗っていた 同じ色に塗り替えた いすゞべレットのことを思い出した!

我が家ヒダマリハウスを建ててから 整理してなかった 昔の写真を引っ張り出し
振り返ってみたいと思うので お付き合いいただけると幸いである。
今回は 3台乗り継いだべレットとの最初の出会い べレットGT typeR編をお送りしようと思う。

19歳で中型バイクの免許を取り ヤマハSRX-4>ヤマハSDR>カワサキ90SS
21歳で保険料が下がるのを待って VWビートル(1964年式)に乗っていたが
安月給の身で 親元から離れ岡山市で一人暮らし 当時は1年車検!の旧車にバイクとあって
アパートを新築のコーポに引っ越したのを機に 90SSのバイクだけ残して売払ってしまった。

しかも これからは燃費の良い普通の車(カペラ・ディーゼル中古)で 故障の心配も無く遠出して
遊びに出掛けよう!と考えていたのに これが1ヶ月も経たないうちに忙しい部署へと転勤となり
休日は寝てるのが最高! なんて不健康な日々を送っていた。
d0141173_22463576.jpg


そうなると 夜中の2号線バイパスやブルーハイウェイ 金甲山や鷲羽山を攻めて(ローカルネタ)
数時間でストレス解消!となる 短距離痛快マシーンが欲しくなる。
以前は ビートルがお洒落して繰り出す用 バイクが痛快用と 役割分担明確で良かったのだが
当時(1988年頃)でも旧車だったバイク 90SSでは ちと荷が重い!

バイクの専門誌から入って 車の専門誌も 色々と読み始めていた矢先
アルファロメオ・ジュリア・クーペ なんてどうだろう?との思いが過ぎる!
そう VWビートルに乗っていたら いつかはポルシェ356!と思って買っていた外車の本に
載っていたイタリア車に いつしか惹かれていたのだった。

だが 度重なる修理や維持費に追いかけられる日々からは しばらく遠ざかりたい・・
なら 国産車で多少は安心?でイタリア車の雰囲気を持った 117クーペ・ハンドメイドなんかは?
ウッドのインパネに並んだ7連メーターに NARDIのウッドステアリングで決めて等々
妄想が拡がりつつ 出掛けた国産旧車専門店で この車べレットGTRが待っていた!

そこでは・・

More

by lancista | 2010-02-15 19:51 | Car life & event  

益田グラントワ 疾走する(アート)日本車展 行ってみました!

先日の祝日だった2月11日 天候の悪い中 片道200km!もの距離を走って
島根県益田市にある 島根県立石見美術館 通称「グラントワ」へと行って参りました!

なぜに山陰高速自動車道も1/3しか開通しておらず 下道を片道4時間弱も走って向かったのか?
それは ここで開催されている 「疾走する日本車-アート-」展が 2月14日(日)迄だったから・・

少し前に行かれた 白猫#35さんのブログに触発されて 向かう途中のコンビ二では
トレヴィの主治医 イモッツェのにしやしき夫婦とも遭遇し 一緒に向かいました(笑)
d0141173_253927.jpg

それほど 今回の展示は 今まででは見れない類の車が 揃っていたのです!

まずは・・

More

by lancista | 2010-02-13 02:08 | Car life & event  

マリオ・ベリーニ FIGURA CHAIR (フィグラ チェア)がやって来た!

前回 マリオ・ベリーニ作品写真集にかこつけて 長い前フリでしたが(笑)
ベリーニ全盛期?の 70年代後半~80年代の作品
VITRA(ヴィトラ)社の FIGURA CHAIR(フィグラ チェア) をGETし
我が家ヒダマリハウスにやって来たのは 丁度1ヶ月ほど前!
d0141173_7384099.jpg

定価16万円!とも言われるところ 店頭展示品を格安で手に入れることができ 嬉しい限り!
送料は 2脚で1万円オーバーとそれなりでしたが トータルでも安い買い物でした(笑)

しかも 青と赤と揃っており 私の分と妻の分と 幸い揃えることが出来たのも
ここ1年近く 色々な所でチェックし 待っていた甲斐があったというもの!!

それでは 色々と詳細をチェックしていくことと 致しましょう。
まずは・・

More

by lancista | 2010-02-10 12:58 | Mono Impression  

マリオ・ベリーニ(MARIO BELLINI)洋書写真集GET!

先日 マリオ・ベリーニ設計の東京デザインセンターを訪れたから と言う訳ではないのですが
前々から欲しかった マリオ・ベリーニの作品集=洋書写真集を
某オークションで GETすることが出来ました。
d0141173_872937.jpg

1987年に監修されたこの本 Mario Bellini 「Designer」 は
イタリア出身のデザイナーで 建築・デザイン雑誌「domus/ドムス」の
元編集長としても知られる マリオ・ベリーニのプロダクト作品をまとめた写真集で
総ページ数80ページからなり MoMA(ニューヨーク近代美術館)にも収められている
彼の手掛けたモダン・アートの変遷を追うことが出来ます。

まずは・・

More

by lancista | 2010-02-09 12:58 | Mono Impression  

日曜日は快晴スノボ日和!

昨日の日曜日は 前日のログハウスでの宴会疲れで ゆっくり寝ていたかったのですが
子供と約束した手前 我が家から車で1時間!の奥大山スキー場へと出掛けて来ました!

ゲレンデエクスプレスは トレヴィとはいかないので いつものおじいちゃんプレオを拝借(笑)
d0141173_6431393.jpg

しかし 向かってみれば 天気予報通り ピーカンの天気!
大山南壁も 綺麗に見えていました。

そして・・

More

by lancista | 2010-02-08 06:43 | Snow Board