<   2008年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

Lancia Lunch 2008に向けて(キャブレターOH編)

先月 トレヴィの不具合の懸案事項であったデスビを 大枚はたいて123ignition化を施したが
今ひとつ納得がいっていなかったこともあり 医療で言うところのセカンドオピニオンならぬ
別の整備工場で 別な角度・視点からも 見てもらうことにしました。
d0141173_21475486.jpg

お店は 出雲市と松江市の間の 出雲市よりの斐川町にある「imozze(イモッツェ)」!
自宅隣にある 納屋を改造した風な佇まいの整備工場です。

田舎なので 工場前の空いたビニールハウスの中には
レーサーへの改造を待ってるアルファロメオや 部品取り車輌があったりして のどかな雰囲気。
アルファ仲間では 駆け込み寺よろしく新旧アルファが順番に入庫したりしてます。

d0141173_21481583.jpg

整備士兼ショップオーナー自身も アルファロメオでレース参戦したり
今はおとなしくされてるようですが バイクも趣味で乗られてたりということで
DUCATI(ドゥカティ)が居たりします。

d0141173_2148512.jpg

ということで 長かった私の夏休みの最終日8月19日に持ち込んでみました!

d0141173_21515642.jpg

一緒に試乗してもらったところ 失火現象や回りたがらないのは
デスビもですが 燃料系統か電気系統だろうと。といってもかなり広範囲ですが・・
エンジン本体でなさそうなのが せめてもの救いです。

で ひとつひとつ疑いのある箇所を潰していくしかないと言う結論に・・
で まずは キャブレターを疑ってみます。

整備士のSさんは YANASEでメカニックをやっていて独立したという経歴の持ち主であり
友人らの新旧アルファロメオでも鍛えられているのか トレヴィの4気筒なんて楽な方だよ!
との頼もしいお言葉。164Q4のV6裏側バンクの整備性に比べたら 楽勝なんだそうです・・

d0141173_2153715.jpg

d0141173_21531717.jpg

と言う訳で サクサクッと待ってる間に外して 分解して見せてくれました。
細かいスラッジが多少溜まっていたそうですが 私にはそれがどの程度悪影響を及ぼしてるか
良く分かりません。
でも この程度では あそこまでの不具合にはならないだろうから 次は他を当たってみます
とのことで
カブッたりする症状も見られることから リターンを含めた燃料ホースを疑って
そこの全交換を お願いすることとしました。

この日はこれで時間切れとなったので アルファロメオ145QV(レース仕様)を代車で借りて
家路につきました。次回は代車インプレッションです。つづく・・

by lancista | 2008-08-31 22:35 | LANCIA TREVI VOLUMEX  

Lancia Lunch 2008に向けて(VXエンブレム編)

トレヴィ購入から1年経つ今年は 前々から行きたかったランチア日本最大のイベント
Lancia Lunch(ランチア・ランチ)へと参加すべく照準を絞って来た。

ランチア・クラブ・ジャパンの主催するランチア・ランチは 1990年頃から始まったイベントで
ほとんどが 関東近辺での開催であることから 過去唯一の関西開催となった
1996年の神戸フルーツ・フラワー・パークに 当時プリズマで参加したのが唯一である。

HF4WDでの参加も目論んでいたが 結婚し子供も小さく なかなか数日家を開けるのも難しく
そのうち モディファイが進みスパルタン方向へ傾き 長距離が辛くなっていったのと重なり
ボディの腐食が進み とてもイベントでお披露目するレベルからは遠のいていく・・

で HF4WDをリフレッシュすべく貯めていた虎の子が ひょんなことからトレヴィVX購入へ化け
程度極上ワンオーナーだったので これなら参加しても恥ずかしくないぞ! と決意した昨年。
ただ 未だ未だやり足りないことがあった。

機関系では デスビを中心とした失火現象の不具合解消
それと VXの証である フロントグリルのVXエンブレムの取り付けである!

だが VXエンブレムは どんなに八方手を尽くしても 純正は見つからない。
どうしようかと諦めかけてた5月に Raduno Lancia 西日本へのイベント参加で道が開けた!
ランチアラリーもお持ちのオーナーさんが 本物のVXエンブレムから型を取って
アルミの厚板をレーザーカッティングで切り出して レプリカを作ったことがある と言われるのだ!
さらに その時のルートで聞いてみたげるよ! とのありがたい申し出を断るはずもなく
待つこと数ヶ月 前の加工屋さんが潰れていたり色々あったそうですが 一昨日届きました!
d0141173_11131849.jpg
d0141173_111330100.jpg

見てのとおり なかなかの出来栄えです!
関係各位の方々には この場を借りてお礼申し上げます。
本当に ありがとうございました。

あとは
1) 裏側にグリル取付用のM6mmくらいのボルトを揉んで
2) 面取りをして
3) サイドが本物はつや消し黒らしいのでそれを筆刺しし
4) 表面を鏡面仕上げか 半鏡面となるようコンパウンドで磨き
5) ウレタンクリアーを吹いて
完成でしょうか。
ということで マイ・トレヴィは 着々と完成へと近づきつつあります!

by lancista | 2008-08-31 11:46 | LANCIA TREVI VOLUMEX  

時計修理のいい店発見 森時計店!

私は 煙草を吸わないので 車(バイク)・カメラ・時計が男のアイテムだと思ってるフシがある。

旧車趣味はお金もかかるが ダイレクトな操作感や深い味わいは捨てがたく
これだけは なかなか譲れない!

なので 車趣味を続けるためというか
カメラも本当の王道でなく 1桁万円クラスで納まるクラシックカメラを幾つか所有
ライカやニコンのクラカメにも行きたいが バンバン実用にするには私の身分だと惜しいし
未だ早いと思っているうちに デジタル化の波に押され 未だ所有出来ずにいる。

同様に 時計も車が本物なので 時計まで本物のロレックスとかは未だ早い!
と思ってるうちに デルタなどというその昔は維持費でフェラーリが買える!
とまで言われた車を手に入れ 結婚したりなんぞしてるうちに買いそびれてしまっていた。
実際 デルタは一通り手を入れたら そこまではお金は掛かりません。念のため・・

前フリが長かったが 機械式時計で実用にバンバン使えて なおかつデザインも秀逸で
それでいて1桁万円で手に入り イバリも効くもの! と結婚後に考えて手に入れたのがコレ↓
d0141173_2346511.jpg

10数年前の時計ブーム?のハシリの頃 雑誌「時計Bigin」でこんなのあったらイイナ!
というノリで作ってた 限定3~400本シリーズのINCIPIO(インキピオ)ブランド!
中でも私のは 13作品目だかの ロレックス・エクスプローラⅠ1016タイプに
ちょっとチュードルの部分を混ぜた ゼログラフ!
抽選で当たるはずもなく プレミア付いてたのをオークションで手に入れたのは内緒である・・
ロレックスの本物なら 今では100万円以上はするモデルである。

本物を持ってる人が サブ時計として使えば さらにカッコいいんであろうが
私には コレしかありません。結納返しをマジで時計にしておくんだった(涙)・・

で その7年間使ってたインキピオ・ゼログラフが ベルトのピンが折れたのが お盆明け。
修理しようにも最近は世代交代で 店を閉める時計修理店も多く 馴染みの店は皆廃業・・
有名どころの時計店は どこに聞いてもうちで買った品以外はお取り扱い出来ませんの返事。

d0141173_2347440.jpg

それならば とネットで検索してみると あるではないか同じ市内に時計修理店が!
というわけで 持ち込んでみました 森時計店

d0141173_23472649.jpg

気さくな職人さんと話していると 反対側の折れてないピンも折れる可能性があり
交換しといた方が良いとのこと。が 汗とかのサビで固着しており 数日預かりたいとの申し出。
ついでに 時間の正確度も計ってもらうと マイナス25秒/日であった。
同じ預けるなら せっかくなので おそるおそるオーバーホール代金を聞いてみると
意外にもお安く1万円ジャスト! ロレックスだと3~4万円って聞いたことあるから安いのでは?
買った当初は1週間1分以内の誤差(日差8秒)だったし 7年間ノンオーバーホールで来たので
ついでにOHも頼んで待つこと数日 出来ましたとの電話があり 取りに伺いました。
裏蓋を外した際に ねじれてたパッキンも換えておきました とのこと。
それで水分が入って 文字盤の一部にサビが出ていたんだそうです。キャリパーは無事でした。

d0141173_23483411.jpg

何でも メーカーにOH出しても 銀座とかの専門店にOH出しても 時間がなかなか合わず
この森時計店に出したら 半分以下の値段で 精度が上がった〇〇〇〇とか
色々な方が けっこう駆け込み寺のように修理依頼が来るそうです。

d0141173_23484656.jpg

私の時計も 修理店のオーナーが1日半腕にしていてくれて狂いが5秒だった状態で引き取り
今日で1週間になりますが 狂いが30秒といったとこなので 日差4秒前後でしょうか?

1ヶ月経って 狂いが1分以内(日差2秒以内)ならクロノメーター級だそうですが
さすがにそこまでは無理だったようです。にしても出荷状態の半分しか狂いません。凄いことです!
腕も確かなようで 職人さんの話も あながち嘘ではなく信用できるお店だと思います。

こんな時計駆け込み寺が近所にあったら ネットオークションでも安心して
時計を買ってみたくなりますね。イカンイカン煩悩よ消えろ消えろ・・

というわけで 悩める機械式時計をお持ちの方は 訪ねてみてはいかがでしょう。
山陰でも 身近に色々な名人とか職人さんがいらしゃるもんですね・・

森時計店
電話 : 0859-22-4614
住所 : 鳥取県米子市勝田町329

追記 : 9月7日現在でOHから2週間少し15日経ってますが 時差は52秒ほど進んでます。
     1週間で約30秒でしたから 同じようなペースですね。日差3.5秒とは恐れ入ります!

追記 : 11月22日現在で 約2分25秒遅れです。
      あれから 約3ヶ月経ってますので 1分以内/月 ということになります!
      これは 物凄い精度です。恐るべし!森時計店のオヤジ!!
      最初 進み気味だったのが 遅れてくるのは 気温が寒くなり
      ムーブメント内部のオイルの粘度が硬くなるためではないか とのことでした。納得・・

by lancista | 2008-08-29 01:05 | CraftsMan-Ship  

BIKAI (グルメ編)

夕陽がキレイな カフェレストランBIKAI(美海)ですが
レストランというからには 味も大事です。

息子が寝てしまったので 3人分をオーダーしました。
d0141173_7431867.jpg

私が頼んだのは 正式な名称は忘れましたが トトリコ豚(トン)の冷しゃぶパスタ!

トトリコ豚とは、世界的に有名なスペインの「イベリコ豚」同様に、
日本で初めてどんぐりをエサに混ぜて飼育された鳥取県育ちの豚だそうで
地元淀江町の名産である どんぐりを餌に混ぜて ブランド化してる豚らしいです。
なんというか パスタに埋もれることなく 豚肉に力がありました。全体としても美味かったです!

d0141173_7432974.jpg

妻が頼んだのは これも名前は失念しましたが 大山鶏のマヨネーズあえ丼!

こちらも地元のブランド鶏肉 大山地鶏をこんがり焼いて
マヨネーズと野菜のソースを混ぜて どんぶりとしたもの。
まだ暑い時期でしたが 食が進むというか どんどん食べられる感じでした。

d0141173_7434120.jpg

これは 8月号ラズダにメニュー名が載ってました。鳥取和牛すじ煮込みオムシチューライス!

とろとろの牛すじ煮込みソースが オムライスにかかってて 単品でもすごいのに2度おいしい!
娘が頼んだのですが 余程おいしかったのか 1口しか分けてくれませんでした。
娘は げんこつ屋のお昼のオムライスに続き 大人1人前完食でした!
まだ4歳なんですけど・・

d0141173_7435216.jpg

と味の方も満足して 帰途へつきました。
帰り道も 国道9号線沿いの風力発電の風車に 夕陽が映えて美しかったです!


P.S. などと出発道中でも風力発電のことを書いていたら
     風力発電の製造メーカーの方と ランチア繋がりでつながりました!
     ここ山陰の海岸沿いの現場にも 何回か来られてるそう。世の中狭いですね。
     ブログや車趣味を通じて 色々な輪が拡がってることを実感した次第です。

by lancista | 2008-08-28 08:14 | Travel & Gourmet  

BIKAI (夕陽編)

先日の 鳥取市での家族サービスの帰り道 丁度6時半頃だったので
前々から行ってみたかった レストラン「BIKAI」に行ってみました。
BIKAIの由来は 美海(びかい)だそうで 180度パノラマで拡がる日本海の眺めがウリです。
ここから眺める夕陽が最高! とは聞いていたので 時間帯もバッチリで狙って行きました。
d0141173_7474433.jpg

場所は 米子と赤崎の道の駅の真ん中あたり 国道9号線沿いです。
山陰道バイパスの名和~大山間を使わずに 旧道を使って
手打ちうどん醍醐と同じ日本海側の並びで 米子側300mといったあたりでしょうか。

道路側入り口は何てことのない建物に見えます。 

d0141173_7482490.jpg

子供連れだったので 2階窓際のソファー席へ通されました。
1階なら デッキテラスの席もあるみたいです。
息子が寝てしまってたので そのままソファーへ寝かしたまま 食事をオーダー。

d0141173_7484233.jpg

そうこうするうち 陽も傾きはじめ 島根半島向こうへと沈む前に 最後の輝き!
それにしても ソファーに座っていながら この眺めが観れるなんて最高ですね!

d0141173_7485377.jpg

たまたま 娘が窓際に立っていたので シルエットで写してみたり・・
いつも使ってる リコーGR-Digitalが映ってるので これは携帯内臓カメラの画像ですね。

d0141173_749599.jpg

夕焼けが とってもキレイでした。

次回 レストランなのでグルメ編へと続きます・・

by lancista | 2008-08-27 08:00 | Travel & Gourmet  

鳥取砂丘こどもの国行ってきました。

午前中の恐竜ラボを見たあとは 鳥取に行った際はなるべく寄りたい
わが家風レストラン「げんこつ屋」で 昼食を食べ
私が小学校以来となる 「鳥取砂丘こどもの国」へ行ってみました。
d0141173_22384917.jpg

昔と違って 敷地も隣に移り 中身も充実してそう!

d0141173_2239083.jpg

途中 巨大な遊具の中で 兄妹でつるんで遊んでくれてます。

d0141173_22391164.jpg

園内の一部を周遊する ミニSLにも乗ったり
 
d0141173_2239233.jpg

空中散歩のサイクリングをしたり

d0141173_22393591.jpg

F1カートの電気自動車を運転したり

d0141173_22394839.jpg

最後は 幼児用プールでひとしきり遊んで 帰途につきました。
子供は最後まで元気でした。車に乗るなりバタンキューで寝てましたが・・

by lancista | 2008-08-26 23:04 | Everyday Life  

恐竜ラボ行って来ました!

先々週の日曜日 8月17日ですが 鳥取市にある鳥取県立博物館
企画展 「ようこそ恐竜ラボへ!~化石の謎をときあかす~」 へ行ってみました。
d0141173_2203461.jpg

途中 北条バイパスの風力発電の風車が林立してて とってもキレイでした。
風車は景観を乱す との意見もありますが
私は循環型エコ社会を目指すのが良いと思うので どうしても美しく見えてしまいます。

d0141173_2213861.jpg

順番が違いますが 途中の道の駅で ガレージ前に植えるための
ポーチュラカ@84円を12苗ゲット! したりしながら向かいました。

d0141173_22621100.jpg

中では 子供の背丈ほどもあるアンモナイトが迎えてくれたり

d0141173_2214968.jpg

恐竜の発掘する際の苦労や 復元の過程が 細かく展示・説明されてました。
発掘調査>復元に係った岡山の 林原自然博物館の活動も良くわかるようになってました。

d0141173_222467.jpg

こちらは 鈍重だと思われてた恐竜の骨格を調べたら すばしっこい動物だったという
ことが判明し 復元した肉食恐竜デイノニクスだとか。

d0141173_2221596.jpg

立体復元された 肉食恐竜アロサウルスは大迫力!

d0141173_2222866.jpg

レプリカでない実物化石!の 植物食恐竜コリトサウルスだとか
なかなか見ごたえがありました。

せっかく鳥取まで来たので 午前中は恐竜ラボを堪能して 午後はこどもの国へ向かいました。
つづく・・

by lancista | 2008-08-26 22:30 | Everyday Life  

大山登山(大神山神社~到着編)

大神山神社まで到着したら 後は参道を下るのみです。
d0141173_1434374.jpg

大神山神社は 6月の第1週目の土日に行われる大山夏山開きに
10数年前キャンプした際に たいまつ行列で行ったことがありますが
それはそれは壮観でした。
ほら貝を吹きながら山伏がフル装備で 数十名の僧兵を従え たいまつを持って
神社から山門へ下ってゆく様は とっても荘厳で心が清められる感じがしたものです。

d0141173_14341748.jpg

自然石を並べた参道は 少しでこぼこがありますが 風情もあり 木漏れ日もいい感じ!

d0141173_14343366.jpg

で 大神山神社の参道を下り終わると 今度は大山寺の参道へと移ります。

d0141173_14344811.jpg

こっちは 車で上がることも考えて 整備されたフラットな参道なので 足には助かりますね。

d0141173_1435372.jpg

で 午後2時半過ぎには 大山寺の町並みに到着しました。
下りは大回りの元谷コースだったので 3時間半くらいでしょうか。
そのまま夏山登山道コースなら たぶん2時間半でしょうね。

いつもの橋のそばのお店で休憩し 息子は ご褒美に抹茶ソフトクリームを味わいます。

d0141173_14351579.jpg

私は 大山と言えば 「大山そば」と悩みましたが 今年は名物「大山おこわ」をチョイス!
歩き疲れて とってもへっていたお腹には 普段よりさらに美味しく感じられました。

d0141173_1436218.jpg

食事の後は 橋の隣にこの夏オープンしたばかりの モンベルショップ大山店へ!
今までは 都会に行った際にしか 現物がここまで揃ってるお店は地元になかったので
かなり重宝すると思います。
私も 5人用ムーンライトテントとか 色々と持ってますが
本当に山登りとかする人の現場の知恵から造られた質実剛健な製品ラインナップで
その割にはリーズナブルなので 愛用してます。

d0141173_14361312.jpg

お店の中もオシャレで 十分な品揃えでした。衝動買いには気をつけましょう・・

d0141173_143630100.jpg

駐車場まで戻ったところで記念撮影と思ったら 雨が降ってきて 山頂は見えず。
でも 登山途中には降らなかったので 良しとしましょう。

また 来年以降も続けますので 子供のペースでユックリですが
お盆に日程が合えば 一緒に登りませんか?

by lancista | 2008-08-24 15:11 | Everyday Life  

大山登山(元谷~大神山神社編)

前回のブナ林の真っ只中で休憩したところから 2~300m歩くと 元谷の河原に出ました!
d0141173_20241740.jpg

大山の切り立った北壁が 向こうにそびえています。

d0141173_20243215.jpg

息子は 河原で顔を洗ったり ちょっとした水遊びをしていました。
でも 水を飲んでごらん と促しても飲みませんでした。時代が違うのかな?
まだまだ 教え足りないことが一杯ありますね・・

d0141173_20245032.jpg

サポートしてくれた二人の視界の先には 豪円山のスキー場が見えました!空も青いです。

d0141173_20253746.jpg

河原では 大きなトンボも飛んでいました。鬼ヤンマでしょうか?

d0141173_2027157.jpg

河原を渡ると またちょっと深い森の中を進んでいきますが 傾斜は緩やかでハイキング気分♪

d0141173_20284590.jpg

そうこうするうちに また景色の良い ブナ林と杉林が入り混じった林に出ました。

d0141173_20301091.jpg

杉林といっても 森の主のような大木です。歩いてる人の背の高さと比べてみて下さい。

d0141173_20324475.jpg

そうやって最後まで森林浴を楽しみつつ 大神山神社の裏側に到着!
ここまでくれば あとは石畳の参道で 着いたも同然です。

では 次回で大山登山シリーズは最終回となる予定です。つづく・・

by lancista | 2008-08-23 20:49 | Everyday Life  

大山登山(元谷僧兵コース ブナ林編)

下りは けっこう急な8~6合目を無事過ぎ 6合目で長めの休憩をとり 再び下山開始です。
d0141173_1283481.jpg

昨年は 夏山登山道を往復したのですが 今年は4.5合目付近で分かれて
「元谷>大山寺」コース 通称 元谷僧兵コース へと降りて行きます。
その昔 大山寺で修行を積むための修行僧が 大山山頂へと登った道だそうです。

d0141173_1293421.jpg

谷へ降りるまでは 靴の全長幅も無く 横に足を置いて降りなければならないような
急な階段が続きます。ですが 空気感が違います。神秘的というかなんというか・・

d0141173_1294930.jpg

途中の標識も 行者谷コースと書いてありました。呼び名は色々あるようです。
草木を折ったりしてはイケナイよと教えてくれてます。
家のTVでナウシカ見てるだけでなく 肌で感じる実践が大事ですよね・・

d0141173_12123682.jpg

ひとしきり歩いたとこで 眺めの良い場所で休憩です。
サントリーの奥大山の水でTVでやってたCMばりの 景色の良い場所でした。
ブナ林の大木には苔が生えており 木漏れ日と相まって神秘的な景色でした。
何でもブナ林は 西日本最大規模なんだとか。今まで知りませんでした(汗)・・

d0141173_12134392.jpg
d0141173_12144265.jpg
d0141173_12153243.jpg

たっぷりと 奥深い森で森林浴を堪能して 再び出発です。
次回 元谷編へと続きます・・

by lancista | 2008-08-23 12:33 | Everyday Life