カテゴリ:Eco idea( 9 )

 

さくら色LED照明(シャープDL-C304V)を子供部屋に・・

この4月から 息子が小5&娘が小3へと学年が進み
これまで 一緒な部屋でベッドを2つ並べて寝かせてましたが
兄妹喧嘩も激しくなったので GWを利用して部屋を引っ越し 分けておりました。

ただ 新しく娘の部屋となった照明は 以前のコーポ住まいの時のリビング照明の使い回し。
なので 就寝時の常夜灯が無く 幼い娘は 真っ暗だと不安なようです。 
d0141173_22153432.jpg

そこで 以前使っていた蛍光灯シーリングライトを止めて
新たな照明を求め 本日 電器屋さんへ・・

More

by lancista | 2012-05-13 23:10 | Eco idea  

自由報道協会主催 孫 正義 記者会見!

3・11の東日本大震災以来 仕事も多忙な中 なかなかブログも書けずにいました。

しかし その間 色々なことを考え 色々なことを調べ
色々な思いが交錯しておりました。

震災による津波は 天災による部分が大きいと思いますが
福島第一原発にみられる 初動の遅れや判断ミス 指揮命令系統の混乱 等々
人災の部分が大きいと見られる事象が あまりにも目につき始めました!

・政府&官僚&財界&電力会社&マスメディア等々の癒着
・記者クラブによる メディアの言論統制
・マスメディアに飼いならされた もの言わぬ国民

高度経済成長時には それでも上手くいったかも知れませんが
もう そんな時代ではありません。

手短にツィッターとかではつぶやいて来ましたが ここで一纏めとして
孫さんの壮大でありながら実現可能な 日本の復興成長戦略
そのための国民の意識のあり方
ぜひ ご視聴いただければ と思います。

自由報道協会主催 孫 正義 記者会見!(平成23年4月22日20:00~21:40)


本来 政府が発表してやるべきレベルの話なんだよなぁ。。。

by lancista | 2011-04-23 08:17 | Eco idea  

年末大掃除2009(自然派おそうじ:窓拭き編)

山陰では珍しく天気の良かった一昨日の日曜日 この日を逃してはなるまい!と
我が家ヒダマリハウスの 窓掃除を決行しました。

そう ヒダマリハウスの売りは 視線のトンネルと勝手に命名した
開放感あふれる幅2間(3640mm)&天井高(2400mm)と揃いの窓が
1階の東西南3方向にあるのです。
d0141173_22185289.jpg

そこで 昨年の手順を思い出そうと
昨年購入した「自然派おそうじ 基本と習慣」の本を探し出しますが 本は見つかりましたが
どこに載っていたのか 良く思い出せず(汗)

そんな時 昨年マイブログにアップしたのを思い出すと 懇切丁寧に解説してありました(笑)

またもや・・

More

by lancista | 2009-12-28 22:20 | Eco idea  

クルマナオキ設計キナリハウス(ペレットストーブ編)!

建築家クルマナオキ設計のキナリハウスの見学会は 本日無事終了し
雪の降る悪天候にも関わらず 盛況だったようで
ここ山陰に 彼の設計した住宅が またひとつ増えたと思うと
山陰凱旋初作品となった 我が家ヒダマリハウスの住人としては感慨ひとしおである。

そんな寒い中 わざわざ訪れた人々を虜にしてたのが 自然素材や設計もさることながら
このペレットストーブだったに違いない!
d0141173_22154980.jpg

信州にある 近藤鉄工製作による森のストーブ「もだんろ」は ペレットストーブです!

ペレットストーブとは・・

More

by lancista | 2009-12-20 23:40 | Eco idea  

脱「ひとり勝ち」文明論のススメ!

え~今回も 先々週の3連休初日の土曜日 翌日にサイクリングを控え
体調を取り戻すべく おとなしくせざるを得ない日に読んだ本シリーズ 読破第2段です!

脱「ひとり勝ち」文明論 とは タイトルも面白かったのですが
7月の東京出張の際 ヨドバシカメラ秋葉原店の雑誌売り場に エコ特集コーナーで
ビデオ映像が流されており そのCM映像に目を留めて 手に取った本です。

なので この本も読まれずに 3ヶ月しっかりと寝かされ熟成されておりますです(笑)
d0141173_8183623.jpg

なかでも 興味を持ったのは 以下の2点!
1)電気自動車に対する記述がなかなか深い
2)太陽光発電の可能性と切り口が大胆
といったところ。

まず・・

More

by lancista | 2009-10-22 08:19 | Eco idea  

熱帯夜には 朝までクール!

ここ2・3日は 梅雨による大雨でそれほどでもないのですが
カラ梅雨で 30℃を超える日が続いた1週間ほど前に
昨年導入して大正解だった 冷却ジェルパッド「朝までクール」を
今年も引っ張り出してみました!
d0141173_7152844.jpg

この・・

More

by lancista | 2009-07-01 07:16 | Eco idea  

年末大掃除(自然派おそうじ:窓拭き編)

今年の年末年始は 土日の関係で例年より長い休みなので 大掃除も気合が入ります。
という訳で 昨日は 先日のガーデニングに続き 私の担当である窓拭きを1日かけて行いました。

d0141173_14481884.jpg

例年は ガラスマイペットとかの化学薬品系を使っていたのですが
ガラスに吹きかけた薬品が いつも木製建具に落ちて染みになりそうなのと
木製の窓枠なので 万一かかったり落ちるにしても自然系のものが良いであろうとの判断から
本屋さんで見つけた「自然派おそうじの基本と習慣」 を参考にやってみることにしました!

d0141173_14482771.jpg

まず 準備するもの その1

1)炭酸水
無糖の炭酸水は、水中に溶け込んだ二酸化炭素の働きにより、
ガラス表面の曇りや手垢をスムーズに拭き取る効果があるそうです。
炭酸水は弱酸性。静菌、洗浄作用があるうえ、汚れに染み込み、落としやすくするそうです。

本ではイタリアのサン・ぺルグリノが載ってましたが 飲むわけでないのでサントリーで十分。

2)スプレーボトル
炭酸水を入れてスプレーするもの 100均で購入。

3)スクイージー
窓を拭くワイパー 柄の長いものを使ってましたが 短いものの方が便利と気付き480円で購入。

d0141173_14483581.jpg

準備するもの その2

4)ボロぞうきん
炭酸水で浮かした汚れを スクイージーで拭き取り 1回1回ぞうきんでスクイージーを拭きます。
我が家は窓が多いので 今回 10枚近く使いました。

5)新聞紙
スクイージーで拭き取っても 微妙に水分は残っているもの。
そこを昔ながらのやり方で 新聞紙で水分を拭き取りながら
インク成分で油膜を作り汚れ防止効果も見込める おばあちゃんの知恵袋的ワザ。
ちなみに 本では スクイージーで拭き取ったあと もう1度スプレーし
キレイなタオルで乾拭きするとありました。

6)脚立
必要に応じて用意すべし。

d0141173_14485692.jpg

いよいよ作業開始です!
まず 炭酸水をタップリと垂れない程度にスプレーします。
我が家では サントリー350ml105円のビンを 3本使用しました。
サン・ペルグリノだと1000円オーバーですね(汗)
気泡が抜けても効果は一緒だそうです。

d0141173_1449229.jpg

次に スクイージーで 上から下へと汚れを落とします。
室内側は垂れるのがイヤなので 横に拭き取りました。アルミサッシなら気にしなくてもOK?

d0141173_1449982.jpg

で 1回1回スクイージーに付いた汚れを ボロ雑巾で拭き取るのがコツだそうです。

d0141173_1449262.jpg

化学薬品でないので 子供にも手伝わさせやすいですね。
興味を持って 外に出てきたので 窓の下半分を スクイージーで拭き取らせます。

d0141173_14493354.jpg

その後 新聞紙で拭き取り 残った水分と汚れを完全に除去!
汚れがヒドイ部分は また炭酸水をスプレーするか ハァ~ッと息を吹きかけ ゴシゴシします!
まさに ガラス磨きとは良く言ったもので 拭くというより磨くという表現がピッタリです。
1階にある2間幅の高さ2400mm大開口が 東西南面の表裏で 都合6面
リビングから見えるガレージの窓の表裏で 都合4面
で 昨日延べ7時間はかかったでしょうか(涙)
おかげで 今日は腕や肩がパンパンです。

d0141173_14494252.jpg

でも 頑張った甲斐があって ガレージのトレヴィもリビングから美しく見えるようになりました!

d0141173_14494928.jpg

奥の庭のシャラも 東面のビューウィンドウからスッキリと見えるようになりました!

今回 初めて自然派おそうじを実践してみましたが なかなか良かったです。
化学薬品に頼らねばならないほどの汚れは 本来は ほんの一部でしか無いように思います。

そこを従来 安易に既製品を買ってきて使っていましたが せっかくなら用途と効能を理解して
原点である構成成分そのものを使い分け その汚れに応じた濃度で 色々と試していけたら
エコでもあり 自然素材で構成された我が家ヒダマリハウスにも 優しいメンテナンスと
なるのではないでしょうか。

というわけで まだ本の一部しか実践してませんが 重曹や酢(クエン酸)を使った掃除方法など
興味深い内容がまだまだ盛り沢山です。
また折を見て実践したら 報告していきたいと思います。

by lancista | 2008-12-30 15:40 | Eco idea  

熱帯夜でもクーラーなしで快適安眠(朝までクール!冷却ジェルパッド)

第2回ジーロ・デ・大山の車輌紹介に戻れない日々が続いているが
またまた 昨晩スバラシイ物との出会いが在ったので 報告しておこう!
d0141173_75369.jpg

その名は 朝までクール!冷却ジェルパッド という名は体を表しそのまんま!
うちは セシールの通販で(妻が見つけて)買ったのですが
楽天なら20%オフとは 後で知ったのでした(涙)・・

d0141173_754693.jpg

しくみは 熱さまシートとか 熱ピタ といったおでこに貼るとひんやりする
熱容量が多く 熱交換に優れた特殊な水(ジェル)を 多量に含んでおり
そいつが シーツの下に敷いた このマットで体温を奪い
その熱を身体が触れてない部分から放熱するという仕組み!

車で言えば ビリオンのクーラントとかRED LINEのウォーターウェッティ
みたいな 高性能クーラントみたいなもんか?

d0141173_75532.jpg

余りの効果に 冷たいと感じても意志表示や身体を動かせない 乳幼児や高齢者禁止!
とまで謳ってあるので 期待は高まります。

で 昨晩寝てみました!
それはそれは 快適至極!
もともとは 未だクーラーの設置してない子供部屋の子供達のために 買ったのですが
余りの効果に 子供の大きさなら 横に敷けば1枚で2人寝れるんじゃない?
との提案に 1枚を我々の寝室へと奪うありさま!

寝た瞬間から冷えており 明け方には少し効果が緩むのも
外気温が冷え込む時間帯と反対になるので 丁度良いでしょう!

子供も寝汗もかかず とっても快適そうでした。
おじいちゃんにも買ってあげようかと 今朝 妻と話したところです。

これでまた クーラーの使用日数・時間削減に貢献してくれるでしょう。
洞爺湖サミットにおける 政府のふがいなさとは対照的に
一市民は 生活防衛(光熱費削減)のためもあって 頑張っておりますよ!

by lancista | 2008-07-11 08:14 | Eco idea  

とっても便利な生ゴミ処理機(イズミクリーン)

d0141173_11523179.jpg

今日は 我が家(ヒダマリハウス)の新築時から導入し とっても助かっている
生ゴミ処理機 「イズミクリーン」のことに触れておこう。

私たちが住んでいる地域の 週2回の収集日では 以前のコーポでもゴミがあふれ出し
生ゴミ処理機を導入してなかったので 特に夏は臭いに悩まされており
最初は 普通に電気屋さんで売っている 数万円の生ゴミ処理機を導入しようと考えていた。
d0141173_11525635.jpg
しかし いざ探し出すと 意外と無いのだ!
キッチンのシンク下のスペースに収まる高さで
なおかつ20L以上というような大容量のものが・・
あと 蓋を開け閉めする際には
以前入れた生ゴミが 完全に分解しきれておらず
夏場とかは かなり臭いもするらしい。
d0141173_1153134.jpg
また 調べていくと 魚や鳥の骨や
貝殻や種は不可とか 制約が多すぎる。
食べ残しを分別するのも面倒である。

そんな中 妻が電気屋さんでデモをやってるのに遭遇。
慌てて呼び出され 一緒に体験したのが
この「イズミ クリーン」生ごみ処理機!
d0141173_11533176.jpg
普段 シンクの排水溝に 水は流れる隙間はあるが 
ゴミは流れない蓋がしてある。(上の画像)
その蓋を持ち上げて 水と一緒にゴミを投入!(真ん中画像)
何がスゴイかって 外国でよくあるカッターでなく
遠心力を利用し スリコギのようにハンマーで
生ゴミを細かく砕くのだ!なので 刃こぼれしないので 
牡蠣の殻 サザエの殻や卵の殻 スペアリブの太い骨まで
何でも投入し 蓋に付いてる矢印を左へ捻ると 粉砕開始!(下の画像)
蓋がスイッチなので 手を入れてて回転は起こらないのも安心!
d0141173_11535174.jpg
これは優れものだ!
ということで 導入に踏み切った!
幸いキッチンは 広島の松岡製作所
フルオーダーだったので 入るようにレイアウト。
さらに良いことに 
我が家の設計者であるクルマナオキ君の
親戚筋の関連会社である
フジコン」さんが地区代理店だったので
安く提供してもらえたのも大きい。
d0141173_11541219.jpg
で 生ゴミと排水は シンク下の
ディスポーザーで 細かく砕かれたあと
遠心分離機のようなもので
水と固形物に分けられ
固形物は 水分を除かれてから
でかい箱のような生ゴミ処理機へ

こちらでは 生分解を活性化するように
適温に保たれ 時々撹拌される。
d0141173_1154313.jpg
d0141173_11544924.jpg
で 出来た生ゴミは 開けても臭いもせず
パサパサに乾燥された状態なので
手で普通に触れる感じ・・

我が家の(今んとこ)4人家族だと
2ヶ月でも未だ一杯にならず
3ヶ月に1回 庭に肥料として埋める程度!

ゴミ有料化の動きと合わせて
我が家ではゴミの量が1/2か1/3にまで圧縮され
ゴミ袋代金の節約にもなっているが
それ以上に 手間いらず!臭い知らず!
なのでした。
もう これ無しの生活には戻れそうもないですね・・

by lancista | 2008-03-01 12:44 | Eco idea