カテゴリ:LANCIA DELTA HF4WD( 20 )

 

中四国デルタオフ「山陰・蟹カニ・ツーリング」開催します!

ものすご~く久々のブログ更新となりました。

今年 中四国デルタオフの幹事役を引き受けておりまして
11月25日(日)に
「山陰・蟹カニ・ツーリング」を行います!

3年前は 「讃岐うどん食い倒れツーリング」
2年前は 「しまなみ海道 蛸食い倒れツーリング」
昨年は  「岡山 日生(ひなせ)の牡蠣食い倒れツーリング」
と続いてる 食い倒れツーリングなので 山陰となれば 蟹しか思いつきませんでした!
d0141173_0191100.jpg

私が 3年前にデルタHF4WDを降りた年に 全国デルタオフがあり
その縁で 「讃岐うどん食い倒れツーリング」に トレヴィで参加しました。

上の画像がその時の様子ですが ランチアオーナーでしたら
車はデルタで無くても という緩~い集まりになると思います。

詳細なスケジュールは・・・

More

by lancista | 2012-11-08 00:56 | LANCIA DELTA HF4WD  

Single Espresso?

実は もう1ヶ月が経とうとしているのですが
気持ちの整理が付かず なかなか書けないことがありました!

仕事も 年度末に向けて多忙を極めていたこともあり
私生活では 裏番組である 「ユーロ・クラシックカー・ミーティング in 米子」の
参加者募集や参加車輌のブログアップに忙しくて というのもありましたが
そちらも お蔭をもちまして 現在35台程の参加希望があり 幹事役としてホッとしております。

それらも ボチボチ落ち着いて参りましたので 書こうと思います。
d0141173_4461031.jpg

と言うのも 長年連れ添った愛車 ランチア・デルタ・HF4WDを降りました!
正式には 車のナンバーを切って廃車にした というのが正しいかな?

希望ナンバー制度が始まる前の 5ナンバー部分が3桁になる前の時代
偶然にも ひらがなはランチアの「ら」 数字はナローデルタの ナロー「76-**」!
嬉しかったのを 今でも覚えています。

実は・・ 

More

by lancista | 2009-03-20 05:54 | LANCIA DELTA HF4WD  

冬支度

先週末の日曜日 朝から 例年より少し早い 愛車デルタHF4WDのタイヤ交換へと
近所の某国産ディーラーへ出向きました。
d0141173_1315782.jpg

ジャッキで上げて というのを最近は横着して ちょっと場所を間借りしてやってます(笑)

久々に眺める下回り 排気系は
KER製70パイの フロントパイプ>メタル触媒>メインパイプ をマフラー接続手前で60パイへ
中古で3万円で手に入れた クイックトレーディング製2本出しステンレスマフラーへと接続
当時 新品で18万円もしただけあって ステンレスウールが入ってるとかで
音も大きくなく かなり作りの良いマフラーで お気に入りです。
欲を言えばカッターを 純正風に斜めにカットしたいですね。

リアのロアーバーは これも中古で手に入れたストリートライフ製だったかな?
OMPやらスパルコを買って マフラー形状と合わず やっと取り付けれた試行錯誤の品・・

そこへ ブッシュ類を 純正からパワーフレックス製へ交換の際に
外したリンク類を 純正のコの字断面を 当て板溶接で補強を施し ロの字へ変更!

さらに リアのスタビライザーは 親戚の板金屋のオヤジさんに頼んで
元の太さの8割ほどの太さのバネ鋼を電気溶接し ダブルスタビへと強化!
HF4WD用より1~2mm太い16V用も持ってますが これは8V用を加工したはず。
HF4WD用なんて市場には無いので ワンオフです。当然フロントスタビも同じく加工済み!

といいながらも ロアーバーにはうっすら表面に錆があったのは内緒です(汗)。
足車なので 塩カル撒いた雪道も ものともせず使ってますので ある程度致し方ないのかも。

d0141173_1321059.jpg

という訳で 他の車の邪魔にならない朝一番で交換を済ませ 家に帰り着きました。
今回は 昨年手に入れた 純正14インチにスタッドレスです。
オマケで手に入れたので ホイールは磨くのも忘れてて スタッドレスもいつのか不明ですが
4駆なので 過去の経験から そこそこ大丈夫でしょう。

d0141173_1322424.jpg

d0141173_1323347.jpg

しかし スピードラインモンテカルロ(フロント7Jか6.5J、リア7.5Jか7J)を履いたの
目が慣れてると かなり純正5.5Jのホイールは 奥に入ってますね!

d0141173_1324487.jpg

車高も 太いホイールだと違和感を感じませんでしたが 純正ホイールだと
かなり落ちてるのが 今さらながら分かります(汗)。

ストリートライフが作らせたビルシュタインの車高調整を これも中古で手に入れ
もとから装着してあったバネを 上部が巻き間隔が詰まってるのを スイフトの直巻きに変えて
これでも 少しは車高を上げてあるのですが まだ低いですね。
ヘルパーでも入れてみようかと思いながら 早や2年が経っています。

私のスピードラインモンテカルロは グラベル仕様なのか あまりのホイールの厚みに
純正ボルトの首下40mmだと ハブに先端がかからない程 厚かったので
100mmのスタッドを立てて 35mmの貫通ナットで フロント6mm リア5mmスペーサーで
やっとスタッドの先端と ナットの先端が同じくらいに揃うほどなのですが
純正ホイールだと チキチキバンバン猛レースの車みたいに スタッドボルトが飛び出てます。

d0141173_1325236.jpg

ピントが手前の樹にあっててボケてますが やっぱ かなり奥にホイールが引っ込んでますね。
でも 運転したらハンドルがかなり軽かったので 純正は純正の良さがあると思います。

HF4WDって こんなに軽快だったんだと思い直した
久々の純正サイズ(スタッドレスですが)装着レポート&過去のモディファイ紹介でした。

by lancista | 2008-12-03 02:34 | LANCIA DELTA HF4WD  

地味な作業!?(ランチアデルタHF4WD)

昨晩 昨年来たばかりの新人でありながら ガレージの主となってしまった
ランチアトレビVXに変わって 10年選手であるデルタHF4WDが 久々にガレージに収まった。
d0141173_22372987.jpg

そこまでは良かったのだが 本日今朝方通勤に使って 鍵を閉めようとするも かからない!
時間も無いので 貴重品をカバンに納め そのまま仕事。
帰宅前にも確認したが やっぱり運転席のロックが降りない!

d0141173_22375644.jpg

つい先日の ジーロ・デ・大山前に ウィンドウが下まで下がりきると上がらないという症状
対策と称して コードを巻きつけ 下まで下がりきる手前でストッパーとした作業に続き
またしても ドア内張りを外すことに。
5分もあれば外せるほど 慣れてきたとは言え 何だかなぁ・・

d0141173_2238576.jpg

で ドアロックで上下してるアクチュエーターに刺さってるシャフトのゴムブーツをめくり
グリススプレーを一吹き!!
数回 ロックを上下させてみると スムーズな動きを取り戻したのでした。
また 内張りを元通りに戻して終了!

所要時間 20分少々といったとこの軽作業でしたが 走りに関係ない部分で
しかも現状復帰するだけだと 正直ヤル気が沸いてきませんね(笑)。

気持ちが離れてしまってるからか ビシッと手を掛けないからか
10年間の露天駐車がたたり あちこちガタが来てるのを 日増しに感じております。

折りしも Studio Rosso さんから たまには自ら手を汚しなさいとコメントが入ったように
初心に帰れということなんでしょうか? でも タイミング良過ぎですね。。。

by lancista | 2008-07-09 23:00 | LANCIA DELTA HF4WD  

あわや大炎上!(ランチアデルタHF4WD)

またまた 第2回ジーロ・デ・大山の車輌紹介の途中ですが
昨日 愛車であるデルタHF4WDに 燃料漏れが見つかり あわや大炎上!
というのは大げさですが 気が付かずにいたら それこそ大惨事ともならない事態!
だったので 緊急修理の模様をお伝えします。

それは 水曜日のこと
通勤にも使ってるデルタですので 日々の状況は知ってるつもりですが 何かガソリン臭い!
で夕方 ガソリンスタンドで給油ついでにエンジンルームを見てもらうも 良くわからない。

お次は リアシートの座り方が悪いと シート下の燃料ポンプ取り出し口が 良く折れる
という箇所を確認するも 私のはエンジン構うついでにスバルインプレッサWRXスペックCの
燃料ポンプに交換(ちなみに突出量は165L/分 ノーマルは130L/分)した際に 
ノーマルの樹脂製から対策品であるオートスポーツイワセの真鍮製へ交換済み!
なので ここもセーフ。暗くなって来たので 水曜日はここまで・・

d0141173_9374649.jpg

木曜日 早めに帰宅し 燃料フィルター取り付け口を確認!
ここは純正のフィルターだと 6角ボルトで止まってて パッキンが必要になるので
ここもスバル純正レガシィ用フィルターに交換し でホースを差し込むだけのものに交換済み。
だけど フィルターに差し込む部分が裂けてくるため
その都度裂けた部分を切って短くし 凌いでいたのだった。
そこを確認すると 漏れている! さらに短くなっていたたため これ以上は切るの無理!
しかしもう19:00を回り お店も閉まってるので明日へ持ち越し。。。

で 金曜日の昨日 白猫#35さんのアドバイスもあり 定時でダッシュし仕事帰りに
部品商で調達したのが コチラの品

d0141173_9363918.jpg

内径8mm燃料ホース3m!(m700円だったから約2千円)
どこから漏れてるか確証がないので 長めに購入。

しかし 自分ひとりで交換するのも自信が無いが 主治医である山陰スバルは60km先。
そこまで走って行くこと自体 危ない危ない。
困ったので 親戚でもある板金屋さんである「金山ボディ」へ電話すると
とりあえず来てみな! とのありがたいお言葉にお店へと急ぐ。。。

診断してもらうも何も やっぱりホースが裂けてにじみ出ているけど 室内に入ってる側なので
そこから交換すると預かって数日いるよ! とのことでエンジンルーム途中で繋ぐことに決定!

余談だけど デルタの燃料パイプは室内サイドシル横のカーペット下を通っている!
国産では車外をパイプが走ってて ありえない構造!なのだが ラリーカーベースだから?
なのか どうかは判然としない。
トレヴィは床下遮音のためバラシた際には 燃料系は無かったので デルタだけかも・・
ラリーで床下ヒットしてリタイアしたら洒落にならんもんね。恐るべしイタリア人。

d0141173_937246.jpg

という訳で 途中ぶった切り繋ぎ延長という方針が決まったので
外す作業をしてもらってる間に 私はホームセンターへ買出し!
うちは自動車修理工場じゃなくて 板金屋だけん そういったモノは置いてないんだ とのこと。

エアーホース用の内径7mmと9mm(どちらを使うか分からないので)のストレートジョイントと
締め付け用ベルトの 小径用と中径用(どちらを使うか分からないので)を購入。
しめて 1千円強也。
画像に写ってるのは 使わなかった方です。
作業途中は恐れ多いやら 申し訳ないやら それどころじゃなくて 写し忘れてました。 

d0141173_9371883.jpg

ということで フェンダー上部の奥底に眠るつながれた燃料ホースのアップ!

d0141173_9373429.jpg

もうちょっと上から見た燃料ホースの繋いだ部分と 燃料フィルターへ入る部分。

というわけで 大炎上は免れ 無事帰宅したのが昨夜20:00頃
金山ボディさん 急な申し出にもかかわらず 対処いただきありがとうございました。
今回の勉強代 数千円で済んだのは 皆さんのアドバイス・人脈のおかげです。
古い車に乗ってる皆さんも気を付けましょう。
もっと古くて金属パイプばかりでジョイントにちょっとホース位だと安心なんですけどね・・

by lancista | 2008-06-28 10:23 | LANCIA DELTA HF4WD  

明日に備えて(ランチアデルタHF4WD)

明日に順延となった ジーロ・デ・大山に備え 
昨日応急措置で済ましていた ワークス・アンダーガードを取り外す!
d0141173_1341832.jpg

作業自体は 残りの留まってる2ヶ所を外すだけで 20~30分もあれば終了。
ただし 潜って変な格好でラチェットを回してると左腕がピリピリ!
首を変な格好に折り曲げると 電気が走る感じ。リハビリ頑張らんといかんなぁ・・

d0141173_13412610.jpg

で こちらが外したアンダーガード! 前のオーナーがフロントパイプに干渉するとかで
ぶった切ってあるが 本来は左右対称らしい・・
しかし これが厚くて重たいのだ ホイール1本より重く&タイヤより軽いから10kg強かも・・
カーボンボンネット奢らなくても 外せば同じ効果はあるかも。
まぁ ワークスで本当のグラベル行くには これぐらい頑丈じゃないと駄目なのかも。

d0141173_1341429.jpg

続いて 昨日のパニック時にやってはいけないことをやってしまっていた!
運転席の窓を一番下まで下げると ギヤが欠けていて 持ち上がらないのだったが
昨日 慌てて一番下まで下げていたのだった。

で ガレージに車を移し ドア内張りを外す。もう数回行っているので慣れたもの。

d0141173_13415942.jpg

せっかく外したので もう2度と起こらないように スライドレールの下部にストッパーを取付!
といっても スピーカーコードをスライドシャフト下部に5~6回巻き付けて止めてみる。
パワーウィンドゥを上げ下げしてみたが ちゃんと一番下に行く手前で止まってくれる!

d0141173_13421631.jpg

というわけで 明日に備えての小修理は終えたのでした。
ガラスが1/4くらい残ってしまうのは ご愛嬌・・

では これからオイル交換と洗車に行って来ます!

by lancista | 2008-06-14 13:56 | LANCIA DELTA HF4WD  

アンダーガード脱落!(ランチアデルタHF4WD)

d0141173_7573481.jpg

私の愛車である ランチアデルタHF4WDには 自慢のアイテムが2つある!
ひとつは 以前紹介した ワークスのスピードライン・モンテカルロ・ホイール
本物のマグネシウム製なので いつ割れるかもしれずヒヤヒヤものであるが 自慢の1品。

で もうひとつが これもワークスのカーボンケプラーで作られたアンダーガード!

d0141173_82919.jpg

この マルティーニ・ワークスでも装着されている 先端が黒くカーボン付きのもの!
私のもステッカーでも貼れば完璧なのだが ボディもHF4WDオリジナル2本ストライプなので
あえてそのまま・・

d0141173_7494285.jpg

ところが 先週から首吊り牽引に通い始めてる整形外科に 早めの昼休みをもらって
開業医まで あと100mというとこで 道路の段差を乗り越えた際に ガランガラン!
と異音発生!!
プロペラシャフトでも落ちたか!? と思ったものの クラッチをつなぐと前には進む。
左の路肩に寄せた右側に 銀行の駐車場があったので 緊急避難!
慌てて外に飛び出し 車体下を覗くと アンダーガードが傾いて路面と摺っていたとさ・・(涙)

d0141173_750197.jpg
d0141173_7502818.jpg

冷静に考えて 午前中の診療時間ギリギリに整形外科に飛び込み
首吊り牽引の10分間 どうしようかと思案する。
注射されながらや待合室でも考えたが 工具を積んでない!
全て 入手初期で トラブル発生率の高いもう1台の愛車トレヴィへ積んでるんだった!

いつもメンテナンスしてもらってる 山陰スバルは60km離れてるし
こんな些細なトラブルで 呼ぶのも気が引ける。
丁度 昼休みなので救援を呼ぼうと車友達に連絡するも 車載工具は貧弱とのこと。
ただ ヒントをもらった。金具を全部外してしまうのでなく 紐か針金でくくって動かせば?
名案である!!

d0141173_7505088.jpg

というわけで 500m先のスーパーへ歩いて行って PPロープとハサミを購入!
しめて600円也。
で 紐で折れたステーとシャシーのメンバー穴へと結ぶ!不安なので4本拠りとしておいた。
d0141173_751950.jpg

それでも念のためと思い もう1ヶ所も連結しておく。
無事 自走で4kmほど離れた自宅へと戻り 何事も無かったかのように父の軽と交換して
急いで職場へと向かったのでした。隠居してる父と同居しといて良かったと思う瞬間です。
車も先日 新しいのに替えておいたしね・

今日 外してしまって 明日のジーロ・デ・大山はアンダーガード無しで行きます!
1月のヴェロヴェロさんのマフラー落ちを笑えない 私なのでありました・・

by lancista | 2008-06-14 08:33 | LANCIA DELTA HF4WD  

プロモデラー Studio Rosso さん工房訪問記(後編)

前回に続き Studio Rosso さんの工房訪問記です。
もう 言葉で説明するより 画像をクリックして 詳細を眺めていただければ と思います。
が アップ画像の方が 1/43の実物模型より大きいことだけ お忘れなく(笑)!
下から2枚の横からのブログ画像で ほぼ原寸くらいでしょうか。
d0141173_87716.jpg
d0141173_812260.jpg
d0141173_8122096.jpg
d0141173_812379.jpg

他の作品と平行しての製作とはいえ 約2ヶ月少しかかられたようです。
もっとキチンとした画像は Studio Rossoさんのギャラリーでお楽しみ下さい。
とっても 貴重なものを見せていただき Studio Rossoさん ありがとうございました。
いつの日か 私からの製作依頼が来るのを 心待ちにしておいて下さいね。

by lancista | 2008-04-28 08:12 | LANCIA DELTA HF4WD  

プロモデラー Studio Rosso さん工房訪問記(前編)

前回お伝えしたとおり ポンテペルレ追っかけが コース変更に伴い
我々が待機してた場所には訪れてもらえず ちょっと物足りない感じで終わっていた。

だからお口直しに という訳でもないのだが 早く終わったのもあり
隣町に住んでいながら なかなか訪れることが出来ないでいた
Studio Rossoさんの工房(といっても自宅の一室)を 訪れることが出来た。

実際は Studio Rossoさんは高速で一足先に帰られ
私は解散まで 山道をもうひとっ走りしたので 走りに関しては もう満腹でした。

今回 訪れたのには 一方ならぬ事情があって LANCIA DELTA を製作しておられた!
いつもなら Studio Rossoさんは メールや電話でなく 真に喜ぶ顔を見たいがために
完成後に依頼主まで 直接お届けにあがって 直に手渡しされるのだが
先方の都合もあり 今回は未だ手元にあったのだ。
依頼主さんからも ブログアップしていいよ!との快い承諾もいただいたので
改めて 紹介させていただきます。画像の上でクリックすると拡大します。
d0141173_822867.jpg
d0141173_825855.jpg
d0141173_832340.jpg

ディテールや進行状況を Studio RossoさんのHPで 逐一追いかけていたので
知ってるつもりになっていたのだが 今回実物を前に改めて驚かされたのは その小ささ!

HPだと比べるものが写ってないので アップ画像を見てると
ここはああだったらとか ここもあーして などと門外漢にもかかわらず思ってしまいがち。
しかし 1/43というのは 全長4.3mの実車で10cm 今回ので9cmほどしかない!
全て タバコの箱の大きさ位が台座の大きさ! の中での出来事なのです!
取り外しの可能なライトポッドなんか 4連でゼムクリップの内側の輪よりも小さいのだ!
そのライトの奥行き間を表現するのさえ 拘って製作されるWさん 尊敬を通り越しました。
d0141173_8341100.jpg
d0141173_84267.jpg

他にも 色々とキットの不十分な点を改善しておられますが
それでもコスト=かけれる時間 から見切ったとこもあるとか・・
しかし なかなかどうして デルタのマッシブさを上手に表現しておられます。
あと アップにしても破綻しないほど 魂は細部に宿る! を実践しておられます。

では 画像がいっぱいなので 後編に続きます・・

by lancista | 2008-04-28 08:09 | LANCIA DELTA HF4WD  

デルタのバッテリー交換& Cell Exert Module 装着

先日 トレヴィで近所に出かけた際にトラブったので 根本的に原因解決するまでは
少し 乗るのを控えようと思う。
というわけで 通勤は 自転車で頑張っていた。

しかし 雨が降った日に デルタで行こうと思ったら バッテリーが上がってしまっていた。
1月頃にも その症状があり
その時は 部品取りから外したバッテリーに付け替えて 事なきを得た。
しかし 3月には そのバッテリーも音を上げ ガソリンスタンドで充電してもらって
ごまかしていたのだが ついにご臨終のようだ。
d0141173_7564190.jpg

というわけで バスケスのバッテリーをネットで購入。
ユアサバッテリーの輸出用なので 性能も折り紙つき。
さらに午後3時までに頼んだら 当日発送で翌日到着なのだ。助かります。
以前のも 5年くらい使えたので 大丈夫でしょう。古いバッテリーさん お疲れ様でした。
しかし 部品取りも同じ バスケス製とは 意外と輸入車オーナーには浸透してるのかも・・
しかし 原油高騰とか貴金属高騰のあおりを受けて 値上がりしてたのにはビックリ!
5年前は 1万円少々だったのが 今回は14,700円。
密閉式になったり 高級感は増しているのですが 30~40%の値上がりは痛いです。
d0141173_7565969.jpg

ささっと 付け替えてみるついでに
先日 トレヴィに取り付けて調子も良くなった Cell Exert Module をこちらにも装着。
セール期間中だったので 2個買っておいたのだ!
3月末までということで焦って買ったのに 再延長でセール継続だそうな。
なんだかなぁ という気がしないでもないが まだ買ってない人には朗報でしょう。 
こちらは 普通車用 903H セール価格で約1諭吉也を装着。
先日のトレヴィは オーディオに凝っていることもあり
高性能車用 1203H 約1.5諭吉を奢ってやった。
d0141173_7571653.jpg

それにしても 小さいのに性能はバッチリ!
今度はインジェクションなので よけい効果が現れるかも?
d0141173_7573433.jpg

などと 長男の自主登校1日目を見送ったあとの 慌しい昨日早朝の出来事でした・・

by lancista | 2008-04-10 08:10 | LANCIA DELTA HF4WD