カテゴリ:Garage Life( 4 )

 

ガレージ探訪(S&Jr.ZAGATOさん秘密基地編)

木曜日の午後と金曜日の終日 かなり濃~い内容の出張業務も終わり 仕事も充実したとこで
金曜日夜は 地元出身で東京で活躍してる後輩の家族と食事を共にし
美味い食事と お酒と 話に花が咲きました。

そんな 怒涛のような2日間の翌日 土曜日に待ち受けていたのは
出張ついで?と言うには余りに濃い S&Jr.ZAGATOさんのガレージ&主治医訪問の旅でした! 

天候が良ければ もっと色々なプランを予定しておられたらしいのですが 生憎の雨。
そんな中 足車であるランチア・ムーザで迎えに来ていただき 向かった先は氏のガレージ!
d0141173_2328523.jpg

そこは ガレージと呼ぶには・・

More

by lancista | 2009-04-26 23:31 | Garage Life  

理想の眺め!理想のガレージ!?

昨日行われた 第5回 米子自動車学校感謝祭を舞台とした
ユーロ・クラシックカー・ミーティング in 米子」も
天候にも恵まれ とってもいい形で開催でき 無事終了することができました。
何でも 5000人以上!の人が訪れたとか。
車イベントは一番奥だったので その方々の何割か分かりませんが
けっこう沢山の人に見て頂きました。

詳しくはイベントブログ内イベント風景で おいおい またその模様を伝えて行くとして
このブログでは まとめ役としての私の主観と偏見?(笑)で メイキング映像よろしく
その裏側を交えた模様を お伝えしたいと思います。

で 関西方面から参加いただくため 前日入りしていただいた31番さんの車
ガレージに収めた構図が 男の思い描く理想のガレージに近かったため そのネタでも。。。
d0141173_7553486.jpg

前日土曜日午後から山陰入りし イベントの車輌配置の位置決めを手伝っていただいた後
我が家ヒダマリハウスのガレージへ アルファロメオ・スパイダーが収まりました!

31番さんのスパイダーは・・

More

by lancista | 2009-04-13 08:08 | Garage Life  

ガレージのマルティ二リトグラフ

ガレージは 我が家のうちでも 私の自由になる唯一の場所と言っていいだけに
好きにレイアウトしたり 飾ることが出来る。
レイアウト変更も可能なように 家と同様にロイヤルの金物を使い可動棚としたり
壁にOSB合板を使って キレイ過ぎずラフ過ぎぬように ぬくもり感を出した。
スタンプが押してあるのは ご愛嬌。外国スタンプなら格好良いのだが・・
d0141173_624018.jpg

さあ この壁には 何年もかけて少しずつ集めてきたデルタの
それも「HF4WD」にこだわって入手した ポスターやアートを貼ろう!
と 考えていたが サイズや雰囲気がバラバラで どうしたものか?
と悩んでいたある日 オークションに
デッドストックのマルティ二ランチアの「リトグラフ」が出品されているではないか!!
もう 即決で7枚全部いただきました(笑)。
デルタで7年くらいオークションでチェックしてるが 初にお眼にかかったと思う。
d0141173_63577.jpg

ガレージは 前面がシャッター 背面がガラスなので 飾るとこは側面しかない。
しかも 棚が大部分を占めるので 側面の上部しか空いていない ときている。
バラバラだった ポスター各種は 別に追いやり リトグラフをそこに飾る。
入手した金額より 額装が2倍も金額がかかったのは 妻には内緒である(涙)。
d0141173_631749.jpg

柱の間隔ごとに 2枚をレイアウトしていって 6枚を飾った。お蔵入りはECV1だか2だ。
デルタEVO2(白マルティ二)、デルタEVO1(白マルティ二)、デルタ16V(赤マルティ二!)、
マルティ二各種レーサー、デルタS4、ラリー037 を飾った。
そう 愛車である肝心のデルタHF4WDだけ 無いのである!
いつか手に入れねば。誰か情報をお持ちの方は お待ちしています・・
d0141173_633176.jpg

幸い 12月の新築入居前に プロの写真家に家を撮影してもらったのだが
天候が悪く 外観やガレージの撮影は また2月頃にと言ってあった。
それに間に合った 2007年1月~2月の出来事でした。

by lancista | 2008-01-08 06:48 | Garage Life  

マイガレージとヒダマリハウス

2006年12月に 我が家は完成したのだが
この住宅を構成するのに ガレージは重要な存在である。
建築家には 「家(リビング)から愛車が眺められること!」 を
プライオリティの最重要レベルで依頼しておいた。

最初や中途の案では リビングとガラス1枚隔てて隣接していたが
極上のアート系車を飾るわけでなく 実用&イジリ系車を今後も好むだろうし
オイルのしみも付くだろうし 夜中に帰るのに気が引けるのも困る。
何より 妻と 同居予定の私の父が大反対した!
「あんな うるさい車!もうちょっと どうにかならないの!」 と普段から
言われていることもあり 妥協案というか 皆の平和のために
間にデッキを挟むことで 緩衝地帯とし
来客用パーキングスペース>ガレージ>デッキ>リビング とした。
d0141173_4542624.jpg

もっと言うと 続いて リビング>ダイニング>裏庭 と
ヒダマリハウスは ガレージシャッター裏から裏庭先の塀まで 25mも見通せるのだ!
そのうち家の部分は 10mしかないのだが
2間幅で 天井~床までの大開口が東西(表裏)にあるため 皆すごく広いと錯覚してしまう。
建築家 してやったり!の部分だと思う。もちろん我が家の誰もが気に入っている。

ガレージは 背面がガラスで リビングから車が眺められる!
わがままを言って ガレージで愛車を照らすスポットのスイッチを リビングにも付けた。
これで 夜な夜な車を眺められるし 夜に遊びに来た車友達をビックリさせられる。
あきれられることの方が多いけど・・
d0141173_4564090.jpg

さらに 2台駐車のうち1台部分は ガラス3枚戸を開け放つと
中庭に車を引き込め 鑑賞したり 洗車したり出来るのだ!
あと ガレージに収納してある BBQセットや椅子や炭とかも すぐに中庭に運び出せ
デッキ材で作ってもらったステップも ベンチに早代わりし 皆で囲むことが出来る。
洗車や水遣りや後片付け用の外流しも完備し 万全の体制である(笑)。
d0141173_5131972.jpg

ロフトも設けたので 大きな解体系スペア部品もストックし放題。
家に入りきらない20歳位からの車雑誌やらも 捨てずに済みそうである。
しかし 1年経つが まだ一向に片付く気配が無いのはどうしたことか・・

by lancista | 2008-01-08 05:29 | Garage Life