代車インプレッション(トヨタ サクシード編)!

今回の松江往復と 日常の買い物といった 日々の雑用をこなしてくれるのは
妻の初代プリウスを下取りに出し 新型プリウスが納車される今月下旬までの
つなぎの代車として お貸ししてもらってる トヨタ サクシード ワゴン
d0141173_7165312.jpg

トヨタ・プロボックスのコンセプトを承継し ベースを少し大きくした 5ナンバーワゴン版です。
この車は・・



d0141173_717698.jpg

雑誌CarMagagineの中の人気連載? ニュー・カー・マガジンの主宰を勤めておられた
評論家の斉藤さんが FIAT TIPO(フィアット ティーポ)2台体制に続く足車として
トヨタ・プロボックスを 手に入れられたことからも
その姉妹車たるサクシードにも かなりの実力が隠されてるようで
個人的には興味深々でした。

Wikipediaによると
カローラバン / スプリンターバンの後継である姉妹車のプロボックスに対し、
カルディナバンの後継となるサクシードは、全長で105mm、荷室長で20mm長く、
バンの2名乗車時に3尺×6尺(サブロク)の合板や畳がギリギリ収まる長さ(1830mm)とのこと。

その思いは ここ2~3週間ほど 時々乗ってみましたが
フムフムと納得いくものが多かったです。

まず 全長4300mm、全幅1695mm と5ナンバーの使いやすいサイズに収めながらも
ホイールベースを 2550mmと長めにとり
垂直に立ち上がったガラスやボディサイドと相まって 十分な室内空間を確保してます!

リアのゲートもほぼ垂直なため 後ろをすぼませた現代流線型ワゴンと対極にある使いやすさ。
質実剛健さを 体現したボディデザインと言えましょう。頼もしいです。
 
d0141173_7171532.jpg

室内に目を転じますと シンプルなスピードメーターだけのメーターパネル!
あとは 各種警告灯だけで済ましてるようです。
ここらへんは コストを抑えた実用車ながら 楽しませるデザインのラテン系と違い残念な部分。

ですが 1500ccのエンジンから 109PSの馬力と 14.4kg・mのトルクを発揮し
たかだか1,060kgしかない車輌重量に助けられ けっこう走ります。
今時は少なくなった フロアから伸びる長いATのシフトレバーをDレンジに押し込み
走り出せば これで十分 といった感じに包まれます。

d0141173_7172336.jpg

それは アップライトで座らせるポジションのシートに 割と切り立った各種ウィンドウ
そして 伸ばせばそこにある=必然の位置にある 絶妙の各種スイッチといった
各種インターフェイスが ストレスを感じさせない 人間に添ったものだからでしょう。

ですが 使う喜びにあふれてるかと言えば 必要にして十分
それ以上でも以下でもない という結果にならざるを得ません。
でも 10年ひと昔以上前の国産車よりは ボディ剛性とかハンドリングのしっかりさとかは
だいぶマシにはなっています。

そしてなにより 2WDなら 消費税抜きで150万円を切る価格設定は
ここからの値引きを考えると脅威!としか言いようが無いでしょう。

私も このインプレッションを書くにあたって調べるまでは
排気量1800cc 定価170~180万円かと思ってたクチですから。。。
改めて トヨタ恐るべし!を実感した試乗でした。

by lancista | 2009-07-08 07:17 | Car life & event  

<< お金の大切さを教えるには? 隠れメニュー? CAFFE V... >>