今週末は GIRO DI CALDERASO 2009!

初夏の新緑が萌える 阿蘇くじゅう国立公園を2日間にわたって駆け抜ける
ヒストリックカー・ツーリング 「Giro di CalderAso(ジーロ・ディ・カルデラッソ)」!!

先日の「ジーロ・デル・大山」に はるばる九州から参加されてた ドン☆イデリーノさんから
自分が事務局を勤めていて 今週末やるので宣伝よろしくね!と託されたのでした。
こんなカッコイイ♪ ポスターまで頂いたので お知らせしない訳にはいきません(笑)
d0141173_22191147.jpg

参加資格は・・



1957年12月31日までに製造された車両!と
我々の手作り身内イベント 「ジーロ・デル・大山」の新旧混走と違って 厳格ですが
その精神は ジーロ・ディ・カルデラッソのHPにも謳ってあるように
原点であるアマチュアリズムに溢れてます。

我々山陰勢も 地域がら集まらないので 参加資格の製造年次やら格式では見劣りしますが
精神は共感できる部分が多々ありますので 以下に紹介しておきます。
回数も同じく 第3回ですしね!どちらも末永く続けて参りましょう。

クラシックカー・ラリーといえど、昨今、レギュラリティ・ランの様に競技性が高くなっている中で、
「ジーロ=散歩」という意味通りに、競技に関係なく純粋にツーリングを楽しみ、
交友を深めるという、ラリー本来の姿に立ち戻ることを目的としているのです。

とのこと。私も 
20歳のときバイクで九州1周した時や20代前半べレットで やまなみハイウェイを走った時
20代後半 ゴルフⅡディーゼルターボ無給油1000kmに挑戦して指宿砂風呂を目指した途中
30代前半 デルタHF4WDのエンジンOH慣らしで宮崎往復2000kmで走った道など
やまなみハイウェイや ミルクロードだけでなく 九州の道には多々思い入れがあります!

なんというか 山が丸くて 走っていて気持ち良いのですよ♪
九州全体が太古の昔に出来たそうで 四国のように切り立ってなく どこを走っても
高原のようなヨーロッパのような なだらかな丘陵地帯を走ってる感覚です!

その雄大な阿蘇のカルデラが創り出した 大自然を満喫できる素晴らしいコースを
名だたる名車が駆け抜けます!
私も 今回は無理ですが いつか沿道で応援&追っかけ隊として行きたいなぁ!
との思いを 思い出と重ね合わせ 強く抱きました。
スケジュールはイベントHPにも詳しいですが ざっくりは以下のとおりです。

6月13日(土) 福岡県護国神社 7:00開場、9:00スタート
          レゾネイトクラブくじゅう(宿泊先)到着 17:00(予定)
6月14日(日) レゾネイトクラブくじゅう(宿泊先)出発 8:00
          俵山峠扇坂展望所(記念撮影)解散 15:00 (予定)

ミッレミリアなどの出場経験のある車など 約25台が福岡護国神社より
阿蘇に向けて疾走いたします。九州で魅惑の名車が集まる とても貴重な
イベントになりそうなので みなさん是非スタートを見に来て下さい。

とのことですので 九州にお住まいの方はもちろん 山口・広島とかからでもそう遠くは無い!
と思われる方は ぜひ目指して行かれてみてはいかがでしょうか。

by lancista | 2009-06-10 22:19 | Car life & event  

<< 3a Giro del DAI... 3a Giro del DAI... >>