ランチア ムーザ!(助手席インプレッション)

今回のS&Jr.ZAGATOさんの秘密基地&主治医訪問の旅を 支えてくれたのが
S&Jr.ZAGATOさんの日常の足車である LANCIA MUSA (ランチア・ムーザ)!
d0141173_21151218.jpg

結構な土砂降りだったので 昼食に入ったお店からの撮影ショットしかありませんでした(涙)
黒っぽく見えますが カタログ表紙にもなっているムーザのテーマカラーである
ショコラータ・ペイラーノ?=かなり濃いチョコレート色=こげ茶 です。

迎えに来ていただいた時 濃いボディ色にグリルのメッキが映えて
つくづくランチア(特にベルリーナ系)は 濃い色が似合うなぁ と思ったのでした。

ニューイプシロンは サイズとデザインはドンピシャなんだけど・・



これで ドアの枚数が4枚ならなぁ・・ と思う人は多いはず。

S&Jr.ZAGATOさんもその例に漏れず 奥様も運転なさるとかで セミATであるDFNで
サイズも小振りなムーザは 丁度良かったのだそう。

ATじゃないとと言いながらでも 左ハンドルを運転出来る奥様とは 頼もしいですね。
我が家は 右ハンドル&ATでないとと 全くもって相容れません(涙)が しょうがないですね。

d0141173_21154191.jpg

室内も ランチアらしく上品にまとめてありました!

そして 大型ツインのガラスルーフから豊かに降りそそぐ陽光は
雨天の中でも車内を明るく開放的にしてくれました!

さらに 写しそびれましたが 全長4mに満たないモノスペースワゴンに似つかわしくない
標準装備の本革シートは サイズも大きめでゆったりとられており
表皮の感触と相まって とっても豊かに感じられました。

ちょっと残念なのは Aピラーの位置が左折時に 丁度見たい視線と被さることだとか。
モノスペースに拘ったデザインで Aピラーが前に出たうえ 衝突安全対策でピラーも太いから
なんでこの位置なんだ!と思うことが時々あるそうです。小窓は気休め程度でしょうか。

d0141173_21155222.jpg

こちらが セミATであるDFN!

シフトアップが前&シフトダウンが後ろと ニューフィアット500以前の形式で
加減速Gとは反対ですが オーナーによると 特段問題は無いそうです。
まぁ飛ばす車は他にある訳で・・ 横で乗っている限りでも 差し支えなさそうでした。

d0141173_2116238.jpg

インパネ照明を付けた場合の メーター周りです。
テージスのディフュージョン版といったとこを狙った メーター類&照明でしょうか。

d0141173_21161621.jpg

ドアの手が触れる部分にも シートと同じ表皮でカバーリングがしてあり
フィアットとの差別化を感じさせる部分です。

ただ ランチアのボトムレンジだからなのか ツインガラスサンルーフのせいか判りかねますが
意外と遮音は良くないようです。オーナーに言われるまで 私は気付きませんでしたが・・
でも 1.4Lツインカムエンジンが奏でる音色は こもり音が多いわけでもなく あくまで軽やか!
他の国の車と違って 騒音と言うよりは音色として聴かせてしまうあたり
カンツォーネのお国柄といったところでしょうか。

d0141173_21165575.jpg
d0141173_2117547.jpg

駅まで送っていただき 見送る際のショットですが シックで上品で突出してなくて
でも判る人には判る かなり贔屓目ですが なかなか雰囲気があると思います。
(またしてもピンボケですが・・・ 汗)

この日は 土砂降りの中 色々と連れていってもらいましたが
東京のあっちこっちを 高速やら下道やら結構走ってもらいましたけど 快適至極!
ただのフィアットに ランチアのバッジが付いてるだけだよ とご謙遜なさってましたが
改めて 欧州小型車の実力というか 使い勝手の良さを助手席ながら感じさせてもらいました。

晴れていれば ビアンキA112も こちらのムーザも運転できたかも?と思うと残念ですが
またの機会に取っておくといたしまして
S&Jr.ZAGATOさんに連れて行っていただいた今回の行程は 濃いかった!ものでした。
重ね重ねとなりますが 改めてありがとうございました。
次は 晴れた日を狙って参上しますので またよろしくお願いしますね(笑)

by lancista | 2009-05-05 21:17 | Car life & event  

<< DESIGN STORE TO... レア系?イタリア車スペシャルシ... >>