理想の眺め!理想のガレージ!?

昨日行われた 第5回 米子自動車学校感謝祭を舞台とした
ユーロ・クラシックカー・ミーティング in 米子」も
天候にも恵まれ とってもいい形で開催でき 無事終了することができました。
何でも 5000人以上!の人が訪れたとか。
車イベントは一番奥だったので その方々の何割か分かりませんが
けっこう沢山の人に見て頂きました。

詳しくはイベントブログ内イベント風景で おいおい またその模様を伝えて行くとして
このブログでは まとめ役としての私の主観と偏見?(笑)で メイキング映像よろしく
その裏側を交えた模様を お伝えしたいと思います。

で 関西方面から参加いただくため 前日入りしていただいた31番さんの車
ガレージに収めた構図が 男の思い描く理想のガレージに近かったため そのネタでも。。。
d0141173_7553486.jpg

前日土曜日午後から山陰入りし イベントの車輌配置の位置決めを手伝っていただいた後
我が家ヒダマリハウスのガレージへ アルファロメオ・スパイダーが収まりました!

31番さんのスパイダーは・・



シリーズ2で コーダ・トロンカのストンと切り落とされたリアエンドが特徴です。
d0141173_7554799.jpg

それにしても美しい眺めですね!!
我が家のおじいちゃんも出てきて カッコええなぁ!と素直に一言。
私の車趣味は寛容こそすれ 褒めたことは一度も無いのに この言葉とは
年代を越えて 訴えかけるものが アルファ・スパイダー・Sr.2には備わっていたんでしょう。

d0141173_7555821.jpg

週末車としての趣味性が高い 2座席オープンカーと
日常の足として使われながら ちょっとした拘りも感じられる4ドアセダンであるベルリーナ!
男のロマンと理想が この日限定!(笑)でしたが ここにはありました。

80年代初頭のイタリアなり ディーラー網に恵まれた関東近辺なら ありえたかもしれない
アルファ・スパイダー と ランチア・トレヴィ・ボルメックス の組み合わせは
2000年を大きく廻った現代では 両方とも贅沢至極な組み合わせ となってしまいました。
現代なら FFのアルファ・スパイダーに ランチア・リブラ といった組み合わせでしょうか? 

d0141173_7561480.jpg

シリーズ2だけの特権 2眼で飛び出たおっぱいメーターと 深いコーンのウッドステアリング!
31番さんも ここに惚れたと言ってましたっけ・・

デュエットは 50年代ジュリエッタの香りを 鉄板ダッシュボードやらに そこはかと残しながらも
60年代先進的エンジニアリングで 割と普通に乗れるのに対し
シリーズ2は 60年代古典的骨太エンジニアリングを
70年代モダンデザインで乗れるのが ドンピシャ!だそうです。

d0141173_7562352.jpg

幌を閉めた姿も デュエットよりシリーズ2が小振りな幌で スマートなんだとか。
キャンバスなので 停める際には幌を掛けておかないと 縮んでしまい掛からなくなるそうです。
色々と オープンならではの作法もあるんですね。

d0141173_7563436.jpg

という訳で イベント前日は 素敵なガレージの眺めと車談義を肴に
31番さんと 楽しい酒を酌み交わすことが出来ました。
ちょっと深酒しすぎた感もありましたが(汗)・・

31番さん また 何かの折には遊びにいらして下さいね。
子供同士も近い年齢なので 今後ともよろしくお願いします。

イベント周辺話 まだまだ続きます・・

by lancista | 2009-04-13 08:08 | Garage Life  

<< ハンドルが取られる!? 本日はユーロ・クラシックカー・... >>