FIAT CAFFE再訪!(FIAT New500:チンクエチェント編)

前回のショールーム編に続き 今回は車そのものに迫ってみましょう!
d0141173_8203632.jpg

1957年に発表された イタリアの国民的大衆車である ヌーボォ500(チンクエチェント)!
戦後の荒廃した中で ドイツではビートルが フランスでは2CVが それに当たるでしょうか。
イギリスで ミニが発表される1959年より 2年も前の出来事でした。

日本では アニメのルパン3世の愛車と言った方が判りやすい この500を
現代的に解釈して 21世紀に相応しく焼きなおしたのが フィアット500です! 
d0141173_861320.jpg
d0141173_862548.jpg

紺色(モッドブルー)のボディに オプションのストライプが ちょっとヤンチャな感じ・・
広角レンズなので 少し間延びして見えますが 肉眼では なかなか男前でした。

d0141173_863643.jpg

エクステリアも 昔の500のモチーフである窓下の段とかを上手に取り入れてます。

ただ 昔のサイズを知ってる人には ちょっと大きくなり過ぎ!の声もあるとか・・
でも 実用的な4人乗りには 衝突安全ボディなら このへんが限界と思います。
d0141173_9484429.jpg

展示車輌である 1.2(リッター) 8V(バルブ) POP(ポップ:廉価版グレード名)は
この2月から追加される 200万円アンダーの195万円という戦略的価格!!
やっと イタリア車を 本気で台数を売ろう! という意気込みが伝わってきました。
ランチアのイプシロンやムーザも もう少し値段設定で頑張って欲しいものです。

d0141173_87113.jpg

いよいよ室内へと乗り込み インテリアを見ていきましょう!

d0141173_8711100.jpg

まず 目に飛び込んで来るのは アイボリーで統一されたハンドルやインパネ類!
ボディカラーと同色のパネルとのコントラストが粋ですね。
90年代に クーペ・フィアットやバルケッタで往時の60年代的意匠を再現し
今では 完全にフィアットのお家芸となってます。新生パンダやグランデプントも同様ですね。

POPグレードでも 上位グレードと同じ革巻きステアリングが奢られ 奥のメーターも凝ってます。

さらに シートは外観に似合わずたっぷりと大き目のものが奢られ 座面の厚みもたっぷりで
長距離でもしっかりして 疲れが少なさそうです。

外車を選ぶ理由のひとつに ドライバビリティやインフォメーションもありますが
椅子や馬車の国々ですから シートもおろそかにしていません!
畳に籠だった日本が椅子に座ってたかだか50年ですから 自ずと差があるのは明白ですね。

d0141173_87201.jpg

しかし 中でも一番の特筆すべきは セミAT(デュアロジック?)でのパドル操作!
500は登場当時から アルファは159から らしいですが アップで後方 ダウンで前方です!
加減速Gのかかり方と 普通の3速⇔4速のシフトを思い起こしてもらえば判るのですが
この方が理に適っており生理的にスッキリなのに 国産モデルを始めとして皆 反対の多いこと!
@31さんのグランデプントに乗せてもらった時も ここが一番のネックでした!
ここが 改善(500は発表時より)されたのは スポーツドライビングを忘れてない皆さんには
かなり朗報だと思います。
       
d0141173_873013.jpg

エアコンのスイッチパネルや オーディオのスイッチも同じくアイボリー系でまとめられ凝ってます。
スイッチのタッチは試してませんが 安っぽくはなさそうです。 
d0141173_875227.jpg

後席にも乗り込んで 座ってみました!
定員は4人と割り切ってますが5人乗車のケースはまれでしょうから不具合は無いでしょう。
身長178cmの私は 頭がルーフに触れましたが 大人でも座高が高くなければ 大丈夫そう。
シートの厚みは リアはそこそこな感じでした。

d0141173_88389.jpg

フックに わざわざハンガーマークが刻印してあるのも 購買層拡大を狙ってでしょうか?
我々外車フリークは とうの昔から知ってますが こういった細かなことも大事ですね。
 
d0141173_88138.jpg

カップホルダーも 床面のコンソールに 前2個後ろ2個と人数分ありました。
同じサイズの灰皿だか小物入れが 既にはめ込んでありましたが 色々と使えそうです。

前夜ナリ戌さんは ウィンドウディスプレイ越しにマーチで十分じゃん!って夢も希望も無い
我が家の嫁みたい(笑)なことを言ってましたが これならどうでしょう?
やっぱ 同じなのかなぁ。。。
男の頑張った成果や拘りが理解されない世の中は 寂しいと思いますが
そういう発想自体古いのかも。。。 

by lancista | 2009-01-31 10:51 | Car life & event  

<< FIAT CAFFE再訪(ランチ編) FIAT CAFFE 再訪!(... >>