Lancia Lunch 2008(ランチア テージス外装編)

いよいよ ランチアランチの午前の部 車輌紹介も ラストの車ということになりましょうか。
現行(正式には輸入は止まってますが)モデルのフラッグシップ ランチア テージスです!
LANCIA THESIS と書いて テージス テーシス テシスとか色々な説がありますが
輸入元のガレージ伊太利屋さんのHPによると テシスが正しいようですが
私的には 馴染みの深いテージスと表記させてもらいます。
d0141173_15193755.jpg

そのデザインのインスピレーションは、1950年代の最高傑作車と評されている
アウレリアにあり、アウレリアは時代の最先端を取り入れた優れたクルマでしたが、
このテシスもクルマづくりの最先端を歩んでいます。(ガレ伊太HPより抜粋)とのことで
現代車でありながら かなりクラシカルなテイストに振っています。

その中でも 昔の車を彷彿とさせる下がったお尻と縦長のテールランプが
さらに クラシカル感を煽ります。

ランチには シックな濃い色の2台が参加しておりました。
左はブルー・フォンタナという明るめの紺色だったと思いますが
右は最終ラインナップには無い色の濃紺(名前失念!)だそうで
なかなか いい雰囲気を醸し出しておりました。
個人的には 高級車だからと言って メタリックやマイカに走らず ソリッドの濃紺=
海より深いランチアブルーを何層にも重ねて 昔のように水磨ぎ?で出して欲しいものです。

d0141173_1519513.jpg

前からも フェンダーの峰から続く三角形のヘッドライトを特徴として 威風堂々の佇まい!
テージスは 来られていたガレージ伊太利屋の方の話によると
40数台(50台弱)が正規輸入されたそうです。どうりで 街中では見掛けませんね・・

ついでに聞いた(実は本命)トレヴィは 20数台だそうで VXはさらに少ないとのこと。
テージスが 将来トレヴィのように絶滅危惧種とならないよう 祈りたいものです。

隣に写ってる ムーザの100周年記念モデルは CG初代編集長の 小林彰太郎さんが
乗って来られたものです。
イプシロンの修理の際 代車で出したら気に入られて そのままお買い上げとなったそうです。
昔 いすゞワークスで活躍されたレーサーの浅岡重輝さんも Y10ネロを足にしてたり
小さな高級車たるランチアには 足車でもお目に適う何かが備わっているんでしょう。

私も前から気になってるムーザの 午後の試乗会に並ぼうとしましたが
別の試乗が忙しく 乗れずじまい。別の試乗の話も やっとこさ近づきそうです。。。

d0141173_15201160.jpg

d0141173_15202270.jpg

リアからの風情も 只者ではありません。尻下がりですが 堂々としたボリューム感です。

しかし テーマの時はデザインテイストが似た プリズマがその下にあり 私は足にしてましたが
このテージスのミドルクラスと言えば リブラになるんでしょうか?
ちょっとリブラには そのオーラが足りない気がして ならばとワゴンの方が気になる始末。

プリズマにオーラがあったとは思いませんが 端正な折り目正しさがあったので 今なら
テージスのコンセプトで (アッパー)ミドルクラスとして ニューデルタなんだと思います。

ただニューデルタは セダンに焼きなおす必然が無いほど完成されてるので どうなんでしょ。
70年代ベータベルリーナが5ドアのロングなハッチバックで出て来たように
これが ランチアの現代的解釈なのかな。
5~6年後に トレヴィみたいに 3ボックスセダンで 焼きなおされれば面白いかも・・

d0141173_15203531.jpg

あと オーナーさんに教えてもらって知ったのですが
リア尻下がりながら 高速時のリフト抑制のために 
リアの サスペンションアームとセンターに 整流版が仕込まれてました!
初代アウディTTで事故が相次ぎ ウィングを標準装備されましたが それに代わる措置ですね。
これほどの高級車に ウィングは似合わないし テーマ8.32のような車でもないし
正しい判断だったと思います。質実剛健のドイツに対し デザインの国イタリアならではですね。

d0141173_15211761.jpg

純正アルミホイールも グリルの意匠がデザインされたホールが外周に連なってました。
言われないと気付かない部分にまで 高級車なのに遊び心が見え隠れします。
ランチア まだまだ奥深いメーカーですね。

次回 テージス内装編へと続きます・・

by lancista | 2008-12-14 16:15 | Car life & event  

<< Lancia Lunch 20... Lancia Lunch 20... >>