クロノメーター精度!?森時計店のOH修理は凄い!

丁度 お盆明けの8月下旬 愛用の時計のベルトが壊れて
今は少なくなった 時計修理のお店を探し当て ついでにムーブメントのOHも依頼して
修理が上がって 3ヶ月経とうとしてますが
何と 2分25秒遅れ/3ヶ月 しか狂ってません!!

d0141173_8345453.jpg


その時 時計修理のいい店発見 森時計店! ということで紹介しましたが
その時に書いた記述が 以下のとおり

********** ここから ***********

私の時計も 修理店のオーナーが1日半腕にしていてくれて狂いが5秒だった状態で引き取り
今日で1週間になりますが 狂いが30秒といったとこなので 日差4秒前後でしょうか?

1ヶ月経って 狂いが1分以内(日差2秒以内)ならクロノメーター級だそうですが
さすがにそこまでは無理だったようです。にしても出荷状態の半分しか狂いません。凄いことです!
腕も確かなようで 職人さんの話も あながち嘘ではなく信用できるお店だと思います。

追記 : 9月7日現在でOHから2週間少し15日経ってますが 時差は52秒ほど進んでます。
     1週間で約30秒でしたから 同じようなペースですね。日差3.5秒とは恐れ入ります!

********** ここまで ***********

という訳で お店の近所を通ったので オヤジさんに報告がてら寄ってみました!

何でも 月差1分以内なら クロノメーター級とは 以前にも書きましたが
ブライトリングのHPでのクロノメーターの記述を見ても
「クロノメーター試験に合格するためには、機械式では平均日差が-4秒~+6秒以内
(精度99.9%)が求められます。
これは、機械式ムーブメントが達成できる最高の精度といわれています。」とあり

スイス クロノメーター認定 を読んでも
「テストは、ジュネーブ、ル・ロックル、またはビエンヌの試験所で行われます。
5つの姿勢差(ポジション)と3つの温度差で、15日間にわたりムーブメントの精度が検査され、
日差においてマイナス4秒以内プラス6秒以内という基準をパスする必要があります。
(20mm以下のムーブメントはマイナス5秒以内プラス8秒以内)」とあります。

これらから推察するのに 時計修理業界では ある1ヶ月を抜き出して 1分以内/月なら
日差2秒以内となり より厳しいので スイスの試験所に持ち込んで厳正な審査をしなくても
ここ日本でも 名乗っても恥ずかしくないレベルなんだと思われます。

d0141173_835786.jpg

ということで オヤジさんは本当に喜んでくれました!
OHした時計の その後の調子はどうか気になるけど
私のように わざわざ報告にまで来られる方は少ないそうです(笑)。

何でも このINCIPIO(インキピオ)に搭載されてる スイスのETA社のムーブメントは
チュードルやら 世界中の10~20万円クラスの機械式腕時計に数多く採用されてて
精度も その上のロレックスやらに搭載されてるムーブメントにも 決して引けを取らないそうで
かなりの実績もある 優れたムーブメントだそうです。
歯車のコーティング技術とか そういった諸々の仕上げのレベルで
上級機種は もう少し手がかかってるそうです。

あと 最初進んでいたのに 途中から遅れ気味になったのは何故か? と訊ねたところ
ムーブメントの中のオイルが 寒くなって 粘度が上がって多少硬くなったのでは とのこと。
ムーブメント内の あそことこことそこ に使うオイルとかでも変えてるそうなので
かなり精密でデリケートなのは 間違いないようです。

毎日半日以上は腕に通して使っているので 寒暖の差も 影響するのですね。
車のオイルと同じだ と妙に納得したのでした。

お家の中は OMソーラーのおかげで 先週の寒波でも最低気温15~16℃なので
時計環境としては イイ方かも?

などと 時計修理談義に華が咲き お店をあとにしたのでした。
正規代理店の修理も良いですが そこも必ずしも自前で修理を行ってるとは限らず
マージンを取られてるだけなら こういった職人さんと直接会って(電話で)話が出来るお店に
持ち込んでみるのも イイと思いますよ!
最近では 修理屋さんでも嫌がる 大きな古時計といった修理も こなせるようになったそうです。

森時計店
電話 : 0859-22-4614
住所 : 鳥取県米子市勝田町329

by lancista | 2008-11-23 09:49 | CraftsMan-Ship  

<< ヤマボウシ活性化大作戦!(ガー... Lancia Lunch 20... >>