2a Giro di Daisen(アルフェッタGT編)

2000ベルリーナを堪能したあとは 同じく関西の「ボンバロッサ」メンバーの1台である
アルファロメオ・アルフェッタGT を紹介しよう!
d0141173_13162027.jpg

ヒット作 ジュリア・クーペに取って代わる存在として 1974年デビュー!

先にデビューしていた アルフェッタ・セダンと同様のトランスアクスルというFRで通常
エンジン>ミッション>ドライブシャフト>リアデフ となるところを
エンジン>ドライブシャフト>ミッション>リアデフ と重量物であるミッションを後ろに持って行き
前後重量配分を 50:50に近づけた執念の産物!フェッタ以外ではポルシェ924系がある。

さらに キャンバー変化を嫌い固定式リアサスに固執してきたアルファが
ド・ディオン・アクスルにより より積極的なキャンバー変化対策を採ってきたのも特筆事項!

どちらも 戦前のアルファGPマシーン以来の 伝家の宝刀を
量産セダンやGTに使ってきたのだから 恐るべしアルファロメオという会社である。

私は フェッタは運転も助手席も体験したことがないのだが 後継機75ツインスパークの
助手席体験では 笑っちゃうほどにロールするのに粘り強く 乗り心地も最高であった。
ノーマルなのに 鼻先が軽くスーッと入っていく様も 印象的であった。
かなり 実際の重量配分も優れているんだと思う。

d0141173_13171713.jpg

こちらの車は エンブレムとアイアンバンパーから推察するに 初期の1.8だと思われる。
初期型フェチの私には 好ましいスッキリ感。
1.8Lで 122ps 17.0mkgの最高出力とトルクを搾り出し 車輌重量は1,050kg
75ツインスパークなんかより さらに200kgぐらい軽いから さぞや気持ち良いのでしょう。

d0141173_13175644.jpg

ジウジアーロがデザインしたクーペボディは 空力的にも優れているのに
しっかりと後席も座れるGTとしての名に恥じない居住空間を確保している らしい・・

d0141173_13181282.jpg

実車をまじまじと見るまでは 同じジウジアーロ・デザインのいすゞピアッツァに似てるかも?
と思っていたが そこはイタリアン! エッジも効いて迫力も段違い!
ピアッツァは どこか日本的というか中庸というか 丸みを帯びた曲線が多様されていたんだと
作り手の 棲み分けの旨さを感じ入るのでした。
d0141173_13183054.jpg

で タコメータがドライバー正面に配され 他が中央にまとめられているという内装も驚き!
だったのですが ドアの内張りも外され ロールゲージも入り後席もドンガラ。
年季の入ったナルディのステアリングと さらに年季の入ったバケットシートを見るに
クラブ・スフィラータの魂は 今も脈々と生きている!と確信して 嬉しくなったのでした。
つづく・・

by lancista | 2008-06-21 13:59 | Car life & event  

<< トレヴィ カーオーディオ アッ... 2a Giro di Dais... >>