2a Giro di Daisen(ツール・ド・大山回想編)

次なる参加車輌の紹介の前に 関西のクラブ「ボンバロッサ」を紹介しとかねばなるまい!
d0141173_2252775.jpg

私もアルファロメオに憧れながら ベレットでお茶を濁して 地元に帰って来た約20年前
神戸のクラブ・スフィラータというクラブが こっちの地元大山まで走りに来ており
ツール・ド・大山」というイベントを大山ロイヤルホテルでやってたのを
2年続けて見に行ったことがある!
第1回のパンフレットに見覚えがある(もしかして持ってる?)ので
正確には「アルファ・フェスタ・イン・大山」なのかも知れないけど・・

クリーム色のベレット1600スポーツ・セダンをシャコタンにして
カンパやクロモを履いて 粋がっていた20歳代前半の頃だから 89年と90年か、91年だ。

大山ロイヤルホテルの駐車場いっぱいに停められたアルファロメオに見入り
ボンネットを開け エンジン掛けてある車の傍に行っては 聞き入っていたっけ!

アルフェッタのドライブシャフトが脱落したのを 皆でその場で直すのをスゲーナーと観てたり
柳原メンテナンスの御大が ジュリエッタ・スパイダーで参加して元気なエンジン音を奏でてたり
F2のおっちゃんまで出展して来てて けっこうなイベントなんだと感心したり
コマ地図ラリーを追いかけて 途中の展望台で観てたら
シムカ・ラリー2のオーナーが 思ったよりオイルを食ってて
トランクに常備してたオイルを分けてあげたり
当時の映像が 次々と蘇る!!

皆の会話を聞いていて 六甲と比べて大山は アスファルトの食いつきがいいよな! とか
ゆっくり走ってる観光のサンデードライバーが少なくて良いとか(人口が少ないだけでは?)
走ることを 本当に楽しんでる様子が伝わって来て 好感を持ったのを覚えている。

その後 大山には来なくなってしまい あれだけのアルファ軍団は 特に関西では
サーキットとかでしか見なくなってたんだけど また主催Sさんのおかげもあって
自然の中を楽しそうに走り回る 車本来の景色が それも地元大山で見れることを嬉しく思う!

その 昔のクラブ・スフィラータのメンバーも居るという スクーデリア・ボンバロッサに
遠からぬ縁を感じ 次回からアルファのつたない知識で紹介していこうと思います。
つづく・・

by lancista | 2008-06-19 23:32 | Car life & event  

<< 2a Giro di Dais... 2a Giro di Dais... >>