ジーロ・デ・大山は延期(アルファロメオ・1750ベルリーナ編)

前回 トラぶったトレヴィをガレージに入れて 一息ついて
今年初モノの 鳥取県名産の大栄町スイカを 切り分けてると ピンポンとチャイムが鳴り
白猫#35さんが 見計らったように到着! しばしお茶しながら 車談義や近況報告。

で やっぱり車談義は 実車を前にしないと盛り上がらないとのことで 男どもは外へ・・
d0141173_2151527.jpg

コチラが (白猫#35さんの奥様が)左ハンドルに拘った 1750ベルリーナ 1970年式!
2000ベルリーナは多数あれど 1750の左は本当に少なく 海外から仕入れるのに半年
さらに国内でも乗れるようになるまで1年を費やしたとか・・

d0141173_21521247.jpg

リアの 1750しかないエンブレムで 何処の車? と良く聞かれるそうな。
出っ張ったテールランプが愛嬌たっぷりです。しかし かなり四角いですね。

d0141173_21523947.jpg

で 真横から見ると 前後が弓なりに下がってて 絶妙のバランス!
ジュリア・スーパーほどではないですが これはこれで個性的です。
前下がりのフロントも スーパー譲りの空力学計算に基づいてなのか デザインなのか?

d0141173_21533827.jpg

この顔は後期型にあたるそうで
前期型はバンパー上にウィンカーが付くとか 後期はボディ付けなのだそう

d0141173_21543087.jpg

で 1750ベルリーナの真骨頂は インテリアが最大の魅力!
2000ベルリーナだと 平面インパネにメーターが埋め込みで物足りないそうですが

d0141173_2155517.jpg

1750ベルリーナは このようにスピードとタコメーターが 独立して飛び出ています。
d0141173_21552123.jpg

そして センターコンソールにも4連のサブメーターが配置され いい雰囲気!
さらに バーガンディというか 濃い目のボルドーと茶色の間の絶妙なシートと内装色!

悩みに悩んで 当時の色見本から作ってもらったという外装色グリーンメタリックと
いいコントラストを 描いています。
国内だと この色は誰々さんがあるし・・ こっちは誰々さんがと
アルファ界隈を知り尽くしておられる 白猫#35さん故の悩みもあったそうで・・

@31さんによると 遠出するには 前席も後席もゆったりと広く 乗り心地も良く
ベルリーナ最高! だそうです。
今回は 試乗出来ませんでしたが また乗せてやって下さいね。

by lancista | 2008-06-10 22:43 | Car life & event  

<< ジーロ・デ・大山は延期(グラン... ジーロ・デ・大山は延期(トレヴ... >>