憧れのSPEEDLINE MONTECARLO

私とデルタHF4WDとの付き合いは かれこれ10年を迎えようとしている。

プリズマ1.6ieに 約3年半乗っていて 5万数千kmで入手した車が11万kmを迎えようとし
14万円5万km走行程度上のプリズマの部品取りを 長野まで取りに行って持帰ったのだが
部品取りより 乗り換えた方が良いかと思案してる時に HF4WDの話が舞い込んで来た!
もう1回プリズマを再生したところで 時間が4年巻き戻されるだけだ・・
と感じていたこともあって 憧れのデルタ それも今更(’98年当時)の感もあるとこに
HF4WDだったので 思い切って乗り換えた!
これがエボなら 当時300万円以上で買えるはずもなく
8Vや16Vだと 100万~200万円で手ごろだったが 天邪鬼な私には中途半端だった。
d0141173_13181259.jpg

というような 購入顛末記から始めるのが筋なんだろうけど 当時の写真はデジカメでないし
10年の歴史は 余りに長く また改造につぐ改造で 書こうと思うことが有り過ぎて
いずれゆっくり振り帰ろうと思う。

そのような デルタを長く所有する中でも 嬉しい出来事というか 愛車自慢は?
と問われたら この時履いているホイール「スピードライン・モンテカルロ」を
手に入れたことだろう。
この写真は 3年前の2005年春に
当時手に入れたばかりの中古のビルシュタイン車高調のつるしの状態で ベタベタに低い時。
乗れたもんじゃなかったので 今はもっと上げてある。まだ低いけど・・
d0141173_1318293.jpg

デルタのワークスチームカラーである マルティ二・ストライプをまとった姿に
真っ白に輝く SPEEDLINE MONTECARLO のホイール! どんなに憧れたことか・・
d0141173_12571814.jpg

たまたまHF4WDつながりの 京都のhideoさんが 当時のワークス在庫を
イタリア国内で探し当て 2セットあるかも?あったら1セット譲るよとのことで と期待したが
結局1セットのみでお流れになったりした。

それからという毎日 デルタHF4WDに乗って5年間 3日とかかさずオークションで検索して
2002年に見つけたときは 本当に心が躍って なんとか費用を捻出して手に入れた!
16インチや5穴はたまにあるのだが 15インチで4穴というモノは 本当に無いのだ!

さらに 今回(5年前当時)見つけたのは ワークスのマグネシウムで
フロントが 6.5Jで センターが膨らんだ 冬のラリーで良く見るタイプ!
これでないと フェンダーがブリスターでないHF4WDは ホイールを収めるのはかなり厳しい。
d0141173_13374375.jpg
 
リアは 7Jか7.5Jで センターが平面的な ターマックで良く見るタイプ。
前後で違ってしまったが そんなことは言っていられない。なにせ選べる程モノが無いのだ・・
過去の10年で 15インチ4穴で 眼にしたものは
私の白と 京都の銀と 3年前のヤフーオークションで白 の3セットのみであり
考えようによっては 私のもう1台の愛車の トレヴィ VX 級のレア度なわけである(苦笑)。
それに 雰囲気は この方が私個人では良いと思っている。

まぁ こんなサイズやオフセット(50前後)が入ってたせいもあって
前に手に入れた16Vの人は 20mmのスペーサーをかませるもイマイチで 手放したそうな・・
それで 私に巡って来たというわけ ありがたいお話である。

このホイールと ワークスを連想させる白いボディ色が 私の愛車DELTA HF4WDで
一番のお気に入り! なのだ。

次回は 昨年に行った 私の手元に来て5年経ったこのマグホイールの手入れを書こうと思う。
つづく・・

by lancista | 2008-02-01 14:02 | LANCIA DELTA HF4WD  

<< マグホイール保護の決定版!? 人間も1年点検 >>