アルファチャレンジ観戦(156GTA&164Q4比較試乗記)

d0141173_13114146.jpg

d0141173_13115840.jpg

昨年の初春というか晩冬の3月4日
岡山国際サーキット(旧TIサーキット英田) で アルファチャレンジ第1戦があり
友人の#35さんが 参戦するので 応援方々行ってきた。

実は このサーキットにはロッジがあり 前から泊まってみたかったのだが
中々チャンスが無く いつも当日入りだった。
今回は 走る訳でもない(笑)のに前夜入りで 参戦の2人とアルファ仲間2人と私との5人で
宴会&クチプロレス大会となった。
走らない我々は やはり午前様で 皆の車遍歴や 好みとかを深く知ることが出来た。

翌日のレースは #35さんは不具合が出て リタイアとなったが
若い頃なら無理やり走って大変な事になっただろう と回想するあたり
今まで散々 酸いも甘いも体験して来た人だけが 言える言葉だと思った。

他の車種にも目を向けると
ES30SZのコーナリングフォームは フェッタGTV6のコーナリングフォームと一緒だ! とか
えらいカッチョイイいじり方をしてる車があり コーナーで見てたらその通りだったり・・
ES30SZを買うお金を考えれば 余裕でいじり倒す事が出来るな などと妄想は膨らむ。
しかし 既にやっておられる方がいるので 2番煎じだし HF4WDはどうすんだ?
d0141173_13125147.jpg

d0141173_13161572.jpg

スパイダーは屋根とガラスが無いので
上屋の重さの揺り返しが無く (その車はフロントガラスも無い)
もてぎや鈴鹿のS字は最高なんだ! とか その言葉通りのラップを刻む兵を真近で見たり
マニアックな会話に聞き耳をたてながら面白がっていた。
d0141173_1313195.jpg

で 帰路は アルファロメオが誇る スーパー高速快適?セダンである
前泊組の156GTAと 当日組の164Q4の2台を
交代で運転させてもらえる幸運に恵まれた。
ついでに 前からやってみたかった
我が家へ 皆の愛車で来てもらい Garage Life よろしく写真を 撮るのだ!
で そのショットが 右の数枚である。
d0141173_13592436.jpg

私がDELTA HF4WDを手に入れた
1998年は 156が発表され
輸入されはじめた頃で 世間は
どの雑誌も そのことで持ちきりだった。
で 4~5年デルタを味わったら
156にでも乗り換えよう。
などと考えていたら 泥沼に落ちていくわけで・・

ただ156GTAが発表された時は
さすがに考えた。
当時は結婚し 子供も生まれたばかりで余裕もなく
買えるはずも無いのに 記事を読み漁り
色ならアズーロの外装色に 黒とタンのコンビレザーだな!
などと思い耽っていた。
d0141173_1485521.jpg
で 今回 乗り比べて少しショックだった!
悪いけど Q4程の刺激が無いのである。
ただ 今回は高速道路主体なので
思い切りワインディングも試したQ4と
比べるのは ハンディがあるので
割り引いて考えて欲しい。

かといって 私のトレヴィが
それほど刺激がある訳ではないので
当時は 休日用趣味車としたら
デルタから乗り換える?としたら
という前提で
アンテナを張っていたように思う。

前輪駆動で 6速だけど Q4ほどローギアードでないので
6速100kmは Q4が2800rpm 156GTAが2400rpm位。
ゲトラグのような 昔のベンツのようなオーバー剛性感もない。
速いことは速いのだが 洗練されすぎてる! のだろう。
あと 80年代的アップライト系ポジションのQ4の方が
ハンドルやレバー位置も含めて デルタに近いのもあると思う。
d0141173_14194029.jpg
やはり 私自身が進化が
止まっているのかも知れない。
1台で 家族に何も言われず
全てをこなすなら安心感は絶大だが・・
憧れの車も
やはり乗ってみなければ何もわからないし
相性とかもあるんだなぁ と思った。
しかし 164Q4に
仮に乗っていなかったとしたら?
たぶん 今回も156GTAに打ちのめされていたと思う。
また ワインディングででも貸してもらって 真の姿を見極めたいものである。

by lancista | 2008-01-20 14:55 | Car life & event  

<< 祝!「一反もめんハウス」全国誌... ガレージ探訪3(プジョー106... >>