ガレージ探訪(1300TI助手席インプレッション)

昨夜の新年会のあとは ヴェロヴェロさんちに泊めていただく。
2日酔いの遅い目覚めのあと カーテンを開けると 晴れ模様。
ガレージまで行って 昨年末 購入されたアルファロメオ1300TIに乗って
147に乗ったオーナーがやってる CAFFE VITA でブランチということになった。
d0141173_6204080.jpg

お住まいからは少し離れているが もと看板屋さんの倉庫を借り受けているらしい。
ジュリア系の大きさなら 3台は余裕で入る。
そう 何を隠そう ヴェロヴェロさんは 3台ものジュリアをお持ちなのだ!
しかも 5年前の2000GTV(赤)に始まり 昨年春には1750スパイダー・デュエット(白)!!
さらに 昨年暮れには 今日の出撃車である1300TI(緑)を手に入れられた!
d0141173_6205119.jpg

排気量もそれぞれ ボディ型式もそれぞれ で恐れいるのに
「トリコロール大作戦!!」と 色までイタリア国旗にちなんで赤&白&緑と揃えられた。
もう ほとんど病気である(笑)。私も人のこと言えないのだが・・
赤>白 と来た時点で いつかは緑と浮かんだそうだが 数年かけて いつかは・・
くらいに思っておられたらしい。
しかし 一足飛びに手に入れられたには 訳がある。それほど 程度が良いのだ。
しかもレストア済みとかでなく 大事にされてきた自然なヤレ具合ときている。
何でも 初代オーナーは伊藤忠商事のお偉いさんだったとか・・
どうりで オプションと思われるヘッドレスト付きシートや 斜め2点がけシートベルトとかが散見される。
d0141173_6213766.jpg

内装も オリジナルの濃すぎず薄すぎない茶色のビニール?レザーに
純正3本スポークのエボナイト?製ハンドルに放射状に拡がるメッキのホーンレバー
TIでない〇〇は2本スポークにホーンリングだとかで スポーティモデルの証。
メーターパネルも横長のバータイプのスピードメーターと その下に水温&油圧&ガソリン。 左端にチョコンと円形のタコメーター。このアンティークな感じのメーターパネルがそそられる。
VEGRIA製であるが JEAGER製もあるらしい・・
d0141173_623885.jpg

さあ 助手席に乗せてもらって走りはじめよう!
ドアの締まりが良いのにビックリする。
建て付けがクーペ系とは違うらしい。
スパイダーはスパイダーで
サイドシルが強化されていて また違うとか。
腰でなく たすき掛けの2点式シートベルトを締める。
ポジションは ベルリーナ系アップライトだが
他のスーパーより座面が低い。
ヘッドレスト付きとあって ここも特注か?
d0141173_6215781.jpg
ブロロロォンと 軽やかな排気音で走りはじめるが
タコメーターの上がり方も軽やか・・
途中 前方に遅い車が割り込んで来たが
普通2速まで落としたくなるとこを
トコトコと3速1500rpm程度で粘ってしまう。
シングルキャブゆえの扱いやすさかと。

足元も写真のとおり 非常に広い。
ダッシュボードからフロントガラスまで15cm位しかないのだ!
このへんはトレヴィと一緒で ベルリーナの本分をわきまえている。
どっかの国産車のように ダッシュ共通とはしていない。
ボディだって カロッツエリアを使い分けてるくらいだから当然かも。

横に乗っている限り 非常にルーミーで エンジン音もわずらわしくなく
ドライバーも急かされてないのが助手席でもわかる(笑)。
サスのストロークもたっぷりあり 155と細いタイヤと相まって 乗り心地も かなり良い!
本当に 足として使えるんでないかい・・
などと 話しているうち CAFFE VITAに到着。
続く・・

by lancista | 2008-01-16 08:06 | Car life & event  

<< ガレージ探訪2(1300TI試乗記) アルフィスタ達との新年会 >>