4輪トータル・アライメント調整を行いました!

久々の車ネタです(汗)

一昨日は トレヴィに今年初めから行ってきた 足回りリフレッシュ計画
ショック&ブッシュ&ボールジョイント交換の仕上げとして
4輪トータル・アライメント調整を 奢ってやりました。
d0141173_23225663.jpg

訪れたのは いつもタイヤ交換等でお世話になっている タイヤ館米子

お昼休憩に預けに行って 夕方帰り道に覗いてみますと・・



d0141173_23231427.jpg

何やら 見慣れない光景!

d0141173_23231973.jpg
d0141173_23232521.jpg

何でも 最新の3Dテスターでアライメント測定を行う機械だそうで
私が傍を通ると レーザー光線を遮ったのか 数値が計測不可に変わってました(汗)

d0141173_23233132.jpg

どれどれと モニターの数値を覗いてみるも 不勉強な私には 何が何だか。。。

d0141173_23233764.jpg

トレヴィを手に入れて間もなく あまりの直進安定性の無さに
安定側に振ってもらってセッティングしたのが 2007年11月のこと。

あいにく このブログを始めるより前の時期なので 何も記録が残っていませんが
調整前の数値が かなりトーインの入った安定志向なのが見て分かりますでしょうか。

実際は タイロッドのブッシュが破断しそうになっていたのが原因だったのですが
当時は そんな原因を知る由もなく 安心して高速道路を飛ばせるようにしてもらったのです。

d0141173_23234236.jpg

今回のセッティングは 推奨の基準値をベースとして
許容範囲の曲がりやすい側最大値と 基準値の真ん中あたりで とお願いしました。

しかし ピロアッパーを備えている訳でもないトレヴィは
もともと 純正の調整箇所が少ないため それぞれを 目一杯許容範囲で動かしてもらい
引き取りに行った際が 5度目のセッティングだったそうです。

4度目は あまりに振り過ぎたセッティングのためか 轍等に取られやすく危ないとのことで
もう一回 3度目のセッティングに近い値にまで戻されたそうです。

また これでも基準値に比べると 本来の乗用車としてのセッティングより外れてるので
運転に気を使って疲れるようであれば 1回だけ無料で調整し直しますよ!
とのありがたいお言葉も頂戴しました。

もう少し走り込んで 様子を見てから お願いするか考えるとしましょう(笑)

正式な数値は覚えてませんが 前回は
安定志向側最大値と基準値の真ん中あたりだったと思いますので
どのように変身してるか 楽しみでもありました。

d0141173_23234788.jpg

本来なら 帰路の家路を急ぐはずのところ 向かったのは 何故か山陰道(汗)
そして 安来ICで降りて 松江方面に向かう走り慣れた農免道路で
その変化を楽しみました!

結論を言えば タイヤ館の担当者が言う程 神経質になるようなシビアさはなく
ブッシュやボールジョイントを交換したリニアさが際立ち とっても良い感じ!

また ノーズの入り方も 以前はドヨーンと入るため エイヤッとハンドルを切って
少し遅れてフロントが切れ込んで リアが粘りながら追随するイメージだったのが
ハンドルを切れば フロントがスウッと入って リアも素直に追随するイメージへと変貌!

4輪トータル・アライメント料金19,500円掛かった
プラシーボ効果が無いとは言い切れませんが とっても満足のいくセッティングでした。

なので ついつい農免道路を途中で引き返すはずが 松江まで走り切ってしまい
帰りの山陰道で 高速直進安定性も試すという フルモニターを行って家路に付きました。

直進安定性も思った程悪くはなく ブッシュ交換によるフラフラ感が無くなった分
以前にも増して安心感が大きく ハンドルをしっかりと握ってる限り 大丈夫でした。

てなわけで 4輪トータル・アライメント調整 意外とお勧めですよ! 

by lancista | 2012-06-07 02:16 | LANCIA TREVI VOLUMEX  

<< 6° Giro del DAI... 大山夏山開き前夜祭たいまつ行列... >>