Piccolina & Cafe MONZA!(大阪車趣味編)

先日 大阪方面へ出張があったので 翌日 ついでに車趣味も堪能して参りました。 
d0141173_22103920.jpg

こちらは夜の画像ですが まず 昼間に訪れたのは・・



d0141173_22105957.jpg

イタリアのカーモデルと小物に拘ったお店 ピッコリーナ

d0141173_2211466.jpg

ここでもちゃっかり ユーロ・クラシックカー・ミーティング in 米子2012の告知を行い
初めて訪れたにも関わらず 店長さんの話が面白く 2時間も長居してしまいました(汗)

d0141173_2211938.jpg

店内には 珍しいモノが沢山ありましたが 中でもコチラの品は初めて見ました!
3Dレーザーホログラム技術を使って デルタ ・インテグラーレの勇姿を
クリスタルガラスに閉じ込めた グラス・オブジェだそうです。

次回は ぜひ愛車トレヴィで お店に乗り付けたいものですね。
長々と お相手ありがとうございました。


夜は 車好きが集まることで有名な 本町スターバックスで とある方と待ち合わせ!
d0141173_22112917.jpg

颯爽と フェラーリ456GTで登場してくれた 紺の豚さんことぶーちゃん!
夜のスタバ前での威光は 流石お馬さんならではですが
妖しくなり過ぎない シックな紺色がGOODだと思いました。

d0141173_22113479.jpg

銀色に光るシフトゲートや 美しいメーター類が並ぶ 室内へと招かれ
高速を優雅に流し 時に鞭を入れながら 到着した先は

d0141173_22113891.jpg

こちらも 車好きが集まるCafe MONZA(カフェ・モンツァ)

d0141173_22114328.jpg

シーザーサラダに

d0141173_22114929.jpg

本日のお勧めパスタ(菜の花のパスタ)に

d0141173_2212613.jpg

本日のお勧めパスタ(ホタルイカのパスタ)に

d0141173_2212114.jpg

ゴルゴンゾーラ・チーズのピッツァと とっても美味しく頂きました!

お腹も幸せになったところで ぶーちゃんとマスター・フォルギエリさんとの会話も弾みます。

そこへ お客さんで来ていた ニュー・ランチア・デルタのオーナーさんも巻き込んで
話は 色んな方面のマニアックなお話へと拡がり
さらには お店の前で それぞれの車を眺めながら 延々と話は尽きません(笑)

d0141173_22123311.jpg

今では貴重な 縦桟ランチアグリルに 黒のボディカラー!

d0141173_22124077.jpg

インテリアは シックなレザー&アルカンタラのコンビネーションシートが美しいです。

ニュー・デルタは やっぱり黒のボディ・カラーが最高ですよね!
と 私が数年前のベネチア映画祭のVIPカーとして使われた
黒のニュー・デルタの話をすると オーナーさんもウンウンと頷いておられました。

こちらが そのベネチア映画祭のレッド・カーペットに現れたニュー・デルタです。


d0141173_2212487.jpg

こんなチャンスはまたと無いぞ! とオーナーさんに頼み込んで
ご近所一周の 助手席体験をさせてもらいました!

LANCIA DELTA 1.6 TURBODIESEL 16V in Osaka

会話でも喋ってますが 最高出力 88KW(120ps)4000rpm は普通としても
最大トルク 300NM(31kgm/1500rpm) をアイドリング+アルファの回転域で発揮する
その出足の鋭さには ビックリしました!

トレヴィのスーパーチャージャーでも21kgm デルタHF4WDでも29kgmのトルクと言えば
そのトルクの太さは 想像できますでしょうか? 3LのNAエンジン並みのトルクだそうです。

また ディーゼルならではの燃費の良さも魅力で 17km/L前後とか。
ガソリンと軽油の価格差も勘案すると 20km/Lといった感覚ですね。

CO2排出量や 燃費を考えるなら
無味乾燥で面白くない 国産ハイブリッドやEVより
楽しくエキサイティングな 新世代欧州ディーゼルを選びたいものです。

現代の車らしく ディーゼルを意識させるような音や振動は皆無で ボディ剛性も高く
ランチアらしいエレガントな乗り心地に 大満足の助手席体験でした。 

貴重な助手席体験も終わり 戻っては またしばし車談義。
あっと言う間に楽しい時間は過ぎて 夜は更けてゆきます。

d0141173_22131268.jpg

d0141173_22132016.jpg

帰りも 456GTの素敵な室内の住人となり ホテルまで送って頂きました。 

FERRARI 456GT in Osaka

高速への合流ランプで 2速フル加速を体験させてもらいましたが
5,473ccV型12気筒、442馬力/6,200rpm、56kgm/4,500rpm
のエンジンから絞り出される加速は 半端では無かったです。

それでいて 4速1500回転からも加速するフレキシブルさは 大排気量ならでは。
さらに 12気筒の滑らかさ&きめ細やかさは 助手席でも感じられるほどで
8気筒ミッドシップ・フェラーリとは別の グランドツアラーの優雅さを堪能させて頂きました。

d0141173_22132880.jpg

そういった 車趣味を満足させた濃厚な1日も終わり
噂の「面白い恋人」を大阪土産に 家路につきました。

ぶーちゃん&フォルギエリさん 急なお誘いにも関わらず
深夜までお付き合い頂き ありがとうございました。
米子のイベントで 再びお会いできるのを楽しみにしております。

by lancista | 2012-03-06 02:44 | Car life & event  

<< 我が家ヒダマリハウス雑誌掲載の... おは御津&ミル・プラトーほか岡... >>