新旧ボード比較(Burton HERO v.s Johan 編 )!

前々回 今年の初滑りの際に 10年以上使ってきた 昔のボードのバインディングが切れ
これを機会に 新しいボード&バインディングをGETしました!

その 新旧ボード比較が この下の画像!
d0141173_21572551.jpg

1998年に購入した これまでの相棒 (1998-99) BURTON JOHAN 163cm!
海外のビッグ・ゲレンデでも負けない 恐ろしい程の高速カービングも可能な硬く長めの板に
パウダーの新雪やバック・カントリーも得意な 幅広の浮力もあるノーズ&テイル!

そして 今回購入した 1年落ちのモデル (2009-10) BURTON HERO 158cm!
ディスカウントされてた板の中から 長めで 新機能を盛り込んだモデルをチョイス!
パークやキッカーも可能な トリック系のボードらしいけど
10年以上も新しく 基本性能はかなり上がってるハズで リハビリがてらには丁度良いかも?

そして・・



d0141173_21573525.jpg

背面のボード裏面も これまでの渋めから派手目へ変わり BURTONの文字がデカデカと!

d0141173_21574012.jpg
d0141173_21574694.jpg

今までのJOHANは 当時でも重めの5.2kgだったのが
今回のHEROは 約1割ほど軽量になり4.8kg!
でも 最近の板の中では 重い方でしょうか。。。

d0141173_2158213.jpg
d0141173_2158876.jpg
d0141173_2158136.jpg

このあたりは 備忘録代わりですので 読み飛ばして下さい(笑)

d0141173_21582875.jpg

今までのBURTONのビンディングと言えば 昔のシトロエンのホイールを彷彿とさせる
3点止めのバインディングが特徴でした。
ものの位置は 3箇所止めれば動かないので 4箇所止めは1箇所分重量増になるとの理論。

d0141173_21583548.jpg

その理論を さらに推し進め 遂には2点止め!

しかも 穴の開いてる位置の数mm単位でのステップから
理想に近い位置をチョイスするしかなかったものが
レール状のスムースに連続する溝の上で 最適の位置で止められる構造へと進化!

d0141173_21585717.jpg

さらには 3度刻みでしか決めれ無かった 足の向きの角度も
1度単位というか自由な角度で決めれるシステムへと進化!

このスタンスと角度という2つの重要な要素を 小刻みなステップからフリーへと進化させた
その名もESTシステムは ここ近年のBURTONの新しい機能!

さらに ゲレンデでのスタンス変更や角度変更も ネジを緩めるだけで良いので
ネジを無くすリスクも減り また変更することが億劫でなくなるのも 良い傾向でしょうか。

詳しくは こちらの動画をご覧下さい ↓


d0141173_2159156.jpg

そして 先ほどの機能もさることながら 今までの常識を打ち破る 板の進化!

昔の板は 人の踵の土踏まずのように このように中央が浮き上がっていましたが
今回の板は さにあらず!  

d0141173_21592184.jpg

BURTON独自?の Vロッカー構造とかで 逆にセンターが尖っており地面に接地してます!

このセンターが独楽の先のように接地してるので ここを中心に回ることも可能で
何より ジャンプ後に回転不足で横に着地した際に 逆エッジを食らわず済むとか!
もちろん? 私は 回転系のジャンプはしませんが。。。

詳しくは こちらの動画をご覧下さい ↓


かように 10年の歳月は 道具を進化させてるのでした!
ですが 前回は吹雪と緩斜面で新雪だったため その進化を見極めるまでは至らず・・
そのうち 違いが分かったら インプレッションしたいと思います。

by lancista | 2011-01-23 23:57 | Snow Board  

<< イラストレーター大内誠さん&P... 大山スキー場リベンジは返り討ち!? >>