イデオートサービス訪問(GTAお迎え編)!

それは 8月後半のとある日 九州出張の折
前々から行ってみたかったお店を 訪ねることが出来ました。

そのお店とは イデオートサービス(I.D.E.AutoService)
d0141173_22445039.jpg

私と ドン☆イデリーノさんとの出会いは 昨年のジーロ・デル・大山
はるばる九州から アルファロメオ3台で参加して下さったのがキッカケでした。

その際に頂いたポスターも素敵な 阿蘇周辺の山なみを駆け抜けるイベント
Giro di CalderAso(ジーロ・ディ・カルデラッソ)」の主催もされています!

いつか 覗きに行ってみたいなぁ と思いながら なかなか実現出来ずにいますが
バイクや車で何度も走った阿蘇・九重周辺は 雄大な景色が織り成すワインディングで
日本でも屈指の伸びやかさを備えた 走っていて気持ちの良いところです。
トレヴィで まだ九州の地は踏んでないので いつか走りに行ってみたいですね。

仕事を終えて 約束の駅へ降り立つと そこには・・



d0141173_2245397.jpg

オーバーフェンダーも凛々しい アルファロメオ1300GTAジュニア!が鎮座し
待っていてくれました!

d0141173_2245172.jpg

この暑いのに クーラーなしでお迎えとは・・(笑)

とっても気合の入った素敵なサプライズに 挨拶もそこそこに
そそくさと助手席へ乗り込み いざ走り出せば そこはGTA!
軽量化を施したことを意味するイタリア語 “Alleggerita”のイニシャル“A”に相応しく
1300ccなのに グイグイと車速が上がって行きます!

800kg台と言われる車輌重量に ショートストロークのツインプラグユニットと来れば
その気持ち良さは スペックだけでも涎もの!

この日も タコメーターの針は軽々と7500回転まで回り
その吹け上がりの軽さと ドラマチックな排気音と言ったら もう鳥肌ものでした!
イベントなんかでは8000回転まで常用だそうで キッチリとメンテナンスされ
あえてノーマルで 手を入れずに素の良さを味わうことに徹した この個体は
とっても状態が良く 知る術もありませんが 発表された当時を偲ばせるものでした!
 
d0141173_22452455.jpg

初助手席体験となった1300GTAでしたが もともとジュリアに憧れて
べレット3台乗り継いだ私にとって とっても良い体験になったことは 言うまでもありません。
貴重なGTAで この猛暑の中迎えに来ていただいて 本当にありがとうございました。

d0141173_22454328.jpg
d0141173_22455076.jpg

当時の形を再現した プチオーバーフェンダーも魅力的!
ナローが好きな私でも これなら良いなと思わせる佇まいです。

d0141173_22461141.jpg

アルミのメッシュグリルと その下に開いたおちょぼ口がGTAの証!
ローアングルからだと その精悍さも3割増し!(画像クリックで拡大します)

d0141173_22461895.jpg

ヘレボーレのステアリングが とっても決まってます!

d0141173_22465275.jpg

お店の中には ルノー・ドーフィン・ゴルディーニが鎮座してました

d0141173_22465884.jpg
d0141173_2247482.jpg
d0141173_22471076.jpg
d0141173_2247175.jpg

あまりフランス車には詳しくありませんが 非常に凝った造りが あちこちに見受けられます。

d0141173_2247235.jpg

お店のカレンダーに 以前乗っていた デルタHF4WDのラリーバージョン発見!
懐かしい~っ!!

イデオートサービス訪問記 まだまだ続きますよ。乞うご期待!

by lancista | 2010-09-03 07:34 | Car life & event  

<< イデオートサービス訪問(アルフ... 月刊ビルを知ってますか?(村野... >>