岡山遠征(ジャッロ・ガラージュ訪問編)!

前回の日記から かなり間が開いてしまいました(汗)

と言うのも 裏番組のイベントブログが忙しかったり 
平日は 年度末とも重なって業務多忙で帰宅が遅く
週末ともなれば イベント広報がてら あちこちのお店を回ったりと
プライベートでパソコンの前に座る時間が なかなか取れなかったり・・
てなわけで ダブルエスプレッソ・ブログは しばらくの間 ぼちぼちペースとなりそうですので
訪問いただいている皆さん ご容赦下さいませ。。。

で しばし時間を巻き戻し 2月末の週末 おは御津会場を後にし 向かったのは
岡山市内の住宅街にある 「ジャッロガラージュ(giallo★garage)」さん!
d0141173_8155038.jpg

店長の水河さんと話し込んでしまい 残念ながらお店の写真は撮り損ねたのですが
ここんちの在庫で置いてある車達の濃いことと言ったら・・

まずは・・




知り合いのHF4WDオーナーが手放した デルタHF4WDに始まり

15年くらい前 DTM人気で盛り上がっていた アルファロメオ155なのに
正規代理店が輸入したのは TS16V SUPER と言うウッドパネルのモデル!
本国の旦那仕様をそのまま日本に入れたものだから 日本での人気はサッパリ・・
それが下取りで入って来た際に 60年代のアルファロメオのジュリアスーパーの「パトカー」に
施されていた「カーキグリーン」に全塗装してしまうなんて 洒落が効いています!
こんなの足にしたら カッコいいだろうなぁ。。。

他にも あえて艶消しを多く混ぜて ヤレた感じで全塗装した2CVとか
イタリア車はパリッと フランス車はシレッと を実践されて 売りに出されてるのでした!

それ以外にも 自らが言われるには 店長さんはメカ音痴なので
お客様と一緒で 路上で立ち往生したらどうしよう?とか
せっかく旧い車を買っても 汚れてみすぼらしくて いつも修理ばかりを繰り返していたら
最初は理解を示されてた彼女や奥様にも 車趣味に愛想を尽かされてしまうかも?とか
一緒に出掛けて 出先でトラブルがあると もう家族の理解を得るのは難しくなるので
綺麗に仕上げて 出来る限りネガを潰して 最初はメンテナンスフリーで乗ってもらえるよう
あるレベル以上のことをした結果 一般的な相場より高くなってしまうんだそう!

詳しくは お店のHP内 ちょっと古い USEDCAR に関するお話 を読んでみて下さい。
これまで何台も 自分で色々と手配してやって来た私には 納得できるお話ばかりでした!

私も 車屋さんから買うことは少ない(汗)のですが 自ら勉強して弱点を見つけ
パーツを手配して 持ち込みで整備をしてもらってた ここ20年くらいの中古車生活なだけに
このようなお店が近所にあれば 本当に心強く かえって安く済んだんだろうになぁ
などと しみじみ思うのでした。

今のトレヴィは 早め早めの整備を心がけていますが
いかんせん独身時代みたいに 納車前整備で全部ネガを潰すなんて出来ないので
乗りながら不具合を潰すといった 後手後手に回ってる感が否めません。
こんなとこでパリッと整備済みの車を買って 一緒に安心を買いたいなぁなどと思うのでした(笑)
d0141173_8161118.jpg

拘りは 車体のみならず アフターパーツ それも痒いところに手が届くものが目白押しです!

デルタ用 「DAYCO ランチア デルタ用タイミングベルト交換時同時交換セット」 なんてのもあり
ベルトのみならず 一緒に交換しておくべきテンショナーベアリングといった
交換サイクルが 専門店しか知らないようなものも 一揃えになっているので
普通の町の整備工場に 持ち込みで頼む際にも 必要十分なセットとなっており
地方在住者にとって 心強いパーツが揃い踏みです!
私も 以前ここで取り寄せて 整備工場に持ち込んでいましたね(笑)

そのようなお店の前で あーでもないこーでもない と話していると
私のトレヴィのリアドアが 開け閉めの際
ギーコギーコと 音を立てていたのが気になられたようで
いいものがあるよ! と思わず勧められた商品を買って さっそく音の出るところにスプレー!

CRCだとグリスを溶かしてしまうし グリスだと埃や汚れが付くしで 何か良い物がないか?と
数年前より思っていたところ ピッタリのものがありました!

その名も NC-101 Osmosil (オスモシルスプレー)
究極のコダワリと高性能を求めて研究開発したオイルで有名なNUTEC(ニューテック)
多目的浸透潤滑剤だそうです!

フッ素100%に近い フッ素化不活性液体を使用しているそうで
強力な浸透力、潤滑性能、極圧性、防水性を有した浸透潤滑剤で、
防錆効果、耐摩耗性、耐水性などを発揮し、ボルト、ナット等の緩め、サビ取や防錆を容易にし
極圧性、浸透性、潤滑性に優れるためチェーン、ビンなどの確実な作動を維持するそうです。
又、ダスト、水分、酸化劣化等による電装部分の導通不良を回復させ防水効果も発揮するという
優れもののようです!

事実 あれからドア下がり?による建て付け部分からの異音は 発生していません!

等々 拘り満載の車屋さん「ジャッロガラージュ(giallo★garage)」を後にし
その近所にある これまた濃い整備工場でも 深イイお話をお聞きし
次なるお店へと向かったのでした。つづく・・

by lancista | 2010-03-22 14:45 | Car life & event  

<< ピンクの象で乾杯! おは御津(懐かしのランチア・プ... >>