海辺のレストラン 「ボンヌママン ノブ」訪問!

3回に渡って 私の車遍歴~べレット編~へと脱線しましたが
もともとは 益田市にあるグラントワへと 「疾走する-アート-日本車」展を見に行ったのでした。

今回は 家族連れですので 私の趣味に付き合わせた後は 家族サービスです(笑)
d0141173_21583898.jpg

今回目指したのは 少し前に訪れておられた白猫#35さん 推薦のレストラン
海辺に立つ 南欧風の香りたっぷりな 「ボンヌママン ノブ(BONNE-MAMAN NOBU)」!!

ここは・・



d0141173_21584914.jpg

日本海を望む海岸端に立ち (と言っても正確には線路と国道を挟んだ小高い丘)
晴れていれば それはもう地中海を彷彿とさせる建物に 海岸風景が望めます!

しかし この日は生憎の悪天候で 窓から望む日本海は演歌の雰囲気たっぷりでした(笑)
晴れた日の様子は お店のHPか 白猫#35さんのブログでどうぞ。。。

d0141173_21585631.jpg
d0141173_2159234.jpg

店内からも 窓ガラス一面に海が見渡せ 晴れていれば さぞ気持ちが良いことでしょう。
窓の向こうは 大荒れの日本海でした(涙)
我々御一行様のために席が用意され・・  というのは嘘で これは夕食の予約席のようです。

私達は 子供連れのためか パーテーションで仕切られた 奥の部屋に案内されました。
それはそれで 貸切のようで 良かったです(笑)

d0141173_2159844.jpg

薪ストーブというのか 開放型なので暖炉なのか 暖かい炎に包まれ 全館快適でした!
やはり 手軽で安心な電気やガスの暖房器具も良いですが 手間暇かかるのも魅力ですね。
いつか リタイヤして 四六時中 家に居る生活にでもなったら考えましょうか。。。 

d0141173_21591460.jpg

こちらは パーテーションで仕切られた奥の部屋のカップル席?
CABチェアにも似た 革巻きの椅子が 何とも魅力的でありました。
私達が座ったのは この手前で 6人掛けでした。

d0141173_21592136.jpg

壁に設けられたニッチでは スパイスが立派なインテリアになっておりました。

このお店は 単品は無いので
①NOBUランチ   2.000円(前菜+スープ+お魚orお肉+デザート+ソフトドリンク)
②ランチコース   1.500円(前菜+お魚orお肉+デザート)
③おすすめコース 2.500円(前菜+お魚+お肉+デザート)

の中から ②ランチコース 1.500円で肉と魚を選択し 子供は2人で1人前をオーダー!
そこへ 今日のスープ 300円を子供も含めた人数分にしましたが これが大正解。
と言うのも 量が半端じゃなく たっぷりなのでした!まずは・・

d0141173_21592849.jpg

前菜のサーモンのサラダ らしいのですが サーモンがかなりしっかりと入っており
これで メインディッシュと言われても 遜色のないボリュームとお味でした。
子供はシェアして丁度くらい かなりのボリュームでしたね。

d0141173_21593525.jpg

続いては 本日のスープ ホウレンソウのスープ!
スープボウルの大きさが これまた大きく おいしくたっぷり頂きました。
子供も しっかりと1人分完食してました。

d0141173_21594279.jpg

続いては メインディッシュとなるお肉。
この日は チキンの香草焼き!だったような・・
これまた かなりのボリュームで 子供たちはシェアしても残しました。
菜の花の付け合わせも 美味しかったです。

d0141173_21594858.jpg

夫婦で肉と魚と別々にオーダーしたので 途中で交換。
お魚は タラのピリ辛トマトソース!だったと思います。
やっぱ ブログはその日にすぐ書かないとダメですね。メニュー名を忘れてしまいました・・(汗)
上品な味付けで しっかりと最後まで頂きました。

d0141173_21595461.jpg

そして デザートのケーキと アイスと コーヒー!
1500円のコースに ドリンクの表記が無かったのですが しっかりと付いてました。
ソフトドリンクは 食事と一緒に出てくる飲み物のようですね。

スープ300円を付けても 1500円のコースで十分!というか食べきるには これが限界!
本場フランスで修業されたシェフの思いが ひしひしと伝わって来ます!
リーズナブルなお値段で 贅沢な時間を過ごすことが出来ました。
本当にありがとうございました。次は ぜひ晴れた日に伺いたいものですね。

d0141173_220093.jpg

お腹を一杯に満たした後は 天気も悪いし ただ帰るだけ・・
眠くなりそうな 下道を走っていると 小さな峠の下りで 風車の回る風景に遭遇しました。
それにしても 冬の日本海は厳しそうですね・・

d0141173_220760.jpg

数枚撮っていたら 偶然にも 汽笛とともに電車が通過!
上手に撮れなかったのは シグマDP1の書き込み速度の遅さのせいにしておきましょう(笑)
事実 風景をRAWで撮っていたら 1枚書込15秒とかなので 間に合わなかったのです(涙)

では次回 眠たいまま200km下道は無理だと判断し 途中寄った温泉津温泉編へと続きます。
つづく・・

by lancista | 2010-02-21 12:55 | Travel & Gourmet  

<< 立ち寄り入浴 温泉津温泉! 私の車遍歴(3度目の正直?Be... >>