Lancia Lunch 2009(ランチア リブラ ワゴン編)

前回 フルヴィア・クーペHF1600の助手席体験を報告しましたが
この2009年のランチでは デルタ30周年 デドラ20周年 リブラ10周年を記念して
そのような車種は 特別にフューチャーしますよ!とのことでした。

お察しの通り デルタは 初期の1500や1600こそ不在でしたが
HFターボから最終コレッチまで 歴代のデルタが集まり S4も参加しバラエティに富んでました。

が デドラは不在 リブラもこのワゴン1台のみの参加と 寂しかったのですが
私が個人的に 地味イタが好きで プリズマを足に乗っていたこともあり
このリブラ(Lybra)・ワゴンが 気になったので クローズアップしてみましょう!
d0141173_1317027.jpg

この・・



d0141173_13171177.jpg

スラントした丸目と 伸びやかな曲線美がリブラの持ち味なんでしょうが
同じプラットフォームを共有する兄弟車 156ワゴンに比べて華がないのか
さっぱりと売れませんでした。あ セダンはもっと水を開けられてると思います。

d0141173_13172094.jpg

しかし このルーフレールからテールランプへの繋がる部分なんぞは かなりの凝り様で
それでいて さり気無く見せるあたり かなりのデザインセンスだと思いますが
日本におけるイタリア車のイメージは 分かり易さ&押し出しの強さ だったようで
ランチアの パッと見での理解し難さは なかなか販売までは結びつかないようです(涙)

d0141173_13172765.jpg

このドアノブなんかも 前を支点に後ろが開くのでなく 何故か上に持ち上げるという凝りよう。

d0141173_13173580.jpg

しかし 室内に目をやれば そこはランチアらしく シックで上質な世界が待っています。
アルカンタラの濃紺も上品で ビロードのような手触りも健在でした。

あの毛玉が出来易いのも健在だと困るのですが この個体では見当たりませんでした(笑)

d0141173_13174365.jpg
d0141173_13175163.jpg

インパネのウッドトリムは光り輝いていて 少しシックとは離れますが
全体としては いつものランチアの世界が拡がり 在るべきものがそこに在るという
運転する上での 全うさがランチアの良心だと思います!

この個体は 分かったオーナーにより5速ミッションでした!
スポーツATらしいものも出回ってますが 使い倒すなら MTが正解だと思います。 

d0141173_13175876.jpg

リアシートも たっぷりなクッションと座面で 手抜きはありません。
156ワゴンより 頭上に余裕があるのも嬉しいですね。

d0141173_1318577.jpg

後席から見た室内も 普通と言えば普通ですが 長距離を走ればそこはランチアたる
しっかりとダンピングが効いて 深いストロークの足回りと
たっぷりのウレタンが奢られたシートが 乗員を快適に導くことでしょう!

そのことは 20数年前のトレヴィで遠征を繰り返してる私達が 今年も感じ入った所です!
モダン・リビングなどと 表層だけを真似した どこぞの国産車とは 年季が違います。

d0141173_20355273.jpg

そして 少し散らかってましたが(笑) たっぷりの荷物を飲み込めるラゲッジルーム!
高さも十分で 開口部も大きく その気になればリアシートを畳めば ほぼ無敵でしょう。

こんなので 自転車やスノーボードを積んで 家族で遠出とかしてみたいもんですね(笑)
あ キャンプでも良いです。

d0141173_13194241.jpg

などと ラゲッジの大きさだけ夢が拡がる とっても穴場な(笑)リブラ・ワゴン!
オーナーの愛にあふれた ランチアランチ2009の記事も ぜひご一読下さい。

こういった (トレヴィほど気を使わずに:笑)少し旧めの味のある現代車を足に出来たら
ライフスタイルを 素敵に彩ってくれるのに と思いは尽きぬのでした。。。

では次回 最近のランチアの意欲作 ニュー・デルタ編をお届けします。つづく・・

by lancista | 2010-01-17 13:18 | Car life & event  

<< Lancia Lunch 20... Lancia Lunch 20... >>