明石焼&お好み焼 幸楽(SW1日目 兵庫県大久保編)

日本中が初体験となったシルバーウィークですが 個人的には大変充実しておりました。
最初の3日間は家族旅行 4日目はツーリングの予定が中止となり休養がてらトレヴィ引取り
5日目は 息子のサイクリングデビューとなる「淀江町サイクリング」に父子で参加!

そんなシルバーウィークでしたが 家族旅行の行き先は 穴場でも何でもなく
定番中の定番を 日替わりで行脚したものですので 割愛させていただき
その地で食したグルメ日記として お伝えしたいと思います。

で SW初日は 姫路セントラルパークでサファリと遊園地三昧!
明石の大久保在住のおじさん夫婦に 毎年無料入場券を譲っていただき 昨年から通ってます。
で 夜はそのお宅に宿泊させてもらうので 美味いもん食べに行こう!
と連れて行ってもらったのが こちら「幸楽」!
d0141173_20274174.jpg

実は 昨年も連れて行ってもらってましたが ランチアランチの前週で日記掲載できず仕舞い。
今年 マイブログでは初掲載となりました。

ここは・・



d0141173_202811.jpg

明石焼き(関西では たまご焼き)が有名ですが おばちゃんも有名のようです。

d0141173_2028862.jpg

カウンターとテーブル2つという狭い店内ですが 一人で切り盛りされてるため
客がビールや皿を出したり ボトルキープの焼酎を出したりは 日常の風景のようで・・

d0141173_20283433.jpg

ですが ビックリするのは その価格!
観光地価格でない 地元民に愛されてナンボの価格設定に ホッと一安心ですが
出てきたら そのボリュームに またビックリすること請け合いです。

d0141173_20284131.jpg

まずは 突き出し代わりに頼む いつもの「明石焼き」!
これだけ20個並んで 何と500円!!
いくら 明石や神戸から外れた大久保とは言え これは安すぎです。

d0141173_20284859.jpg

そして ソースでなく ダシ汁に付けて食べるのですが これがまた絶品なのです。

d0141173_20285513.jpg

タコも 惜しげもなくこんな大きいのが しっかりと入ってます!

d0141173_2029220.jpg

そして 定番の「お好み焼き」は ミックス(600円)を注文!
大きさを比較するものがなくて残念ですが 他店では大盛りと言われても不思議でない
その大きさは嬉しく また味も関西風お好み焼きの定番にふさわしいものでした。

d0141173_2029895.jpg

そして 神戸の長田が発祥の地と言われる「そばめし」(500円?)も
しっかりと火が入って 香ばしいソースの香りに包まれ 時々オコゲがアクセントとなり
おいしく頂きました。

山陰では そばめし文化は無いので 冷凍食品でしか食べたこと無かったのですが
本場で食べたそばめしは やっぱり美味かったです!

d0141173_20291625.jpg

そして もうひとつ頼んだ「お好み焼き」は すじ玉(500円)!
すじ肉にこんにゃくが 具として入ってるのですが これがまた絶品!!
普通のお好み焼きより おじさん&おばさんもお勧めだと言ってた位 食感と味が違います。
ぜひ お試しあれ・・

d0141173_20292256.jpg

ちょっと足りないかな とのことで子供も素直に食べれるかな?と
オムライス(500円)も注文してみました。
美味しかったのですが 正直インパクトには欠けてました。
これよりは オムそば(ライスの代わりに焼きそばが入ってるヤツ)の方がお勧めかも?

これだけ食べて おじさんと私でビール2本空けて キープの焼酎飲んで
大人4人子供2人で 5000円かからなかったと思います。
安くて美味い 大久保駅前 「幸楽」お勧めですよ!

d0141173_20292917.jpg

お腹を一杯にしたあとは 明石海峡大橋を見に大森海岸までドライブに連れて行ってもらいました。
夜のライトアップが とっても素敵でした!(画像クリックで拡大します)

このSWは 淡路島&四国方面を企ててましたが 宿が取れず諦めたので
またいつか ゆっくりと行きたいですね。

それにしても 明石焼きをはじめとする数々の美味いモンを食べさせる幸楽 また訪れたいです。

幸楽(こうらく)
住所 兵庫県明石市大久保町福田136-2
TEL 078-936-6722

by lancista | 2009-09-23 20:29 | Travel & Gourmet  

<< 昔ながらの洋食屋 グリル金プラ... 新型プリウスと燃費(シルバーウ... >>