新型プリウスと燃費(シルバーウィーク編)

秋の大型連休 通称シルバーウィークは 敬老の日と掛けてあったのかと思ったら
春のゴールデンウィークに準ずる形での シルバーだったようで・・
なら この際 金銀銅と揃いぶみで 11月くらいに
カッパー(銅)ウィークなんかも作ってくれないかな?

などと 冗談はそれぐらいにして
SW前半の3日を使って 家族旅行をして参りました!
d0141173_2358868.jpg

ドライブの足は もちろん最新型プリウス!
旅行の内容は また別途お伝えするとして プリウスに重点を置いた視点で振り返ってみましょう。

まず・・



d0141173_23581818.jpg

2泊3日 大人夫婦2人 子供2人 総勢4人の典型的なファミリーでの家族旅行。
私もCGと同じく(笑) ミニバンだけは買うまい乗らない! と思ってるクチなので
5ドアハッチバックの 近未来セダン型であるプリウスの 積載能力は気になってました。

で 2泊分を1泊ずつ別のバッグに詰めた 大型バッグ2個と
小型のカメラバッグ1個に タオルや小物を入れたトートバッグ2個
冷えた飲み物や 海産物でも買ったら入れておける 40Lの大型クーラーボックス!
帽子に上着に サンダルやドライビングシューズまで入れても 収納率70%程度でした。

2代目プリウスから採用になった 5ドアハッチバック形式は便利で
初代プリウスの独立したトランクと リアの隔壁に陣取る大型バッテリーを知る私には
隔世の感があります。
これなら 何か特別なスポーツ道具でも積まない限り(自転車とかボードとか)
4人乗車での旅行は 楽勝だと思います。

どうしてそこまで 重心高による走りの不安定さや
折りたたんだり回転といったギミックに偏り シートの質が劣る ミニバンに頼るのか
未だに理解できないでいます。
そのうち もう少し子供も大きくなって
荷物や遊び道具満載になったら 必要だと思うかも知れませんが・・

d0141173_23583474.jpg
d0141173_23584074.jpg

で 肝心の走りですが 今回の旅行は 8割高速で下道2割といったとこでしたが
高速でも100km前後を中心とした走りで ECOモードにし
夕方 涼しくなってからは エアコンを切り外気導入にし 丁寧にアクセルを踏んだ結果
燃費22.4km/L! を記録しました。
まだ 給油した訳ではないので 正確なところは分かりかねますが 概ねそんなもんでしょう。

初期型プリウスでは がなり始めた110km前後の速度では
本当に アクセルに軽く足を載せてる感じで まだまだ余裕でした。
ここ一番では それからもまあまあの速度で加速して行くので 追い越しも安心でしたね。
初期型は 最高速度130kmくらいで そこまでの助走に1~2kmを必要としてましたので
ここでも 隔世の感があります。

また 下り坂で燃費向上のために アクセルオフにしてみましたが 速度が落ちません!
ATの最終ギア比が非常に高い(たぶん100kmで1800回転くらいと予想)と思われるのと
フリクションロスが 本当に少ない 上質な各部の精度の積み上げの成果だと思われます。
戻って来て 自分のトレヴィや代車のアルファ145に乗って そう感じました。

あと 意外にサスペンションが良い!
これで 25万円アップのスポーツパッケージにしとけば・・
との思いも過ぎりますが リアでたまに激しい突き上げや硬さを感じる部分がありますが
それも 今回出発時1500km 帰宅時2300kmという新車ならではの硬さかもしれません。
昔のトヨタと言うよりは 少し欧州車に近づいた 路面状況を伝えるようになったフロント周り
だと思います。

また 給油したら 正確な燃費をお伝えしたいと思います。

d0141173_1813075.jpg
d0141173_1814081.jpg

追記 : 本日先ほど 給油して参りました!

少し距離が伸びて 走行距離801kmに対し 37.54Lガソリンを消費しました。
なので 約21.3km/Lとなります!

高速で100km/h強と 燃費走行の80~90km/hでなく
下道は観光地渋滞もあっての値なので ほぼストレスなく普通の乗り方で
この数値は立派だと思います。
さらに 欧州車の悩みの種ハイオクガソリンでなくとも良く レギュラーなのです!

ガソリン価格が 対給与所得換算で L/2000円くらいとなる中国では
既に二輪では 自転車やバイクに変わって 電動スクーターが主力になってるとも聞きます。
日本でも19.8万円で輸入してるみたいですが
そこには ドライビングプレジャーや 乗り味も へったくれも無いのではないかと思います。

シロモノ家電化した車が さらに電気自動車で 経済(財布?)効率優先になってしまうと
この新型プリウスでさえ 旧来の車価値側に属すと思います。
ここまで従来型乗り味を昇華しながら 経済面=環境面を両立させたプリウスが
コピー製品許認文化圏の 新興電気自動車勢に 飲み込まれる前に
大きくリードを拡げて欲しいと 自動車文化が残ってる日本の片隅で 祈るばかりです。

by lancista | 2009-09-22 23:58 | Car life & event  

<< 明石焼&お好み焼 幸楽(SW1... サンマを食う会(グルメ編) >>