新型プリウス納車!

3連休の初日は 昼はテニス 夜は午前3時まで(汗)同窓会と 久々にハードスケジュールで
3連休2日目となった昨日は かねてより予約しておいた 新型プリウスが納車されました!

予約したのは 色に迷って1週間延びたため 4月の第2週のことで
当初8月納車と言われていたのが 増産体制が整ったのか 7月に前倒しとなりました。
ちなみに 今予約すると半年待ちの2月納車だとか・・ 売れてますね!

暦では先勝なので 午前中のうちに取りに行こうと
2日酔いの眠たい身体を引きずりながら向かったのは トヨタのディーラー!
今は退職された妻のお父様が お勤めだったこともあり 大変良くしていただいてます。
d0141173_14204592.jpg

そこで待っていたのは・・



d0141173_14205756.jpg

妻が初めてチャレンジした 赤い車!

妻の車遍歴は 就職と同時に買った 黒のセルボ・モードに始まり 紺のトヨタ・カリーナ
そして 先日まで乗っていた薄緑色の初代プリウス と赤い車には憧れていたそうですが
まだ乗ったことが無かったので 年取って年甲斐も無くなどと言われぬうちに 乗っておこう!
となったのです(笑)

原色の赤でなく 多少ルビーがかった落ち着いたパールメタリックなのも幸いでした。
先代プリウスから加わったこの色は 先代プリウスマイナーチェンジ前は
もっと暗いワインレッドに近い色だったそうで 年齢的にも絶妙の色合いだったので
実車を見て オーナーである妻は さらに満足そうだったのが印象的でした!

d0141173_14211349.jpg

私が個人的に気に入っているのが 斜め後ろからのこのデザイン!
女性的だった初代 中性的だった先代 と比べても新型は男性的になりました。
とは言っても まだまだ草食系ではありますが シャープさが増しており
かと言って 最近の取って付けた爬虫類的要素が少ないのも 個人的にはグッドです!

d0141173_14212171.jpg

かなりリアウィンドウが寝たので リアボリュームが増しており 15インチのタイヤだと貧相ですね。
今回購入したのは Sグレード220万円の素モデルなので15インチが標準です。

オプションのツーリングパッケージだと 引き締まった足に17インチホイール&ミシュランタイヤ
さらには HIDヘッドライトまで付いて25万円高いだけと かなりお得なのです!

が 我が家的には 引き締まった足は良いけど 17インチでタイヤ交換費用は倍になるのに
エコは無いだろ!とか 妻の足車まで走り系にすると ゆったり癒し系が無くなってしまうとか
それ以上に 妻が日常使うのに硬すぎないか? とか
そもそも 前のプリウスを車検受けるか悩んでいたのに これ以上は贅沢だ!
となり Sグレードとなった訳です。

d0141173_14213063.jpg

真正面からのデザインも かなり練り込んで作られた感じがヒシヒシと伝わって来ますね!

これで 日本車特有のナンバープレートを 欧州サイズに統一するとかすれば
もっとマトモになるんでしょうけど そういった意識改革は
政権転覆しても起こらないものなのでしょうか?見てみたい気はしますが・・

あと 国産メーカーで嫌いなのは 取って付けたようなヘッドライトとか 兄弟車種のために
グリルやライト周りで差別化を図ろうと 後付感がありありなところです。
まぁ 派生モデルが無いシンプルな車種構成のメーカーでも 最近のデザインは ん?
となる車種が多い中 プリウスはかなり良いところを狙って作ってある気がしますね。

国産車は 車種を半分か1/3に絞って 本当に狙って練ったものだけを出さないと
このサイズで この金額なら売れる!と言った前時代的価値観は
既に崩壊してることに 早く気付いて欲しいものです。
あ でもデザイナーも それを通す重役も 美意識それ自体が育ってないかも? 

d0141173_14214764.jpg
d0141173_14215575.jpg

そして 蛍光灯の映り込みが何か変だぞ!と気付いた ルーフの凹み!!
何でも 空気を整流するために W字の浅いような形になっているそうです。
アバルトのWバブルは ヘッドクリアランスを確保するためでしたが これは逆ですね。
ルーフに流れた空気を しっかりとリアまで導くために サイドが立っており中央が凹んでます。

d0141173_14222768.jpg

そして 195/65-15の BS車製ころがり抵抗低減タイヤ!
少し走った感じでは 初代プリウスが履いていたような 省燃費タイヤにありがちな
頼りない感じもなく まぁまぁな感触でした。

これが 38km/Lの最高燃費を狙ったLグレードだと 185/65-15となり
Lグレード以外に用意される ツーリング・セレクションでは 215/45-17となる!
君は デルタ・エボですか?と問いたい私の気持ちは 90年代で止まっているのか?
現代では これが標準となってしまったのか?

それとも 総排気量を1500ccクラスから 1800ccクラスとなる1.797ccへと変更し
最高出力<ネット> kW(PS)/r.p.m. 73(99)/5,200
最大トルク<ネット> N・m(kgf・m)/r.p.m. 142(14.5)/4,000 を備えるに至ったエンジンと

最高出力 kW(PS) 60(82)
最大トルク N・m(kgf・m) 207(21.1) を導き出すように成長したモーター加給により

システム出力100kW[136PS]を実現。2.4L車並の加速フィーリング!と広告にあることから
そこまでのタイヤサイズが必要なのか???

どちらにしても もう買ってしまったので 15インチで行くしか無いですけどね。。。

d0141173_14223617.jpg
d0141173_14224344.jpg

ハイブリッドのエンブレムも輝かしく
そして 低排出ガス&低燃費基準も最高で達成したことも誇らしげなステッカー!
しかし この手のステッカーのセンスもどうにかならないものでしょうか?
お役人さん 頑張りましょう!

d0141173_14231265.jpg

新車であることを示すオドメーターも 僅か4km!
メーター表示も数通り切り替えられますが これはモーターとエンジンの動力状態を示す表示!
 
d0141173_14232030.jpg

そして ここからがトヨタディーラーの真骨頂であります
ここのディーラーでは 皆に進呈してると言う 花束贈呈!

d0141173_14232865.jpg

そして 雨だったので 整備ピット入り口でしたが 社員全員による送り出し!

私は 新車どころか中古でさえ ちゃんと買わずに個人売買だったり
中古でもお店を通さず 店長やセールス直々にだったので 初体験でしたが
妻でさえ 父が家に乗って帰って来てたそうで 初めての納車セレモニーにビックリしてました!

このようなサービスが 新車購入オーナーの琴線に触れるとは思いますが
国産車は もっと走りの質やデザインで頑張らないと シロモノ家電化した車では
すぐ中国や韓国に抜かれてしまうと思いますよ。奮起を期待してます。
でも 正直 悪い気はしませんでしたけどね。。。

d0141173_14233833.jpg

慣れないPスイッチやらシフトやらを駆使して オーナーである妻の運転で向かったのは
大山山麓のあのお店!続きはまた次回・・

by lancista | 2009-07-20 14:23 | Car life & event  

<< 購入インプレッション(新型プリ... 懐かしいと言えば・・ >>